南市 方浜中路、四牌楼路

2012年11月に訪れた南市 豫園周辺 沈香阁ほかの続き。 安仁街から方浜中路に戻り、四牌楼路を経由して方浜中路の東端まで歩いた時の様子。 Google Mapで場所を確認。 上海城隍庙(豫園)の南門を過ぎたあたりの方浜中路の商店の様子。この辺りには、土産物屋や日曜雑貨品を扱う店が軒を並べる。 えらく賑やかな店先。お値段は5元、10元から。 来た道を振り返る。西日が差している。 先に進む。この辺りは衣料品店が多い。 マネキンの密度がやけに高い。野球チームが2つできそうな勢い。 上海でよく見かけるサクッした食感の「核桃酥」。クルミパイのような菓子。陜西省が本場のようである。 さて、四牌楼路を曲がる。ここは屋台の店なども並ぶ下町の飲食街である。 振り返ると入り口には牌楼。 店先に並べられた食材。上海蟹、蝦蛄、渡り蟹、海鮮専門ですな。 これはアメリがザリガニだ。小さいころよく取りに行ったものだ。中国ではえらく人気があるのだが、これだけはどうしてもダメ。別名「小龍虾」、小さい伊勢海老、あるいはロブスター。ネーミングが良かったのかも。 振り返る。DVDも売っとります。 通りに随分せり出してまんねん。ほとんど屋台感覚。 この先も海鮮らしき飲食店がずらっと並ぶ。 もう一度振り返る。 さらに進んで三度振り返る。 この四牌楼路の飲食店の風景だが、2016年に屋台規制があり、一斉撤去の憂…

続きを読む

外灘源 旧英国駐上海総領事館周辺

2015年8月 外灘の裏側、外灘源と称する圆明园路、滇池路、旧英国駐上海総領事館を訪れた時の様子。 外灘の周辺地図。 まず北京東路から圆明园路を曲がり北上、呉淞江を目指す。この通りの主要な建築物はほぼ上海市の優秀歴史建筑に指定されている。写真は手前 「安培洋行大楼」、奥 「圆明园公寓」。「安培洋行大楼」は1907年、「圆明园公寓」は1904年に建造。 振り返る。右は「协进大楼」。1923年生まれのお姉さん達の撮影風景が写ってしまった。間違い、「协进大楼」が1923年建築、お詫びして訂正します。 旧英国駐上海総領事館の敷地の半分くらいは「上海半岛酒店(ペニンシュラホテル)」として2009年に開業している。写真は旧総領事館の敷地の北外れに建つ「原新天安堂」。 旧総領事館、現在は「金融家倶楽部」。後ろは陆家嘴のビル群。 別角度から。 上海市優秀歴史建筑を示すプレート。 南蘇州路にある「原划船俱乐部」ビル。後ろは「上海大厦」。 外灘側に出る。「上海半岛酒店(ペニンシュラホテル)」の隣の「東方匯理銀行旧址」ビル。 外灘に建つ歴史建築物を眺め始めるときりがないので、滇池路で曲がる。圆明园路を越えると見えてくる「仁記洋行」ビル。1908年竣工、こちらも上海市優秀歴史建筑に指定されている。 上海市優秀歴史建筑を示すプレート。 そのお隣。「旧通和洋行」、現「業広地産有限公司」。こちらも1908…

