陆家嘴 遠景

今年も明日1日限り。こちらは旧正月(春節)が新年の始まりなので、今日はクリスマス後の土日を含んだちょっと休みが長い3連休という感じ。それでも、新暦の新年を祝うイベントも年々盛大になって来ており、2014年末の外灘での群衆事故(将棋倒し)は記憶に新しい。遡れば1992年末の香港・蘭桂坊での同様の事故。この時は日本人も犠牲になっていたので、そのことを伝えるニュースを鮮明に覚えている。 さて、そういう訳で、新年とはなんの関係もないのだが、2012年から2015年までの陆家嘴の高層ビルの様子を紹介したい。写真の主役である「上海中心大廈(上海タワー)」は2008年11月に工事が始まり、2016年3月完工したのだが、その時々の見せる顔をご覧いただきたい。 2012年10月 浦西・延安高路から見た超高層ビル群。左に「金茂大厦」、その横の栓抜き・「上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)」、右は建設中の「上海中心大廈(上海タワー)」。 2013年1月 浦東・商城路の仁恒浜江園前から見上げる。 工事エリアまで近づき、「上海中心大廈(上海タワー)」を見上げる。「お〜い、ねじれてるぞ〜」。 浦東南路から望む。「上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)」の右隣は「上海二十一世纪中心大厦」。 浦城路から撮影。「とうもろこし、頂きました」ではない。念のため。 2013年3月 夕暮れ時、世紀大道から眺める。 201…

続きを読む

第一八佰伴周辺 14

2007年8月 商城路、第一八佰伴周辺を散策したときの様子。 第一八佰伴周辺の地図。 2008年4月のGoogle Earth 商城路と浦東南路の交差点より、商城路の東方向を望む。地下鉄工事のため重機が作業をしている。右側は手前より「新梅聯合広場(ツインタワー」)、「内外联大厦」、「良友大廈」など。左側は後に「浦東金融広場」が建設されるが、まだ民家が残っている。写真を見て気づいたのだが、「新梅聯合広場」の左隣り、「内外联大厦」との間にマリオットホテルのような看板が見える。Google Mapで見てもここには出てこないので、当時はあったが、撤退したのか?調べるとマリオットホテルは上海だけでも15軒くらいある。コードヤードは知っていたが、ルネッサンス、ザ・ポートマン・リッツ・カールトンもマリオット系列だったというのを初めて知った。 そのまま北に少し角度を変える。左側には古そうな民家、低層階のアパートなどが見える。冒頭の2008年4月の航空写真でもアパート、民家が残っている様子が見て取れる。その遥か後ろに浦東大道沿いに建つ「上海海神诺富特大酒店(ノボテルホテル)」が見える。 それから9年後、2016年9月の「浦東金融広場」の建設の様子。ほぼ出来上がってきている。 右に「新梅聯合広場」。 左から「世界広場」。 さて、再び2007年。「第一八佰伴(ヤオハン)」前に移動する。浦東南路に架かる歩道橋から北側を望む。右が「新梅聯合広場…

続きを読む

世紀大道、第一八佰伴,陸家嘴 4

2012年5月の散策の様子。 地下鉄「世紀大道」駅周辺 Google Earth 2011年11月 2017年5月 地下鉄に乗り、「世紀大道」駅で降りる。地下構内の様子。 12号線出口より地上に出る。世紀大道より南向き・世紀公園側を眺める。 東に向きをずらす。世紀大道越しに重機が見える。このエリアには後に「浦東世紀大都会」が建設される。 張楊路との交差点側に視線を向ける。左には梅園高層小区のマンションが見える。 地下鉄「世紀大道」駅12号出口の様子を世紀大道から南東の方角、世紀公園を見る向きで眺める。右手塀で囲まれたエリアには後に「世紀匯広場」が建設される。右に高層マンション「爵士大廈」が見える。 南に少し向きを変えると重機が見える。この「世紀匯広場」と先程見た「浦東世紀大都会」、ほぼ同時期に建設が始まったが、2009年見たときとあまり変わらない、工事が進んでいない感じがする。 ちなみに、どちらも名に「世紀」と付くので、同じデベロッパーかと思いきや、「浦東世紀大都会」は上海百联集团と上海陆家嘴集团のJV。上海百联集团は国有企業で、あの第一八佰伴(ヤオハン)、东方商厦、第一百货商店、永安百货などの百货店を傘下に持つ。また联华超市、华联超市などのスーパーマーケットも系列である。中国企業500強の25位。 片や,「世紀匯広場」は香港最大の企業集団である李嘉誠さん率いる長江実業集団によるもの。李嘉誠さんは2014年のフォーブス…

