呉淞江を遡る 14

前回13回目より少し間が空いたのは、呉淞江を取り上げ続けたことで、思わぬ反応が各方面より集まり、てんやわんや、否、獅子てんや・瀬戸わんや状態(どういう状態?)というようなことは全くないのだが、久しぶりに呉淞江を遡るの続き。前回、呉淞江を遡る 13 で下流から数えて22番目の橋・凱旋路橋までやってきたので、今回はこの続き。 これまで歩いたルートのおさらい。 凱旋路橋周辺の地図。 2017年12月。この日は軌道交通4号線の金沙江路駅で下車し、凱旋北路を南下、凱旋路橋を目指す。1kmまではないが、結構距離がある。凱旋路橋の脇を進み、ようやく呉淞江が見えてきた。 光復西路にぶつかる。そこを右折し、上流を目指すと前方に23番目の橋・中山北路橋が見えてくる。中山北路には幾つか橋が架かっているので、正しくは中山北路三号橋西橋と百度地図に書いてあった。 来た道を振り返る。ちょうど軌道交通が走行して来た所。 凱旋路橋を振り返る。 中山北路三号橋西橋の手前。内環高架路が並走している。 橋の下から上を見上げる。 橋を潜るとちょっとした市場がある。庶民的なバラック作りの香ばしいマーケットだ。 中山北路三号橋西橋周辺の地図。 前方の様子。逆光で少し見づらい。対岸は万航渡路。建設中の建物の骨組みが見える。 振り返って橋を眺める。すでに書いたように内環高架路北回り部分である。 対岸に倉庫のような古い…

続きを読む

上海 松江・泗涇鎮

上海市の西南に位置する松江区。唐の時代には华亭県と呼ばれ、現上海中心部が栄える以前、この地が上海一帯の政治・経済・文化の中心であった。2012年12月、地下鉄9号線が全線開通し、区の中心部である松江新城駅、松江南駅まで繋がり、一気に上海中心部への通勤圏になった。区北東部には泗涇鎮という古鎮があり、あまり知られた場所ではないが、今から約1000年前の北宋の時代、「上海の根っ子」と呼ばれ、農業・漁業が栄えた場所である。最寄りの駅は泗涇駅。近くに宝塔があるということで、2017年2月出掛けてきた。 松江区の地図。 泗涇駅周辺の地図。 拡大地図。 地下鉄9号線泗涇駅の様子。 駅前の商業施設の様子。 歩き始めて約15分、ようやく宝塔が見えてきた。帰路にバスやタクシーなどを使うこともあるが、往路はだいたい遠くても歩くことにしている。街の様子を知るには、自分の足で歩くのが一番だと思っている。 開江中路の入り口に鎮座する牌楼。古鎮泗涇と刻んである。柱の太さに比べ上部がデカすぎるように思えるが、このバランスが特徴的なのでしょう。 牌楼を潜った先、開江中路の様子。 通りから宝塔を眺める。思ったよりも高く感じる。手前には立派な防火壁(うだつ)がある商店。 入り口附近から見上げる。ここまで来たのだから、入場料3元払って入園する。 宝塔は「安方塔」。高さ35mの七階八角の楼閣式宝塔。何度か修復され現在のものは1986年…

続きを読む

浦東 川沙

浦東空港から市内に車で戻る場合、華夏高架路から中環路を走ることが多いのだが、空港を出て華夏高架路をしばらく走ると左手に結構立派な楼閣が見える。その存在に気付いてから十数年経過していたのだが、なかなか行く機会がなく、2017年1月、ようやく時間が取れたので行って来た。 ちなみに、中国三大楼閣と言えば黄鶴楼(湖北省武漢市)、滕王閣(江西省南昌市)、岳陽楼(湖南省岳陽市)。前者2つは行ったことがあるが、岳陽楼はまだ行ったことがない。いずれ時間を取って行ってみたい。 さて、その上海の楼閣だが、地下鉄2号線の川沙駅にほど近い公園内に作られている。 川沙の地図。 拡大地図。 ↓ さて、2017年1月のとある日、地下鉄2号線に乗って川沙駅にやって来た。 川沙公園を目指し、川沙路を北上すると、南橋路との交差点に差し掛かる。右手が目的の川沙公園である。 公園の入り口はもう一つ先の城南路のようなので、川沙路をそのまま進む。その途中で見かけたスーパー銭湯。ネーミングが完全に日本の極楽湯が展開する温泉施設「極楽湯・碧云温泉」をパクっている。その名も「碧海云天温泉」ときたもんだ。流行りもんに目ざといパクリ商売全開。ちなみに、「極楽湯・碧云温泉」は浦東の北・金橋の近くにあり、地下鉄なら昨年延長開業した9号線・台儿庄路駅が最寄駅。何度か行ったが、ほとんど日本のそれと同じ。そう言えば、「大江戸温泉物語」というのも2016年頃にライセンス問題で話題になったが、その後どうなっ…

