浦東 召稼楼古镇

※ 2017年12月26日に一度アップしたのだが、手違いにより削除してしまったので新規で書き起こし再掲。 2016年5月 浦東にある水郷の街・召稼楼古镇を訪れた時の様子。浦東の水郷ということで、先日、浦東 新場古鎮をご紹介したが、浦東には他にもあるということで教えて頂いた場所。最寄りの駅は地下鉄8号線のターミナル駅「沈杜公路」駅。そこから、3kmくらい距離があるので、タクシーかバスで移動が望ましい。 召稼楼古镇の場所。住所を見ると、閔行区とある。黄浦江が逆L字に曲がる地点より東は浦東だとばかり思っていたが、どうやらそれは誤りだったようである。 ちなみに、閔行区。北は虹橋空港の半分まで含まれるので、ずいぶん縦長である。ちなみに面積371km2、人口243万人。 浦東新区。面積1210km2、人口504万人。ちなみに東京23区全体では、面積619km2、人口947万人。 ということなので、タイトルの浦東・召稼楼古镇というのは正しくないのだが、地理的には浦東(黄浦江の東)とも言えるので、そのままとする。 周辺の拡大地図。 さて、前置きが長くなったが、召稼楼古镇に到着。入り口には「召稼楼」と書かれた牌楼がお出迎え。 東側の入り口より中に入る。 連休中なので賑わっている。この辺りには土産物屋、雑貨店などが軒を連ねる。 奥まった通りに入る。TVでも紹介された「江阿姨油墩子」。野菜などを小麦粉で和えて油で揚げた軽食をテイクアウト…

続きを読む

広州

2016年8月 広州に旅行した時の様子。香港に用事があり出向いたのだが、折角なら広州に寄ってから帰ろうということで立ち寄った次第。香港から列車で深圳に移動し、広州駅まで高速鉄道を利用。広州は以前、何度か訪れてはいたが、観光らしい観光をしていなかった。今回、あまり目的地を決めずに市内をブラつくことにした。 広州市の位置。 広州市内の地図。 深圳から高速鉄道に乗り、広州火车站に到着。宿はこの近くにとった。 宿の近くにある革製品を専門に扱う卸・小売店が多く集まる一画。 駅近くの踏切から。上海ではほとんど踏切は見かけないので、少し感動。高速鉄道(中国版新幹線)が通過中。 通り過ぎて行く。 地下鉄「広州火车站」駅。 地下鉄2号線「海珠广场」駅で下車。地上に出ると兵士のオブジェ。 一徳路と起議路の交差点から一徳路の様子。進路は起義路を北に向かう。 「高第街」と書かれた牌坊を見つける。小さな商店が並んでいるように見える。 その反対側はアーケードのある通り。ここは靴専門のようだ。 あまり人はいない。 元の場所に戻るり、先程見かけた高第街を歩く。 日用雑貨、衣料品のお店がずっと連なる。この通りは結構長い、地図を見ると600mくらいはある。 平時の夕方5時過ぎ、ほとんど人がいない。 高第街を進むと北京路にでる。そこを左(北向き)に歩き、文明路をさらに右(東向き)に曲がる。ここは北京路に並行する北京路文化…

続きを読む

静安寺

地下鉄2号線の駅名でもある静安寺を取り上げる。 静安寺は、境内にある「赤烏碑」の記録によると、247年呉の孫権の命により建立されたと言い伝えられる、歴史ある寺院。元はの名前を滬瀆重元寺といい、呉淞江の北岸にあった。 のちに取り上げる龍華寺もそうだが、呉の孫権の時代に建立されている。 まずは、Google Mapで位置を確認。 次に2002年12月のGoogle Earthを見てみる。静安寺東側周辺にはまだまだ広大なスペースがあることが分かる。 後に静安香格里拉大酒店(シャングリラ)が建設される上海展覧中心の西側エリアや久光百货の対面。蛇足だが、当時展覧会などのイベントはほとんどこの上海展覧中心で行われていた。 「地図データ: Google、DigitalGlobe」 次に2016年7月を見てみる。ご覧の通りの様子である。 静安寺は金ピカに輝き、周辺は高層ビルが建ち並ぶ様子が見て取れる。 「地図データ: Google、DigitalGlobe」 撮影は2003年5月。 静安寺も増築中。この頃はまだこじんまりしていた。 後ろは建設中の久光百货。 向きを変えて。 東に移動して。 更に東側に移動、歩道橋?から。久光の大きさが良く分かる。 2016年の最終日。来る年は、心静かに、そして安まるように「静安寺」で締めさせて頂きました。 それでは、良いお年を。 つづく

