呉淞江を遡る 14

前回13回目より少し間が空いたのは、呉淞江を取り上げ続けたことで、思わぬ反応が各方面より集まり、てんやわんや、否、獅子てんや・瀬戸わんや状態(どういう状態?)というようなことは全くないのだが、久しぶりに呉淞江を遡るの続き。前回、呉淞江を遡る 13 で下流から数えて22番目の橋・凱旋路橋までやってきたので、今回はこの続き。 これまで歩いたルートのおさらい。 凱旋路橋周辺の地図。 2017年12月。この日は軌道交通4号線の金沙江路駅で下車し、凱旋北路を南下、凱旋路橋を目指す。1kmまではないが、結構距離がある。凱旋路橋の脇を進み、ようやく呉淞江が見えてきた。 光復西路にぶつかる。そこを右折し、上流を目指すと前方に23番目の橋・中山北路橋が見えてくる。中山北路には幾つか橋が架かっているので、正しくは中山北路三号橋西橋と百度地図に書いてあった。 来た道を振り返る。ちょうど軌道交通が走行して来た所。 凱旋路橋を振り返る。 中山北路三号橋西橋の手前。内環高架路が並走している。 橋の下から上を見上げる。 橋を潜るとちょっとした市場がある。庶民的なバラック作りの香ばしいマーケットだ。 中山北路三号橋西橋周辺の地図。 前方の様子。逆光で少し見づらい。対岸は万航渡路。建設中の建物の骨組みが見える。 振り返って橋を眺める。すでに書いたように内環高架路北回り部分である。 対岸に倉庫のような古い…

続きを読む

第一八佰伴(ヤオハン)周辺 1

2018年最初の記事。 約1年前、「上海第一八佰伴(ヤオハン)」近く、张杨路周辺の再開発の様子(第一八佰伴(ヤオハン)周辺1)を書いたが、未使用の写真が結構あったので大幅に追加した。そのため、1本のボリュームが増え過ぎたので、以下の2つに分けた。 ・第一八佰伴(ヤオハン)周辺 ← 良かったら眺めて見てください。 ・第一八佰伴(ヤオハン)周辺 1 ← 本記事 Google Map 上海第一八佰伴(ヤオハン)周辺 の地図。 2002年1月 张杨路の黄浦江近くに建つサービス・アパートメント「湯臣商務中心大廈」から見た朝焼けの様子。右は建設中の超高級マンション「 世茂滨江花园」1棟目。中央奥に「東錦江希爾頓逸林酒店(ダブルツリー・ヒルトンホテル)」が見える。写真の左下から斜め上に走る通りは浦城路。 その「 世茂滨江花园」の周辺の様子。右側には民家、倉庫などがまだ残っている。後年、この辺りは全て解体撤去され、「 世茂滨江花园」の他、同じく高級マンション群「滨江凯旋门」、緑地公園に生まれ変わる。 西南の方向にカメラを向け黄浦江を撮影する。 少し南にずらす。黄浦江岸の埠頭、倉庫の様子が見て取れる。遠くに南浦大桥が微かに見える。 「湯臣商務中心大廈」前より東向きで撮影。中央が「第一八佰伴」、その後ろに建設中の円柱形をした「生命人寿大厦」が見える。 「江临天下」の建設現場から陆家嘴方向を望むと「東方明珠」の1 つ目のお団子が見える。その手前は高…

続きを読む

浦西 光復里・合徳里

2015年1月 光復里、合徳里を訪れた時の様子。ここは、上海で最も劣悪な環境の中で多くの人が今尚暮らし続ける場所である。最盛期には2000人を超える人々が暮らしたという。エリアの半分ほどはすでに解体撤去が進み、高級高層マンションに生まれ変わったが、残り半分は立ち退き交渉が進まず工事が中断していると聞く。トップギアで発展を続ける上海の影の部分を見るため現場を訪れた。 場所は吴淞江(蘇州河)に沿って走る光復西路と東新路に挟まれたエリア。 光復里、合徳里の場所。 周辺の地図。 Google Earthの航空写真。 2000年11月 冒頭のエリアには民家が密集しているのがよくわかる。 2004年5月 エリアの右側(東側)、河寄りの部分から解体撤去が始まっているのが分かる。 2017年4月 驚いたことに、左側(西側)は今尚現状のまま。 さて、東新路を西に向かい歩いていると見えてくる光復里、合徳里の北門。 門をくぐり中に足を踏み入れる。この路地を挟んで、右サイドは今尚多くの人が住む生活エリア、そして左サイドは取り壊しが放置された瓦礫の山のエリア。その後ろは高層マンション「新湖明珠城」。 放置された民家と瓦礫、そして高層マンションが同居している様。 取り残された民家。勿論、人が住める状態では無いようだが。 来た道を振り返る。右側は家屋の解体が進んでいるエリアだが、放置された民家にはまだ多くの人が住んでいる。 前に進…

