人民広場 7 南京東路

2009年5月 南京東路、人民広場を散策した時の様子。この日は5月1日の労働節(メーデー)を含む黄金節(中国版ゴールデンウィーク)の週、国旗の飾り付けをあちこちで目にする。 南京東路の地図。 南京東路歩行街をぶらつこうと、地下鉄2号線に乗って「南京東路」駅で下車。上海置地広場あたりから人民広場方向を眺めると見えてくる百联世茂国際広場。触覚を持つ昆虫にしか見えない。右に「亨得利(Hengdeli)钟表」、「吴良材眼镜」の看板が見える。前者は腕時計、後者は眼鏡の専門店、どちらも100年を超える老舗である。 人民広場方向に進んでから振り返る。左は先程見た老舗2店舗。右には牛丼の「吉野家」が見える。「吉野家」だって負けていない、創業100年を超える。 さらに進んで世紀広場あたりから撮影。中央はUFOが降り立ったような上海新世界丽笙大酒店(ラディソン・ブル・ホテル 上海 ニューワールド) 。 もう少し進むと、右サイドに無添加化粧品「FANCL(ファンケル)」の看板を掲げる上海时装商店(先施大厦)が見えてくる。古代ローマ風建築が人の目を惹きつける。ここも100年近い歴史がある。 右手はその上海时装商店だが、上海世博会の公式マスコット「海宝(ハイバオ)」君が半分に裂けてしまった。左は永安百貨、現在は百联集团系列。こちらも創業100年を超える。 振り返って世紀広場方向を見る。 联世茂国際広場の前から振り返る。左サイドの看板の中で1914年創業の「亨达利(Heng…

続きを読む

七宝古鎮 2009

2009年8月 上海市内にある水郷の古鎮 七宝鎮を訪れた時の様子。七宝鎮は上海市の西側、虹橋空港にほど近く、恐らく市内から最も近い水郷風景が見られる古鎮。こじんまりとはしているが、市内からの交通アクセスも良く、お薦めである。過去何度か訪れていたが、今回改めてご紹介したい。 地下鉄9号線「七宝」駅で下車し、徒歩10分くらいの距離。 入り口にある立派な牌楼。「七宝老街」書かれている。 入り口の広場の様子。 古鎮内に入ると商店がびっしり立ち並ぶ通りを進むことになる。 土産物屋さんやテイクアウトの食べ物屋さんが多く並ぶ。 一段と狭くなる。 さらに進むと広い通りになり十字路にぶつかる。そのまま真っ直ぐ進むと浦汇塘(水路)を渡って南側のエリアに出る。右へ行けば西北街、左は北東街。 橋の上から北東側を見る。アーチ型の橋、水面に映る様子が、いかにも水郷風景を醸し出している。 橋を渡りそのまま進む。特産品を扱う販売店、土産物屋が続く。 そのまま進むと富強街、横沥路にぶつかるので、横沥路を引き返す。 横沥路にかかる橋より西北側を見ると、先程渡った橋が見える。奥のマンション群が少し残念。 橋を渡って浦汇塘沿いに北東街、西北街を歩くと蒲渓坊というゲートにでる。 そのまま歩行街を歩いて帰路につく。 つづく

続きを読む

雲南旅行 3 麗江古城

雲南旅行 2 麗江周辺の続き。 いよいよ今回の旅の目的地の一つ麗江古城に向かう。時は2009年5月。 玉河広場近くの麗江古城の入り口。 麗江古城案内板。 水車に出迎えられ、いよいよ古城内に入る。 古城内を南北に貫く新華街を歩く。古城内は新華街以外にも幾多の小道が入り組んでいる。Google Mapを最大まで拡大しても、小道そのものが出てくないくらい、細い通りということ。 新華街をずんずん進んでいく。 脇の小道。定番の白い壁と石畳。 新華街から別の通りに入る。 こんな感じの通りが続く。もうどこを歩いているのか分からなくなる。 香格里客桟とある。これはユースホステル。 もうどこの通りなのか分からないので、写真だけどんどん貼り付ける。 土産物屋さんやレストランが連なる。 少し広い通りに出る。 とにかく城内はえらく広く、どこをどう歩いて出口を出たのか、今となっては全く記憶がない。とりあえず古城の最後の写真。 帰りのバスからの周辺の風景。 つづく