続きを読む

黄浦江ウォターフロント 前滩

現在進められている黄浦江両岸の開発事業の中で、前滩地区と言われている浦東新区の東方スポーツセンター(東方体育中心)周辺エリアを取り上げる。このエリアには地下鉄6/8/11号線が交差する東方体育中心駅があり、上海世博会会場の南西側に当たる。 ここは全く気にかけていなかったエリアで、昨年2017年に訪れ、ようやく開発が進んでいる状況に気づいた次第。 黄浦江両岸の開発計画は国家5ヶ年計画「135計画」(2016年〜2020年)に基づいて作成された「黄浦江両岸地区発展“十三五”計画」に依る。この「135計画」は、国としての長期的な発展目標を示したもので、5年毎に策定され、13期目であることよりそう呼ぶ。具体的には国民の行動計画、市場経済計画、社会管理、公共服務などの指針を示したもの。長期的視野に立ち、国のあるべき姿を厳格に計画し、そして実行するというもの。内容は兎も角、長期的視野で計画を立てることがいかに重要であるか。翻って日本は、どうだろうかと考えずにはおられない。 今回見た開発エリアは前述の「黄浦江両岸地区発展“十三五”計画」に基づき、いくつかのエリアに分け、優先順位を決めて開発が進められている。陆家嘴金融区は初期の代表的な計画の一つである。この開発の対象は、長江に面する吴淞口から逆L字に曲がった先にある「闵浦二桥」までの黄浦江沿岸61kmに渡る。黄浦江は上海市の主動脈との位置付けなので、いかに重要な計画であるか理解できる。この61kmという長さだが、東京でいうと、東京駅を出発し、品川、…

続きを読む

呉淞江を遡る 12

北外灘にある外白渡橋から出発して呉淞江(蘇州河)を遡る続き。前回、呉淞江を遡る 11 にて、下流から数えて19番目の橋・武寧路橋まで来たのでその続き。時は2017年12月。 これまでのおさらい。 武寧路橋周辺の地図。 さて、武寧路橋を潜って光復西路を進み、武寧路橋を振り返る。 遊歩道から前方を眺める。左側は高層マンション群「上海知音苑」。地下鉄13号線武寧路駅から徒歩5分圏内、築14年。中古物件価格を調べて見ると、概ね7〜8万元/m2。100m2なら700〜800万元、つまり1億3000万円(1元=18円計算)前後。東京で同様な条件で検索すると、自由が丘徒歩10分、築14年、117m2、1億3300万円也り。うう〜ん、東京は割安だ。 遊歩道の様子。この辺りもきれいに整備されている。 もう一度、武寧路橋を振り返る。 振り返ると、左手に広がる高層マンション群「燕寧苑」。 その横にある「上海绿地普陀智选假日酒店・ホリディイン」の入り口を振り返って眺める。 さらに進むと遊歩道もなくなり、見るべきものがなくなる。 対岸にある「曹家渡花市・フラワーマーケット」。2017年12月末で閉鎖されると書かれている。 来た道を振り返る。 曹杨路橋(江蘇北橋)周辺の地図。 曹杨路に近づく。地下鉄・隆德路駅がほど近い。中央にそびえるマンション群は「世紀同楽緑地世紀城」。 下流から数えて20…

続きを読む

呉淞江を遡る 11

歩いて呉淞江を遡るという暇な企画の続き。 前回、呉淞江を遡る 10 にて、17番目の橋・鎮坪路橋まで来たのでその続き。時は2017年12月。 これまで歩いたルートののおさらい。 鎮坪路橋周辺の地図。 鎮坪路橋の下を潜り、光復西路を進む。左手が呉淞江。 しばらく歩いて振り返る。通りに面して建つマンション「芙蓉花苑」。 さらに進んで振り返る。 呉淞江に面した遊歩道から振り返る。右手は「大上海城市花園」。やはり高層マンション。 前方の様子。この辺りで呉淞江は大きく湾曲している。右手には普陀公园が広がる。 遊歩道の様子。 「新潮明珠城」附近の地図。 前方の様子。右手に連なるマンションは「新潮明珠城」。対岸は「大上海城市花園」。 遊歩道を進んでから振り返る。中央が先程見たマンション「芙蓉花苑」、その奥が高層マンション群「泰欣嘉园」。 「新潮明珠城」を振り返って眺める。 呉淞江の対岸の様子。 光復西路と東新路の交差する地点。「新潮明珠城」の立派なゲートが望める。 遊歩道の様子。きれいに整備されている。 前方の様子。 遊歩道をさらに進む。ちょっとした公園になっている。 車道から「新潮明珠城」を振り返る。 宝成橋周辺の地図。 さらに進むと下流から数えて18番目の橋・宝成橋が見えてくる。Googleマップを見てもこの橋は…

続きを読む

もっと見る