続きを読む

浦西 光復里・合徳里

2015年1月 光復里、合徳里を訪れた時の様子。ここは、上海で最も劣悪な環境の中で多くの人が今尚暮らし続ける場所である。最盛期には2000人を超える人々が暮らしたという。エリアの半分ほどはすでに解体撤去が進み、高級高層マンションに生まれ変わったが、残り半分は立ち退き交渉が進まず工事が中断していると聞く。トップギアで発展を続ける上海の影の部分を見るため現場を訪れた。 場所は吴淞江(蘇州河)に沿って走る光復西路と東新路に挟まれたエリア。 光復里、合徳里の場所。 周辺の地図。 Google Earthの航空写真。 2000年11月 冒頭のエリアには民家が密集しているのがよくわかる。 2004年5月 エリアの右側(東側)、河寄りの部分から解体撤去が始まっているのが分かる。 2017年4月 驚いたことに、左側(西側)は今尚現状のまま。 さて、東新路を西に向かい歩いていると見えてくる光復里、合徳里の北門。 門をくぐり中に足を踏み入れる。この路地を挟んで、右サイドは今尚多くの人が住む生活エリア、そして左サイドは取り壊しが放置された瓦礫の山のエリア。その後ろは高層マンション「新湖明珠城」。 放置された民家と瓦礫、そして高層マンションが同居している様。 取り残された民家。勿論、人が住める状態では無いようだが。 来た道を振り返る。右側は家屋の解体が進んでいるエリアだが、放置された民家にはまだ多くの人が住んでいる。 前に進…

続きを読む

浦西 石泉村

2014年12月 地下鉄3、4、7号線「镇坪路」、若しくは地下鉄7号「岚皋路」駅から徒歩約10分の場所にある石泉村地区、通りで言うと寧強路、漢陰路(汉阴路)を訪れた時の様子。この一角で住宅の解体撤去が行われているとの情報を聞きつけたので、早速出かけた次第。天気は良かったが、寒い一日、こんな日にわざわざ出かけるのは、物好きといえば物好きなのだが、古いものが壊され、新しく生まれ変わる過程をこの目で見ておきたいという衝動が成せるわざ。5年後、10年後、再び訪れた時の風景の変わりように驚くのが、堪らなく心地よい。 石泉村の場所。 石泉村の周辺。 次にGoogle Earthの衛星写真を見てみる。中央右寄りのエリア、光新路と漢陰路(汉阴路)に挟まれた場所がまさに解体撤去作業中。 2014年12月 解体作業中 2017年4月 高層マンション建設中 ここは、2003年4月に訪れた 軌道交通3号線 中潭路駅 で取り上げた三角地帯の隣になる。 さて、この石泉村だが、この地区は石泉一村から三村、五村、六村がある。その地区の中を走る寧強路の様子。歩いている人もまばらで、寂れているかと思いきや……。 反対側には市場があるので、買い物客で賑っている。 さて、漢陰路(汉阴路)に目をやる。そこは、まさに解体撤去中の別世界。人は住んでいない模様。 奥に見えるのは高層マンション群「上海香溢花城」。 今はもう存在しない通りに入り込む。奥の方は人がまだ…

続きを読む

曲阜路駅周辺と七浦路・服装批发市场

2013年6月、西蔵北路、海寧路、浙江北路、曲阜路で囲まれた地区と七浦路・服装批发市场を訪れた時の様子。地下鉄8号線、12号線「曲阜路」駅の北東側に位置する。 2003年5月に訪れた 甘粛路 開封路 熱河路 2002年8月に訪れた七浦路 服装批发市场 1 の続編。 「曲阜路」駅周辺の地図。 2010年年末、「曲阜路」駅に直結する形でショッピングモール・「大悦城 Joy City」が開業。その後もオフィス棟、住居棟の建築が進み、今年2017年にはフル開業予定とのこと。この「大悦城 Joy City」は中糧集団(COFCO)による開発なのだが、同社は中国最大の食品会社で、不動産デペロッパーではない。しかしながら、上海の数あるデパート、ショッピングモールの中、ここはトップクラスの人気とのこと。顧客ターゲットの絞り込みが成功したことと食品会社だけに飲食店の充実が人気の秘訣か?昨年2016年末には日本食のフードテーマパーク「拉面竞技馆!(ラーメン・アリーナ)」が開業。とんこつラーメンが食べたくなると、なんどもこちらには足を運んだ。 さて、その「大悦城 Joy City」の東側の再開発エリアを見てみたい。 まずは、熱河路(热河路)の様子。七浦路とのT字路附近。建屋は残っているが、住人は誰一人居ない もぬけの殻状態。いずれ取り壊され再開発される。 通りの反対側も同様。 ちょうど10年前、2003年5月、熱河路を訪れた時の様子。ほぼ同じ場所、同じアングルで撮…