続きを読む

浦明路から 陆家嘴、第一八佰伴前

2005年7月、黄浦江沿いの浦明路周辺や陆家嘴、第一八佰伴(ヤオハン)を見学しに行ったときの様子。陆家嘴の南側リバーサイドエリアは上海でも屈指の超高級エリアで、1平方メートル(m2)=300万円は下らないだろう。100m2なら3億円、いや、もっとするかもしれない。しかも、このクラスのマンションは200m2以上、300m2越えも普通なので、値段は推して知るべし。どうです、買えますか、この値段。庶民とは程遠い超高級住宅エリアである。 第一八佰伴から浦明路まで歩く。まずは浦明路と启新路の交差点辺りから南向きで撮影。左は「江臨天下」、右は建設中の「财富海景花园」。その奥に張楊路に建つ湯臣商務中心大廈(トムソンサービスアパートメント)、さらに奥が「世茂滨江花园」。 「江臨天下」の様子。 商城路と浦城路の交差点まで歩き、北向き・陆家嘴方向を撮影。右は「仁恒滨江园」、中央奥は建設中の「财富海景花园」。金茂大厦が顔を覗かせている。 商城路と浦明路の交差点付近から「江臨天下」を望む。 少し西に向けると建設中の「财富海景花园」。 東に向けると左に「仁恒滨江园」。 浦明路の北側を望む。「仁恒滨江园」とその間から金茂大厦、半分だけ東方明珠。 東昌路周辺の地図。 浦明路の左側、黄浦江側は建設中の「财富金融広場」。 その「财富金融広場」の様子。 この辺りは「申迪集团」の低層階の事務所棟オフィスのようだ。 浦明路の北側には建設中の「中粮·海…

続きを読む

浦東・商城路

2009年8月の浦東・商城路(第一八佰伴裏側)周辺の様子。 急ピッチで地下鉄9号線の工事が進められている。 商城路周辺の地図。 商城路と南泉北路の交差点から陆家嘴方向を眺める。左は上海环球金融中心(上海ワールドフィナンシャルセンター)、その右に世界広場。その手前のスペースは後に建設される「浦東金融広場」や 地下鉄9号線「商城路」駅。第一八佰伴(ヤオハン)に、最も近い地下鉄駅ということになる。この時期には、まだ、整地されておらず、集合住宅が見て取れる。 西に少し向きを変え、広角で撮影。 さらに西を向く。左のビルは浦東南路沿いの東泰大楼の南楼と北楼。 商城路の様子を眺める。 商城路を西に進み、振り返って北東の方角を眺める。右は陆家嘴1885广场。老房子を残した飲食店街。左の赤い屋根の集合住宅は古くはなさそうではあるが、間も無く取り壊される。 商城路を西にさらに進み、浦東南路との交差点付近より商城路を振り返る。右側が第一八佰伴側。右手前より新梅聯合広場(ツインタワー)、内外联大厦、良友大廈などなど。 半年過ぎた2010年1月の商城路の地下鉄工事の様子。掘っていた部分が埋め戻され、駅の案内板も出来上がっている。9号線は2009年12月に「世紀大道」駅まで開通している。 埋め戻されてはいるが、まだコンクリ打ちっぱなし状態。まだ交通規制が掛かっている。 商城路と浦東南路の交差点の様子。すでに「浦東金融広場」の…

続きを読む

世紀大道、第一八佰伴,陸家嘴 3

2009年5月 時間が取れたので連チャンで地下鉄世紀大道駅周辺を訪れたのでその時の様子。次の訪問は2016年12月まで間が開くので、その時の写真も一緒にご紹介したい。 前回の世紀大道、第一八佰伴,陸家嘴 2はこちら。 地下鉄世紀大道駅周辺の地図。 世紀大道、東方路、張陽路の六叉路交差ポイント。張陽路西側より東方路、世紀大道との交差ポイントを撮影。写真には写っていないが、右に折れると東方路、右手に見えるのが世紀大道、左手に直進すると張陽路という地点。 世紀大道の陸家嘴側。中央は上海環球金融中心(上海ワールドフィナンシャルセンター)。 左は锦江汤臣洲际大酒店(インターコンチネンタルホテル)、その隣に建設中の東方金融広場。 世紀大道の東南側、世紀公園方向。後年、右手に世紀匯広場、左手に浦東世紀大都会が建設される。2009年当時は、重機が入って間もない頃。 張陽路東側、右手が世紀大道。このエリアが浦東世紀大都会の建設現場。 世紀大道と東方路に挟まれたエリア。ここが世紀匯広場の建設現場。中央に爵士大廈が見える。その手前に地下鉄世紀大道駅の入り口が見える。 東方路側より同じエリアを撮影。左側が世紀大道。 東方路と潍坊路の交差点。 さて、2016年12月の写真をお見せしたい。 世紀大道と潍坊路の交差ポイントから陸家嘴方向に目をやるとすでに開業している浦東世紀大都会が見える。 2009年5月の様子…