続きを読む

浦東・商城路

2009年8月の浦東・商城路(第一八佰伴裏側)周辺の様子。 急ピッチで地下鉄9号線の工事が進められている。 商城路周辺の地図。 商城路と南泉北路の交差点から陆家嘴方向を眺める。左は上海环球金融中心(上海ワールドフィナンシャルセンター)、その右に世界広場。その手前のスペースは後に建設される「浦東金融広場」や 地下鉄9号線「商城路」駅。第一八佰伴(ヤオハン)に、最も近い地下鉄駅ということになる。この時期には、まだ、整地されておらず、集合住宅が見て取れる。 西に少し向きを変え、広角で撮影。 さらに西を向く。左のビルは浦東南路沿いの東泰大楼の南楼と北楼。 商城路の様子を眺める。 商城路を西に進み、振り返って北東の方角を眺める。右は陆家嘴1885广场。老房子を残した飲食店街。左の赤い屋根の集合住宅は古くはなさそうではあるが、間も無く取り壊される。 商城路を西にさらに進み、浦東南路との交差点付近より商城路を振り返る。右側が第一八佰伴側。右手前より新梅聯合広場(ツインタワー)、内外联大厦、良友大廈などなど。 半年過ぎた2010年1月の商城路の地下鉄工事の様子。掘っていた部分が埋め戻され、駅の案内板も出来上がっている。9号線は2009年12月に「世紀大道」駅まで開通している。 埋め戻されてはいるが、まだコンクリ打ちっぱなし状態。まだ交通規制が掛かっている。 商城路と浦東南路の交差点の様子。すでに「浦東金融広場」の…

続きを読む

浦東 三林路

上海世博会まで残り1年を切った2009年5月の浦東・三林路周辺の様子。 世博会会場から少し距離はあるが、この周辺も急ピッチで道路インフラ整備が進んでいる。 現在の地下鉄11号線「三林」駅周辺である。 上南路と三林路の交差点からスタートする。交差点より北東の方角を見る。 東南の方角を見る。この辺りが11号線「三林」駅。 三林路を曲がった辺りの様子。 三林路は片側1車線の通り。 道路拡張工事が行われている。 さらに進む。 さらに進むと三林中学が見えてくる。 さらに進むと、工場の煙突が見えてくる。 灵岩南路を右に折れそのまま進むと、上海市内を一周する環状道路「中环路(中環路)」の工事現場に出る。この下が华夏南路。 「中环路(中環路)」の高架を潜りそのまま灵岩南路を進むと楊南路と交差する所に道教の寺院がある。「崇福道院」というらしい。建造は1120年、上海で現存する主要道院の一つ。 院内に入れるようなのでお邪魔する。 仏教系寺院のカラーは黄色だが、道教はまさにこのカラー。 周辺の様子。 つづく

続きを読む

世紀大道、第一八佰伴,陸家嘴 3

2009年5月 時間が取れたので連チャンで地下鉄世紀大道駅周辺を訪れたのでその時の様子。次の訪問は2016年12月まで間が開くので、その時の写真も一緒にご紹介したい。 前回の世紀大道、第一八佰伴,陸家嘴 2はこちら。 地下鉄世紀大道駅周辺の地図。 世紀大道、東方路、張陽路の六叉路交差ポイント。張陽路西側より東方路、世紀大道との交差ポイントを撮影。写真には写っていないが、右に折れると東方路、右手に見えるのが世紀大道、左手に直進すると張陽路という地点。 世紀大道の陸家嘴側。中央は上海環球金融中心(上海ワールドフィナンシャルセンター)。 左は锦江汤臣洲际大酒店(インターコンチネンタルホテル)、その隣に建設中の東方金融広場。 世紀大道の東南側、世紀公園方向。後年、右手に世紀匯広場、左手に浦東世紀大都会が建設される。2009年当時は、重機が入って間もない頃。 張陽路東側、右手が世紀大道。このエリアが浦東世紀大都会の建設現場。 世紀大道と東方路に挟まれたエリア。ここが世紀匯広場の建設現場。中央に爵士大廈が見える。その手前に地下鉄世紀大道駅の入り口が見える。 東方路側より同じエリアを撮影。左側が世紀大道。 東方路と潍坊路の交差点。 さて、2016年12月の写真をお見せしたい。 世紀大道と潍坊路の交差ポイントから陸家嘴方向に目をやるとすでに開業している浦東世紀大都会が見える。 2009年5月の様子…

続きを読む

もっと見る