続きを読む

田子坊

今回は少し洒落たエリアをご紹介したい。 時は2013年5月、地下鉄9号線の「打浦橋」駅からほど近い場所にある「田子坊」を訪れた。最近、話題になっているスポットということでカメラ片手に出掛けた。迷路のような狭い路地にアートショップやレストラン、ブティックや小物雑貨店などが密集している。とにかく観光客が多い場所なのだが、労働節の休暇中だったため、身動きできないほど混み合っていた。 「田子坊」の名の由来だが、画家の黄永玉さんが中国古代の画家「田子方」に因んでそう名付けたとのこと。1998年9月頃より整備が始まり、その年、著名な画家である陈逸飞さん、尔冬强さん、王劼音さん、王家俊さん、李守白さんなどの芸術家や工芸品を扱う店舗が入居し、その後順次開業する商店が増え、現在のような姿になったとのこと。内部は古い建屋をそのまま使用しており、古いもので1933年建造というものもある。 田子坊の場所。 周辺の拡大地図。 「打浦橋」駅で下車すると、巨大ショッピングモール・日月光中心が真上に建設されており、そのままモール内に出ることになる。商業部分は2010年開業、その後オフィス棟、住宅棟を順次開業させた巨大な複合商業施設である。特に、飲食店が充実しており、日本料理店も何軒も入居している。 さて、そのモールの北口側、泰康路側を出ると、すぐに「田子坊」と書かれたゲートが見えてくる。狭い路地が入り組んでいるので、入口は一つではないが、「田子坊」と書かれた石造りのが門があるので、ここが正…

続きを読む

南市 豫園周辺 沈香阁ほか

2012年11月、酒を飲んでも、酔うに酔えない老城豫園。くだらないダジャレはそれくらいにして早速始めたい。豫園のある南市地区はこれまで何度か取り上げたが、今回は豫園にほど近い「沈香阁」、北王医馬弄、丹凤路などを散策。 過去のブログ 南市 豫园周辺 方浜中路 南市 旧倉街から光啓路まで 南市 董家渡路から中華路を歩く 南市 方斜路 南市 上海文廟、大境閣 豫園周辺の地図。 地下鉄10号線「豫園」で下車し、1号出口から地上に出る。後ろは「福佑门商厦」。雑貨、土産物、カバン、靴などを販売する店舗が入居する雑居ビル。 人民路に沿って牌坊がある入り口を目指す。中央は東方明珠。 正面に「上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)」と建設中の「上海中心大廈」が見える。 右は「鄂尔多斯休闲广场」。ここも各種雑貨、宝石、玉石などを扱う店が入居する。 この先が麗水路。人民路から豫園に繋がるメインの通り。正面は「明敏百货店」。ここの地下に玩具の卸売の店がある。バッタもんも多いけど。 お約束の牌坊。しかし、道路標識多すぎ。現在、この通りは車両通行止めのはずである。 牌坊をくぐり、麗水路を先に進む。 麗水路と福祐路の交差点あたり。如何にもという感じの商店が並ぶ豫園を代表する景色の一つ。 ぐるっと一回りする。 麗水路をそのまま南進する。ここより麗水路は旧校場路と名を変える。左側はレストラン、薬局などの老舗系、右手はお…