続きを読む

浦西 石泉村

2014年12月 地下鉄3、4、7号線「镇坪路」、若しくは地下鉄7号「岚皋路」駅から徒歩約10分の場所にある石泉村地区、通りで言うと寧強路、漢陰路(汉阴路)を訪れた時の様子。この一角で住宅の解体撤去が行われているとの情報を聞きつけたので、早速出かけた次第。天気は良かったが、寒い一日、こんな日にわざわざ出かけるのは、物好きといえば物好きなのだが、古いものが壊され、新しく生まれ変わる過程をこの目で見ておきたいという衝動が成せるわざ。5年後、10年後、再び訪れた時の風景の変わりように驚くのが、堪らなく心地よい。 石泉村の場所。 石泉村の周辺。 次にGoogle Earthの衛星写真を見てみる。中央右寄りのエリア、光新路と漢陰路(汉阴路)に挟まれた場所がまさに解体撤去作業中。 2014年12月 解体作業中 2017年4月 高層マンション建設中 ここは、2003年4月に訪れた 軌道交通3号線 中潭路駅 で取り上げた三角地帯の隣になる。 さて、この石泉村だが、この地区は石泉一村から三村、五村、六村がある。その地区の中を走る寧強路の様子。歩いている人もまばらで、寂れているかと思いきや……。 反対側には市場があるので、買い物客で賑っている。 さて、漢陰路(汉阴路)に目をやる。そこは、まさに解体撤去中の別世界。人は住んでいない模様。 奥に見えるのは高層マンション群「上海香溢花城」。 今はもう存在しない通りに入り込む。奥の方は人がまだ…

続きを読む

曲阜路駅周辺と七浦路・服装批发市场

2013年6月、西蔵北路、海寧路、浙江北路、曲阜路で囲まれた地区と七浦路・服装批发市场を訪れた時の様子。地下鉄8号線、12号線「曲阜路」駅の北東側に位置する。 2003年5月に訪れた 甘粛路 開封路 熱河路 2002年8月に訪れた七浦路 服装批发市场 1 の続編。 「曲阜路」駅周辺の地図。 2010年年末、「曲阜路」駅に直結する形でショッピングモール・「大悦城 Joy City」が開業。その後もオフィス棟、住居棟の建築が進み、今年2017年にはフル開業予定とのこと。この「大悦城 Joy City」は中糧集団(COFCO)による開発なのだが、同社は中国最大の食品会社で、不動産デペロッパーではない。しかしながら、上海の数あるデパート、ショッピングモールの中、ここはトップクラスの人気とのこと。顧客ターゲットの絞り込みが成功したことと食品会社だけに飲食店の充実が人気の秘訣か?昨年2016年末には日本食のフードテーマパーク「拉面竞技馆!(ラーメン・アリーナ)」が開業。とんこつラーメンが食べたくなると、なんどもこちらには足を運んだ。 さて、その「大悦城 Joy City」の東側の再開発エリアを見てみたい。 まずは、熱河路(热河路)の様子。七浦路とのT字路附近。建屋は残っているが、住人は誰一人居ない もぬけの殻状態。いずれ取り壊され再開発される。 通りの反対側も同様。 ちょうど10年前、2003年5月、熱河路を訪れた時の様子。ほぼ同じ場所、同じアングルで撮…

続きを読む

真如古鎮から西康路へ

2004年5月、地図を見ていたら上海市内の北西部に「真如古鎮」というのを見つけた。どんな古鎮なのか気になったので、下調べはせず、とりあえず出掛けた時の様子。現在なら、地下鉄11号線「真如」駅がほど近い。当時は勿論地下鉄は開通していないのでバスに乗って出掛けた。 真如古鎮の地図。 真如古鎮の周辺の地図。 真如古鎮近くの武寧路でバスを降り、蘭渓路を曲がるとすぐ見えてくる「真如古鎮」の牌坊。 赤い提灯の飾り付けと古そうな商店が連なってはいるが、その先は普通のアパートが並んでいる。これ古鎮? しばらく歩くと白い塔が見えてきた。恐らく、この塔のあるお寺の門前町なんだろうと想像する。 お寺の周辺は結構賑やかだ。 桃浦という名の川(運河)を渡って全体が見える場所を探す。これが「真如寺」。調べたら、1200年頃の宋の時代に別の場所に建造されたそうだが、1320年元の時代にこの地に移った歴史ある寺院のようだ。白い塔は「真如塔」といい、10層からなる。日本軍による占領、文革により破壊され、現在のものはそれ以降に修復されたという。故に、この地は「真如古鎮」ということ。今回は中に入らず、散策を続ける。 北石路を進む。 大渡河路だと思う。 しばらく歩くと北石路の真西新村にでる。 次に吴淞江(苏州河)を見ようとバスに乗る。 吴淞江周辺の地図。 2004年5月のGoogle Earthの航空写真。 地下鉄3号線「…

