五角場

2011年11月、楊浦区の五角場を訪れた時の様子。五角場は前年2010年に地下鉄10号線が開通している。また、中部環状道路「中環路」は五角場広場の中央を東西にぶち抜いて走っている。 五角場の地図。 写真が少ないのでGoogle Earth先生の手を借りる。 2000年5月の五角場周辺の写真。五差路(五叉路)の様子が良く分かる。この頃、東西を走る(やや斜めだが)翔殷路、邯郸路の北側には民家が密集している。高層ビルといえば広場の北東に位置する「沪東金融大廈 」くらい。 2017年8月の様子。翔殷路、邯郸路に沿って「中環路」(高架道)が走っている。広場中央の防音壁も見える。 五角場はその名の通り、翔殷路、邯郸路、黄兴路、 淞沪路、四平路がサークル状に交差する五差路(五叉路)である。 四平路から五角場広場の中心方向を眺める。右手には「東方商厦」、左手には「苏宁生活广场」。中央奥にド派手な防音壁に囲まれた「中環路」。その奥が 巨大な液晶ディスプレイが見える「百联又一城购物中心」。 「苏宁生活广场」の様子。 五角場広場の方角に進む。 さらに進む。 五角場広場の手前まで来る。「中環路」が走っているところが五角場広場の中央、奥に「百联又一城购物中心」、その右に2000年5月にはすでに建っていた「沪東金融大廈 」が見える。中央に地下街入口がある。 五角場広場にたどり着く。防音壁に囲まれた「中環路」が確かに真ん中をぶち抜いて走ってい…

続きを読む

四川旅行 楽山大仏・峨眉山

2011年5月 四川旅行 黄龍・九寨溝の続き。「峨眉山と楽山大仏」として世界遺産に登録された四川省楽山市にある楽山大仏と峨眉山市の峨眉山を訪れた時の様子。 楽山大仏の位置。成都から約100kmの距離。 楽山大仏の周辺 楽山大仏は長江の支流である岷江(びんこう)、大渡河が合流する地点の岸壁に彫られた弥勒菩薩を象った巨大な磨崖仏(石仏)。石窟寺院の一種でもある。その大きさは高さ71mあり、奈良東大寺の大仏の5倍と言うから如何に大きいかが分かる。古文書の言い伝えによると713年より彫り始められ803年に完成したという。当時は13層の木造の建造物に覆われていたということだが、明代末期に建物は焼失し、現在の姿になったという。 楽山大仏の入門口。樹木に覆われている。 楽山大仏景区の案内板。 龍の口から流れ落ちる湧き水。右にあるのは龍の手?足? 兜率宮。兜率天(とそつてん)は仏教用語で三つある天界のうちの六欲天の一つで第4番目の天である。お釈迦さまの前世が兜率天であったということらしい。随分と膨よかな天人様だ。 さらに門を潜って中に入る。 中に入って少し歩くと見えてくる凌雲寺。中は天王殿、大雄殿、蔵経楼の3重式四合院により構成されている。この寺院の隣に大仏様が座っておられる。 出たぁ〜。でかい! 横から見ると視線がなんかユーモラスだ。左上に写っている人と比べると、如何に大きいかお分かりでしょう。 上半身。繊細さはないが、デカさに圧倒され…

続きを読む

四川旅行 黄龍・九寨溝

2011年4月 四川省黄龍・九寨溝を観光した時の様子。 以前、この地へのアクセスは、成都から450kmの距離をひたすら10時間近く、バス・車で揺られるしか交通手段はなかったが、2003年に九寨黄龍空港ができたお陰で概ね2時間以内で行けるようになった。中国屈指の観光地であるが、今年8月の大地震で、「火花海」、「諾日朗の滝」、「箭竹海」などの観光名所が大きな被害を受けたと聞く。あれから3ヶ月以上経ってはいるが、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。また、早く復興されることを願います。 まずは黄龍風景名勝区の位置。 黄龍風景名勝区周辺。 拡大地図。 ロープウェイで一気に3200mの高さまで登る。そこから五彩池まで約2kmくらい山道を歩くことになる。振り返ると雪を抱いた山並みが見える。 黄龍風景名勝区全景の案内板。少し見辛いが、地図上の上側にある赤い丸点が現在地。最も高いところにある五彩池の近くまで来た。 黄龍古寺。皆さんここで記念撮影。 山の麓に何か工事中のようなものが見える。そう、あれがチベットの五色の祈祷旗であるタルチョーです。 いよいよ棚田のようなプールが見えてきた。五彩池だ。 溶けた石灰が堆積して形成された大小のプールが棚田状に連なり、エメラルドグリーンの水が美しい。 ここを起点に約3,400個、約7kmにも渡ってこのプールが連なっている。 右に見える場所が写真撮影の絶景のポイントらしい。 その絶景…

続きを読む

もっと見る