続きを読む

卢浦大桥を車で走行する 動画

2016年12月 卢浦大桥を車で走行したので、ご興味あればご鑑賞ください。 耀华路より進入し、大きく右に旋回して橋を渡り浦西へ抜けるルート。 14年前の工事中の様子をご覧になった上で、動画を見ると一層興味深いです。 上海クルップステンレス社健在です。 つづく

続きを読む

七浦路 服装批发市场 2

先日、14年前の様子を取り上げたが、昨日、近くに用事があったのでカメラ片手に出掛けてきた。 噂には聞いていたが、余りにも大きく変貌していたので驚きである。 まずはGoogle Earthでの比較。 2002年7月 前回取り上げた画像。 「地図データ: Google、DigitalGlobe」 2016年12月 七浦路周辺に密集していた赤茶色の屋根(民家)は全くもって姿かたちが無くなり、大型店舗、高層ビル、マンション、もしくは更地に変貌してしまった。これが14年を経た再開発の姿である。 周辺環境が改善され、旧くて不便なものが、現代的な利便性に取って代わることは良いことなのかもしれないが、何故か朽ちていくさまには郷愁を感じてしまう。この地に生活してきた人々の喜怒哀楽が強制的に奪われ、一つの時間というか、そこに存在していた証しが消えてなくなるような哀愁を感じてしまう。 実は移転していく人たちは代替場所が与えられHappyなのかもしれないが、余所者であるおいらはできる限り記録として残していきたい。 「地図データ: Google、DigitalGlobe」 それでは、新旧比較。まずは、上海興旺国際服飾城。手前は河南北路。 20002年8月 2016年12月 垂れ幕が小洒落ている。後方には何やら高層ビルが。 20002年8月 これぞ七浦路。 2016年12月 道幅が格段に広くなり、大型店舗がつづくおしゃれな通りに変貌。なんだか南京東路みたいだ。…

続きを読む

南浦大桥を渡る 動画

南浦大桥を車で通過したドライブレコーダー動画をアップしたのでご興味有ればご鑑賞くだされ。 浦東・杨高南路から内环高架路を通って南浦大桥を渡るルートです。 撮影日は2016年12月14日。 つづく

続きを読む

13年ぶりに上海駅(上海火车站)北口を歩く Part 2

先日の11月30日と12月5日に上海駅北口を訪れたのでその時の様子。12月5日分は後付けで追記している。 13年ぶりに上海駅(上海火车站)北口を歩くの続き。 【2016年12月6日 追記】 【2017年12月10日 大幅追記】 上海駅周辺の地図。 2016年11月30日 南口方向から地下道を抜け、北口側地上に出た所の地下鉄上海駅の案内看板。この看板は13年前と変わらない。 北口地下鉄出口周辺は空きスペースになっている。この先に隣接する上海(火车)站が見える。13年前に比べ、広くなったのはいいが、無駄に広くないかい?。13年前、ここは交通路になっていて、オープンキッチンな香ばしい民家が密集していた場所であるが、全て撤されてしまった。いずれ何かの施設ができるとは思うのだが…。 上海(火车)站の様子。右に「上海新視界中興眼科医院」のビルが見える。 北に視点を移すと、路線バスターミナルになっており、その後ろに右から「上海鉄路公寓」、「新理想大廈」、「中祥戴斯大酒店」、左は先程見た「上海新視界中興眼科医院」。 さらに東に向きを移すと、路線バスターミナルが続き、その背後には「太陽山広場」や高層マンション「中海·万錦城」が建つ。この辺りは、太陽山路、長興路、永興路が走る、民家が密集していたエリア。 さらに東に向くと、右手に「中海·万錦城二期」も見えてくる。この辺りは太陽山路と交通路に挟まれたやはり民家が密集していたエリアである。 大統路と太…

続きを読む