続きを読む

河南中路から海寧路まで

2008年1月 天気は良好だが寒い1日、河南中路から河南北路、江西北路を経由して海寧路まで散策したのでその時の様子。 まずは、河南中路周辺の地図。 河南中路と天津路の交差点付近から南側を見る。中央は南京東路に面した華東電力大楼、その右は建設中のForever21。その手前、左側は間も無く建設が始まる新世界大丸百货の用地。右奥は冠をかぶった外灘中心ビル。 地下鉄10号線の工事のため、河南中路は一部閉鎖されており、左サイドに迂回路が設けられている。 寧波路との交差点辺りから反対側、北方向を見る。この先は北京東路。写真左、北京東路との交差点の西の角は国華大楼。 北京東路との交差点付近。 河南中路を北に進む。呉淞江に架かる河南中路橋の補修工事中。 バスがすれ違う。道幅が狭くなっているので、結構難儀してる。 呉淞江を西向きで眺める。福建北路に架かるアーチ型の橋が見える。右は河浜豪苑、その左隣が華僑城蘇河湾西区。 橋の下側に回り込んで、工事の様子を見る。 正面に何やら古めかしい建物がある。 その建物の前を上から覗く。 後で調べて見ると、上海总商会の旧址と判明。元は、清の時代、政府高官が外国に出発する際に駐留した官邸(出使大臣行辕)。1899年、租界が拡張された際、この場所も租界エリアに含まれたが、ここと天后宫のみ中国政府の官地として飛び地のような形で存続。1995年に取り壊された香港の九龍砦城と同じ。 上海总商会旧址横の…

続きを読む

浦東 高科西路

2007年12月 浦東・高科西路を訪れた。 世博会会場に隣接し、ちょうど地下鉄7号線の工事が進められている。また、地下鉄6号線の試運転が開始されたので併せて見学しに行った。 高科西路については、世博会会場 浦東 1でも取り上げた。 周辺の地図。 2006年11月の様子。東明路にはまだ橋が架かっていない。 2017年3月の様子。東明路には立派な橋が架かった。また、高科西路は片側1車線の通りだったが、片側5車線もある立派な大通りになっている。西へ向かうと西蔵南路隧道に直結する。 2007年12月 浦東南路と高科西路の交差点付近でバスを降りる。交差点付近、浦東南路の地下鉄工事の様子。 浦東南路から高科西路を曲がり東方向にずんずん進む。東明路の手前で地下鉄7号線の工事現場に遭遇。車両は通れそうにない。ご覧の通り、片側1車線の通りである。 来た道を振り返る。 北側の様子。 掘削現場に近づく。 南側を撮影。右の三棟は東明路沿いに建つ紫竹華庭。手前のスペースには、後に、如家快捷酒店、上海市実験学校剣橋教育中心が建設される。剣橋って何かと思ったら、ケンブリッジのこと。そのまんまだ。 右奥はすでに建設されている上海实验学校の校舎。 レンガの向こうが東明路。その向こうの住宅群は博爱家园。 東明路との交差点にでる。東明路の南側の様子。 交差点の角にある地下鉄6号線「高科西路」駅。奥は博爱家园。 交差点の北西の方角。 …

続きを読む

南市 上海文廟、大境閣

2006年 正月三ヶ日明けに南市を訪れた。中国は旧正月なので、正月を祝うことはないが、それでも新暦の新年を迎え新しい看板に付け替えたフレッシュさと旧暦の正月を迎える慌しさがごっちゃになった感じが心地よい。 まずは、西蔵南路から徽宁路を曲がるところからスタート。 西蔵南路から徽宁路を曲がり北東方向に少し歩いた。恐らくこの辺りは再開発で大きく姿が変わったと思われる。 赤い横断幕があったので、てっきり再開発のことかと思いきや、防犯につとめ、窃盗に注意というような内容。年末に向けて防犯意識を高めようということか。 肉屋のトラック発見。熊さんマークだ。 南車站路を越えてそのまま進む。撮影時通りの名を残していなかったので、正確にはわからないが、迎勋路だと思う。 そのまま北上する。 陸家浜路を越え、江陰路にでる。 大興路と江陰路の交差点付近で見かけた「東海青鰻」と書かれた鰻?を扱う魚屋さん。普段このように店は見かけないので、正月頃(旧正月前)の風物詩なのでしょうか。海の青鰻とあるので鰻なのだろうけどえらくでかい。この大きさで味が鰻なら申し分ないが、何せ海育ちなのでどうなんでしょう。調べて見ると、別名「海鳗鱼」、そのままですがな。加工すると「鳗鱼鲞」、開いて干した鰻の意。塩で漬け込んでいるわけではないが、正月なので日本で言うところの新巻鮭みたいなもの?。 解体作業中。これだけ並べて干しているところは見たことない。 手前には原型が。やはりでかい。 …