続きを読む

世紀大道、第一八佰伴,陸家嘴 2

2009年5月に訪れた時の様子。 前回の世紀大道、第一八佰伴,陸家嘴の続き。 世紀大道、濰坊路、福山路の六叉路交差ポイント。 地下鉄「世紀大道駅」にほど近い、もう一つの六叉路交差点である世紀大道、濰坊路、福山路の交差ポイントの様子。撮影は濰坊路、福山路の交差する地点より、陸家嘴方向、北西の方向を眺める。右側に上海环球金融中心(上海ワールドフィナンシャルセンター)が見える地点。東方路沿いの高層ビルの手前に広大な敷地が広がっており、すでに工事が始まっている。ここには世纪汇广场が建てられる。 すでに重機が入っている。 同じポイントより福山路側、北東の方角を眺める。水色の塀で囲まれたこのエリアには後に浦東世紀大都会が建設される。 角度を変えて浦東世紀大都会が建つ敷地を見る。右側は福山路、左側は世紀大道の歩道の様子。 世紀大道を陸家嘴方向に進む。 世紀大道、東方路、張陽路の六叉路交差ポイント。 張陽路まで進む。中央は上海环球金融中心(上海ワールドフィナンシャルセンター)。 地下鉄「世紀大道駅」真上の、世紀大道、東方路、張陽路に跨る六叉路交差点の様子。左は上海锦江汤臣洲际大酒店(インターコンチネンタルホテル)。その手前は建設が始まった東方金融広場。 アップで。 第一八佰伴前に移動する。 华润時代広場前から浦東南路北側を撮影。右は第一八佰伴、左は中融大廈。 中融大廈の手前には鄂爾多斯国際大廈(ベイオードス…

続きを読む

世紀大道、第一八佰伴,陸家嘴

2008年9月 地下鉄世紀大道駅から第一八佰伴まで歩いた時の様子。時は2008年9月16日。その1週間前の9月8日に上海环球金融中心(上海ワールドフィナンシャルセンター)が開業した。当初の開業予定2001年から7年遅れのオープンである。2010年の上海世博会まで2年を切った時期でもある。 周辺の地図。 地下鉄世紀大道駅周辺の様子。張陽路の東側より六叉路交差点を写す。左に上海红塔豪华精选酒店(セントレジスホテル)が見える。中央部にいよいよ重機が投入された模様。ここは、世紀大道駅と東方路に挟まれたエリア。世紀汇広場が建設される。 世紀大道の南側。右に爵士大厦が見える。 世紀大道と張陽路に挟まれたエリアには後に浦東世紀大都会が建設される。重機が見えるのですでに着工されている。 世紀大道から陸家嘴を眺める。上海環球金融中心(ワールドフィナンシャルセンター)は1週間前に開業。その手前の建設中のビルは二十一世紀大廈。 後ろに金茂大厦が少しだけ見える。 世紀大道から真っ直ぐ陸家嘴方向を眺める。 建設中の二十一世紀大廈。 世紀大道を陸家嘴方向に進む。 浦東南路との交差点から。 第一八佰伴前。浦東南路と張陽路の交差点より西側、黄浦江方向を眺める。右は第一八佰伴前の広場と上海灘。 先に進むと復興東路隧道。 浦東南路と張陽路の交差点から北側を撮影。 浦東南路と張陽路の交差点から南側をみ…

続きを読む

世紀大道駅 六叉路交差点 6

世紀大道駅 六叉路交差点 5の続き。前回2005年から、ずいぶん時間が経過してしまった。時期は2008年1月。 周辺の地図。 Google Earth 2008年4月の様子。 地下鉄4号線「浦東大道」駅で降車し、福山路を歩く。福山路は東方路の通り一つ東側の住宅街にある通り。北側に上海海神诺富特大酒店(ノボテルホテル)が見える。 福山路を南に歩く。この先が張陽路。 張陽路を右に折れ、世紀大道との交差点から陸家嘴側を見る。上海環球金融中心(ワールドフィナンシャルセンター)の最上階、手で持ち上げられるよう取手の部分の工事が行われている。 世紀大道の南東側を見る。歩道を整備中。 東側に視点をずらす。 右に地下鉄「世紀大道」駅の入り口が見える。 さらに東に視点をずらす。世紀大道側は青いトタンのフェンスで囲われている。トタンではなく、壁を作り込んでいる。 東方路と張陽路の門に立つマンション。 世紀大道から陸家嘴側を見る。 寒い1日。今日はここまで。 つづく