続きを読む

上海駅北口 大幅加筆

昨日のことだが、約1年前、このブログの初期の記事(2016年11月30日、12月2日)で取り上げた 13年ぶりに上海駅(上海火车站)北口を歩く 13年ぶりに上海駅(上海火车站)北口を歩く Part 2 を大幅に加筆した。場所が特定できなかったため掲載しなかった十数枚の写真を、もう一度地図や航空写真とにらめっこし、ある程度場所が特定できたので追記した。 すでに読まれた方も、良かったら一読ください。 今見ても、よくもまあこんな写真を撮ったものだと、我ながらその物好きさ加減に呆れるのだが、当時の様子を伝える写真はそう多くは残っていないだろう。 現在の上海駅北口の姿だけを見ていると、とても10数年前の寂れた姿を想像できないかもしれないが、確かにそこに存在していたのである。 時間が経つのは早い。街の外観だけでなく、人の考えも急速に変わっていく様子をこれからも取り上げていきたい。 上海駅北口の様子をGoogle MapとGoogle Earthの航空写真で見て見たい。 2012年12月 駅北口の西部エリア(第1期)の再開発が進む。 2009年4月 駅北口の東部エリア(第2期)の再開発が進む。 2017年4月 ほぼ現在の姿。北口の中興路以北の西部エリア(第3期)の再開発が進められている。 注) 第1期〜第3期は私が勝手に名付けたもの。 つづく

続きを読む

真如古鎮から西康路へ

2004年5月、地図を見ていたら上海市内の北西部に「真如古鎮」というのを見つけた。どんな古鎮なのか気になったので、下調べはせず、とりあえず出掛けた時の様子。現在なら、地下鉄11号線「真如」駅がほど近い。当時は勿論地下鉄は開通していないのでバスに乗って出掛けた。 真如古鎮の地図。 真如古鎮の周辺の地図。 真如古鎮近くの武寧路でバスを降り、蘭渓路を曲がるとすぐ見えてくる「真如古鎮」の牌坊。 赤い提灯の飾り付けと古そうな商店が連なってはいるが、その先は普通のアパートが並んでいる。これ古鎮? しばらく歩くと白い塔が見えてきた。恐らく、この塔のあるお寺の門前町なんだろうと想像する。 お寺の周辺は結構賑やかだ。 桃浦という名の川(運河)を渡って全体が見える場所を探す。これが「真如寺」。調べたら、1200年頃の宋の時代に別の場所に建造されたそうだが、1320年元の時代にこの地に移った歴史ある寺院のようだ。白い塔は「真如塔」といい、10層からなる。日本軍による占領、文革により破壊され、現在のものはそれ以降に修復されたという。故に、この地は「真如古鎮」ということ。今回は中に入らず、散策を続ける。 北石路を進む。 大渡河路だと思う。 しばらく歩くと北石路の真西新村にでる。 次に吴淞江(苏州河)を見ようとバスに乗る。 吴淞江周辺の地図。 2004年5月のGoogle Earthの航空写真。 地下鉄3号線「…

続きを読む

五角場

2011年11月、楊浦区の五角場を訪れた時の様子。五角場は前年2010年に地下鉄10号線が開通している。また、中部環状道路「中環路」は五角場広場の中央を東西にぶち抜いて走っている。 五角場の地図。 写真が少ないのでGoogle Earth先生の手を借りる。 2000年5月の五角場周辺の写真。五差路(五叉路)の様子が良く分かる。この頃、東西を走る(やや斜めだが)翔殷路、邯郸路の北側には民家が密集している。高層ビルといえば広場の北東に位置する「沪東金融大廈 」くらい。 2017年8月の様子。翔殷路、邯郸路に沿って「中環路」(高架道)が走っている。広場中央の防音壁も見える。 五角場はその名の通り、翔殷路、邯郸路、黄兴路、 淞沪路、四平路がサークル状に交差する五差路(五叉路)である。 四平路から五角場広場の中心方向を眺める。右手には「東方商厦」、左手には「苏宁生活广场」。中央奥にド派手な防音壁に囲まれた「中環路」。その奥が 巨大な液晶ディスプレイが見える「百联又一城购物中心」。 「苏宁生活广场」の様子。 五角場広場の方角に進む。 さらに進む。 五角場広場の手前まで来る。「中環路」が走っているところが五角場広場の中央、奥に「百联又一城购物中心」、その右に2000年5月にはすでに建っていた「沪東金融大廈 」が見える。中央に地下街入口がある。 五角場広場にたどり着く。防音壁に囲まれた「中環路」が確かに真ん中をぶち抜いて走ってい…

