陆家嘴 遠景

今年も明日1日限り。こちらは旧正月(春節)が新年の始まりなので、今日はクリスマス後の土日を含んだちょっと休みが長い3連休という感じ。それでも、新暦の新年を祝うイベントも年々盛大になって来ており、2014年末の外灘での群衆事故(将棋倒し)は記憶に新しい。遡れば1992年末の香港・蘭桂坊での同様の事故。この時は日本人も犠牲になっていたので、そのことを伝えるニュースを鮮明に覚えている。 さて、そういう訳で、新年とはなんの関係もないのだが、2012年から2015年までの陆家嘴の高層ビルの様子を紹介したい。写真の主役である「上海中心大廈(上海タワー)」は2008年11月に工事が始まり、2016年3月完工したのだが、その時々の見せる顔をご覧いただきたい。 2012年10月 浦西・延安高路から見た超高層ビル群。左に「金茂大厦」、その横の栓抜き・「上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)」、右は建設中の「上海中心大廈(上海タワー)」。 2013年1月 浦東・商城路の仁恒浜江園前から見上げる。 工事エリアまで近づき、「上海中心大廈(上海タワー)」を見上げる。「お〜い、ねじれてるぞ〜」。 浦東南路から望む。「上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)」の右隣は「上海二十一世纪中心大厦」。 浦城路から撮影。「とうもろこし、頂きました」ではない。念のため。 2013年3月 夕暮れ時、世紀大道から眺める。 201…

続きを読む

南市 方浜中路、四牌楼路

2012年11月に訪れた南市 豫園周辺 沈香阁ほかの続き。 安仁街から方浜中路に戻り、四牌楼路を経由して方浜中路の東端まで歩いた時の様子。 Google Mapで場所を確認。 上海城隍庙(豫園)の南門を過ぎたあたりの方浜中路の商店の様子。この辺りには、土産物屋や日曜雑貨品を扱う店が軒を並べる。 えらく賑やかな店先。お値段は5元、10元から。 来た道を振り返る。西日が差している。 先に進む。この辺りは衣料品店が多い。 マネキンの密度がやけに高い。野球チームが2つできそうな勢い。 上海でよく見かけるサクッした食感の「核桃酥」。クルミパイのような菓子。陜西省が本場のようである。 さて、四牌楼路を曲がる。ここは屋台の店なども並ぶ下町の飲食街である。 振り返ると入り口には牌楼。 店先に並べられた食材。上海蟹、蝦蛄、渡り蟹、海鮮専門ですな。 これはアメリがザリガニだ。小さいころよく取りに行ったものだ。中国ではえらく人気があるのだが、これだけはどうしてもダメ。別名「小龍虾」、小さい伊勢海老、あるいはロブスター。ネーミングが良かったのかも。 振り返る。DVDも売っとります。 通りに随分せり出してまんねん。ほとんど屋台感覚。 この先も海鮮らしき飲食店がずらっと並ぶ。 もう一度振り返る。 さらに進んで三度振り返る。 この四牌楼路の飲食店の風景だが、2016年に屋台規制があり、一斉撤去の憂…

続きを読む

南市 豫園周辺 沈香阁ほか

2012年11月、酒を飲んでも、酔うに酔えない老城豫園。くだらないダジャレはそれくらいにして早速始めたい。豫園のある南市地区はこれまで何度か取り上げたが、今回は豫園にほど近い「沈香阁」、北王医馬弄、丹凤路などを散策。 過去のブログ 南市 豫园周辺 方浜中路 南市 旧倉街から光啓路まで 南市 董家渡路から中華路を歩く 南市 方斜路 南市 上海文廟、大境閣 豫園周辺の地図。 地下鉄10号線「豫園」で下車し、1号出口から地上に出る。後ろは「福佑门商厦」。雑貨、土産物、カバン、靴などを販売する店舗が入居する雑居ビル。 人民路に沿って牌坊がある入り口を目指す。中央は東方明珠。 正面に「上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)」と建設中の「上海中心大廈」が見える。 右は「鄂尔多斯休闲广场」。ここも各種雑貨、宝石、玉石などを扱う店が入居する。 この先が麗水路。人民路から豫園に繋がるメインの通り。正面は「明敏百货店」。ここの地下に玩具の卸売の店がある。バッタもんも多いけど。 お約束の牌坊。しかし、道路標識多すぎ。現在、この通りは車両通行止めのはずである。 牌坊をくぐり、麗水路を先に進む。 麗水路と福祐路の交差点あたり。如何にもという感じの商店が並ぶ豫園を代表する景色の一つ。 ぐるっと一回りする。 麗水路をそのまま南進する。ここより麗水路は旧校場路と名を変える。左側はレストラン、薬局などの老舗系、右手はお…

続きを読む

世紀大道、第一八佰伴,陸家嘴 4

2012年5月の散策の様子。 地下鉄「世紀大道」駅周辺 Google Earth 2011年11月 2017年5月 地下鉄に乗り、「世紀大道」駅で降りる。地下構内の様子。 12号線出口より地上に出る。世紀大道より南向き・世紀公園側を眺める。 東に向きをずらす。世紀大道越しに重機が見える。このエリアには後に「浦東世紀大都会」が建設される。 張楊路との交差点側に視線を向ける。左には梅園高層小区のマンションが見える。 地下鉄「世紀大道」駅12号出口の様子を世紀大道から南東の方角、世紀公園を見る向きで眺める。右手塀で囲まれたエリアには後に「世紀匯広場」が建設される。右に高層マンション「爵士大廈」が見える。 南に少し向きを変えると重機が見える。この「世紀匯広場」と先程見た「浦東世紀大都会」、ほぼ同時期に建設が始まったが、2009年見たときとあまり変わらない、工事が進んでいない感じがする。 ちなみに、どちらも名に「世紀」と付くので、同じデベロッパーかと思いきや、「浦東世紀大都会」は上海百联集团と上海陆家嘴集团のJV。上海百联集团は国有企業で、あの第一八佰伴(ヤオハン)、东方商厦、第一百货商店、永安百货などの百货店を傘下に持つ。また联华超市、华联超市などのスーパーマーケットも系列である。中国企業500強の25位。 片や,「世紀匯広場」は香港最大の企業集団である李嘉誠さん率いる長江実業集団によるもの。李嘉誠さんは2014年のフォーブス…

続きを読む

もっと見る