続きを読む

東門路

2007年8月 浦東・東昌路から東門路まで渡し船に乗った時の様子。現在、東門路の乗り場はなくなってしまい、東昌路~東門路の路線の替わりに東昌路~復興東路、若しくは金陵東路の路線になっている。 周辺の地図。 今回は写真が少ないので、Google Earth先生を多用する。 まずは今から17年前の2000年5月の東門路周辺の様子。 東西に走る東門路と南北に走る中華路の交わる地点の東南の位置に広大な空き地がある。後に鴻琦祥商城、滨江名人苑が建設される。鴻琦祥商城は服のオーダーメイド専門店が軒を連ねる「十六鋪軽紡面料城」で有名。その東には、すでに久事大厦が建っているのが見て取れる。 次に2006年11月の様子。撮影した写真はこの時期に近い。 2000年5月で見た広大な空き地にはすでに鴻琦祥商城、滨江名人苑が建設されている。逆に北東のエリアに密集していた住宅は解体撤去され広大な敷地に変貌している。ここには後年、「外灘金融中心」エリアに指定され、オフィス棟などが立ち並ぶ。また、復興東路と老太平洋弄の間の地区も、再開発が進んでおり、金外灘花園などが建てられた。 最後に2017年3月 ほぼ現在の様子。 東門路にあったフェリー乗り場はもうない。中山南路周辺にも高層ビルが建設され、また外馬路(黄浦江岸)は現在急ピッチで整備が進められている。外灘に繋がる遊歩道にでも変貌するのだろうか? このウォーターフロントエリアの再開発は凄まじいものがある。これに比べ中華路の西側、南市…

続きを読む

金融の中心 陆家嘴 6

金融の中心 陆家嘴 5の続き。 2006年1月 正月明け、陆家嘴を訪れた時の様子。 浦東南路から見た金茂大厦と手前が建設中の上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)。元々は2001年完成を目指し、1997年10月に基礎工事が始まったが諸事情で中断、建築計画をパワーアップし2004年11月より工事再開。 浦城路から見た金茂大厦と手前が建設中の上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)。 浦城路から建設中の盛大金磐を見る。 2006年8月 建設中の上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)を見上げる。 建設中の盛大金磐を見る。右端は金茂大厦、左の重機は建設中の上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)。 世紀大道から見た建設中の上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)、奥は金茂大厦。中央は中銀大厦と東方明珠、右は浦发大厦、上海信息大楼。 2007年1月 正月明け、陆家嘴を訪れた時の様子。 曇りがちの1日で上空は霞んでいる。建設中の上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)の工事の様子。 浦城路から金茂大厦と仁恒滨江园と一緒に。 2007年8月 雨が降ったり止んだりの1日。上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)はずいぶん高くなってきたが、上部は霧に霞んで見えない。 なんとか上…

続きを読む

2003年 番外編 前半

2003年撮影した写真で採用しなかったものを番外編として集めたのでご紹介したい。 2003年2月 南浦大橋から見た陆家嘴。金茂大厦、東方明珠が遠くに見える。 2003年4月 南浦大橋から見た東桜花園(中央)とその左は建設中の東南華庭 。 東桜花園と建設中の東南華庭のそれぞれ2棟目が見えてきた。 2003年3月 陆家嘴の陆家嘴中心绿地の東側。恒生银行大厦(旧森茂ビル)など。 世紀大道の金茂大厦の反対側付近より南方向を見る。浦東南路沿いの世界広場が見える。 2003年3月 東昌路の様子。 東昌路を東方向にみる。ずっと奥、浦東南路沿いに建設中の南洋商业银行大厦が見える。 反対方向を見る。左側は仁恒浜江園。 東昌路を東に進む。右の茶色のビルは東昌大楼。その奥がオレンジ色の鉄筋が組まれた南洋商业银行大厦。 右は世界広場。 浦東南路を渡って東昌大楼を見る。 2003年5月 建設中の南洋商业银行大厦。手前は浦東南路。 2003年4月 淮海中路の大上海時代広場。 雁蕩路の様子。この頃よりおしゃれなカフェやブティックなどが並び始める。 2003年3月 浦東・東方路の張家浜(運河)、後の地下鉄6号線「浦電路駅」付近。当時、東方路灯飾城があったのだが解体中。ここは後に浦東軟件園陸家嘴分園(ソフトウェアパーク)が建設される。車窓からの撮影のため、ちょっと見づらい。ご容赦を。 …

続きを読む