続きを読む

2003年 番外編 後半

2003年 番外編 前半の続き。 2003年7月 浦東・北張家浜路周辺。浦電路と塘橋の中間に位置する。 張北浜に架かる橋のすぐそば。見事に「拆」とマーキングされた撤去予定住居群。その後この場所には東旅大廈が建設される。 後ろは嘉徳公寓。 周辺の一角。爺様達の憩いの場。 2003年7月 浦東・東昌路。建設中の南洋商业银行大厦。オレンジ色の鉄骨はガラス張りのビルに変身。 南京東路・歩行街。上海置地広場。 浙江中路との交差点より世紀広場方向を見る。 虹口周辺。 東方明珠から見た浦西、虹口方面。手前が黄浦江、呉淞江に架かる外白渡橋が見える。その先が上海大厦。現在は無いが呉淞路に架かる呉淞路橋も見える。 北に目を移すと、大名路周辺に民家が密集している様子が見える。 さらに北に向けると、東大名路と東長治路に挟まれたエリアに民家が密集している様子が見える。この辺りは後に地下鉄12号線が開通し再開発が進んだ。 2003年8月 雨上がりの延安東路。 雨上がりの淮海中路、太平洋百貨店(そごう)前。 えらいことになってる。 2003年6月に完成した卢浦大桥を鲁班路から見上げる。 外灘から見た陆家嘴。 上海大厦から外灘を望む。 呉淞江に架かる外白渡橋と今はもう無くなってしまった呉淞路に架かる呉淞路橋。 2003年9月 外灘の夜景。 東にレンズを移し、陆家…

続きを読む

第一八佰伴周辺 9

第一八佰伴周辺 8の続き。 時は2005年1月。まずは、Google Mapで場所を確認。 Google Mapで場所の確認。 2004年8月のGoogle Earth。 2005年1月 第一八佰伴の正面、中融大廈の横の鄂爾多斯国際大廈の基礎工事が始まっていた。右は菊園、奥は世茂滨江花园。 同じポイント 8ヶ月前の2004年5月頃の様子。 時代は2005年1月に戻り、基礎工事の様子を南側より見る。後方は菊園。 西にカメラを向ける。鄂爾多斯国際大廈(Erdos International Mansion)に隣接する、張楊路に沿って建設中のショッピングモール「上海湾」。 「上海湾」建設用地を歩道橋から地上に降りて撮影。右手が菊園。張楊路沿いにあった商店は完全に撤去され壁が出来上がっている。歩道橋も新設されていた。 同じ場所 2年前の2003年1月の様子。こんな感じで商店が連なっていた。 時代は2005年1月に戻り、第一八佰伴前から建設中の新梅聯合広場(ツインタワー)を望む。第一八佰伴のオフィス棟より高くなってきた。 お待たせしました「復興東路隧道」開通です。 8ヶ月前 2004年5月はこんなんでした。 張楊路にかかる橋より東側を見る。右は华润時代広場、左は第一八佰伴。 8ヶ月前 2004年5月はこんなんでした。何かのんびりやってるようで、意外に進捗は早い。 浦東南路に架かる歩道…

続きを読む

制造局路

2004年5月 後に建設される西蔵南路隧道付近、世博会予定地にある制造局路を北上した時の様子。 まずGoogle Mapで制造局路の位置を確認。制造局路は龍華東路から陸家浜路まで西蔵南路に並行して南北に通っている。 江南造船厂の前身「江南机器制造总局」あったことから通りの名がつけられたと思われる。 制造局路の南端、高雄路付近からスタートする。これは在りし日の江南造船厂の勇姿。1865年、清朝により設立された江南机器制造总局が前身、150年を越える歴史のある造船所。1996年江南造船(集团)有限责任公司に改組された。撮影した2004年より2年後の2006年、世博会の建設用地内であるため、长江流域の长兴岛に丸ごと移設された。 制造局路沿いの石庫門作りの民家。 制造局路沿いの上海交通大学医学院の様子。場所が特定できなかったが、壁に手書きで住所が書かれてあったので、住所特定でき感謝。 シャープ・エアコンの横断幕 GJ。 さらに制造局路を北に進む。 微寧路と交差するポイント。 交差点をアップで。角の商店は営業しているが、2階はどう見ても人が住める状況ではない。 通りにはかなり年季の入った住居が並ぶ。一部すでに解体されている。 制造局路をさらに進む。 左手のマンション郡は麗園路沿いに建つ黄浦新苑。手前は広大な更地。後に黄浦麗園が建設される。 西向きで。 解体寸前の民家が寄り添うように残っている。何とも言えぬ哀愁を感じる。 …

続きを読む