続きを読む

人民広場 7 南京東路

2009年5月 南京東路、人民広場を散策した時の様子。この日は5月1日の労働節(メーデー)を含む黄金節(中国版ゴールデンウィーク)の週、国旗の飾り付けをあちこちで目にする。 南京東路の地図。 南京東路歩行街をぶらつこうと、地下鉄2号線に乗って「南京東路」駅で下車。上海置地広場あたりから人民広場方向を眺めると見えてくる百联世茂国際広場。触覚を持つ昆虫にしか見えない。右に「亨得利(Hengdeli)钟表」、「吴良材眼镜」の看板が見える。前者は腕時計、後者は眼鏡の専門店、どちらも100年を超える老舗である。 人民広場方向に進んでから振り返る。左は先程見た老舗2店舗。右には牛丼の「吉野家」が見える。「吉野家」だって負けていない、創業100年を超える。 さらに進んで世紀広場あたりから撮影。中央はUFOが降り立ったような上海新世界丽笙大酒店(ラディソン・ブル・ホテル 上海 ニューワールド) 。 もう少し進むと、右サイドに無添加化粧品「FANCL(ファンケル)」の看板を掲げる上海时装商店(先施大厦)が見えてくる。古代ローマ風建築が人の目を惹きつける。ここも100年近い歴史がある。 右手はその上海时装商店だが、上海世博会の公式マスコット「海宝(ハイバオ)」君が半分に裂けてしまった。左は永安百貨、現在は百联集团系列。こちらも創業100年を超える。 振り返って世紀広場方向を見る。 联世茂国際広場の前から振り返る。左サイドの看板の中で1914年創業の「亨达利(Heng…

続きを読む

徐家汇(車窓から)

2004年 5月、七宝老鎮からバスで帰宅途中の車窓からの風景。 漕渓北路の気象大厦周辺の地図。 七宝鎮からバスに乗るとしばらく漕宝路を走り、やがて漕渓北路を左折し、徐家汇を目指すことになる。 写真は漕渓北路北上中の徐家汇の手前、南丹東路を越えた気象大厦がある辺りの様子。 窓からカメラを突き出して撮影したので傾いてしまった。写真を見ていると右肩が上がってくるかも知れないが、気のせいである。 中央に気象大厦が見えてきた。その横に見えるのは虹橋路沿いに建つ上海实业大厦。その間に建設中の港汇恒隆广场のツインタワー部(もう一棟は隠れている)が見える。 気象大厦を過ぎると見えてくる徐家汇天主教堂。その横は図書館。後ろは高級高層マンションである东方曼哈顿。マンハッタンと読ませる。 徐家汇の中心部周辺。 徐家汇はかつて地下鉄1号線しか走っていなかったが、その後9号線、11号線が開通し、主要ターミナル駅に変貌した。 2003年の様子は徐家汇から魯班路までを参照ください。 中央の上海实业大厦とその左は港汇恒隆广场のツインタワー部一棟、右の低い建屋が太平洋百貨(そごう)と隣接する建匯大廈。 傾きは気にせず貼り付ける。数珠繋ぎ状態でバスが停車している様子。 さらに進むと、上海实业大厦の手前あたりで地下立体化している。地下を進むと漕渓北路をそのまま進み、通りの名は衡山路に変わる。地上を進み、右折すると肇嘉浜路、左折すると虹橋路に出る。中央は太平…

続きを読む