第一八佰伴周辺 14

2007年8月 商城路、第一八佰伴周辺を散策したときの様子。 第一八佰伴周辺の地図。 2008年4月のGoogle Earth 商城路と浦東南路の交差点より、商城路の東方向を望む。地下鉄工事のため重機が作業をしている。右側は手前より「新梅聯合広場(ツインタワー」)、「内外联大厦」、「良友大廈」など。左側は後に「浦東金融広場」が建設されるが、まだ民家が残っている。写真を見て気づいたのだが、「新梅聯合広場」の左隣り、「内外联大厦」との間にマリオットホテルのような看板が見える。Google Mapで見てもここには出てこないので、当時はあったが、撤退したのか?調べるとマリオットホテルは上海だけでも15軒くらいある。コードヤードは知っていたが、ルネッサンス、ザ・ポートマン・リッツ・カールトンもマリオット系列だったというのを初めて知った。 そのまま北に少し角度を変える。左側には古そうな民家、低層階のアパートなどが見える。冒頭の2008年4月の航空写真でもアパート、民家が残っている様子が見て取れる。その遥か後ろに浦東大道沿いに建つ「上海海神诺富特大酒店(ノボテルホテル)」が見える。 それから9年後、2016年9月の「浦東金融広場」の建設の様子。ほぼ出来上がってきている。 右に「新梅聯合広場」。 左から「世界広場」。 さて、再び2007年。「第一八佰伴(ヤオハン)」前に移動する。浦東南路に架かる歩道橋から北側を望む。右が「新梅聯合広場…

続きを読む

世紀大道から車で浦東空港まで

少し時間を遡る2007年1月 世紀大道から龍陽路、龍東大道を経由して浦東空港まで車で走行した時の車窓からの風景。 世紀大道と楊高南路の交差するロータリー周辺 陆家嘴より世紀大道を走行する。楊高南路との交差点に差し掛かる手前にある建設中の東方希望大廈。 楊高南路との交差するロータリーにある奇妙な日時計のオブジェ「东方之光」。その後方に見える半球状の建物は「上海东方艺术(芸術)中心」。この先が世紀公園。 世紀大道を右折し、楊高南路を走行する。現在、この辺りは高架化の工事で大変なことになっている。 花木路に差し掛かる。 花木路を曲がってそのまま走行。 「龍陽路」駅周辺。 白楊路を走る。ドイツ系大型マーケット METRO メトロ(麦徳龍)の看板が見えてきた。 龍陽路に出る。このころはまだ内環高架路は建設されていない。調べてみたら浦東のこの辺りの建造は2009年12月に完成とあった。「龍陽路」駅舎建設中。 龍陽路を左折する。 METRO メトロ(麦徳龍)の正面が見えてきた。 その隣のホームセンター 百安居(B&Q)。10年経過した現在でもMETRO、B&Qは健在。 その先を進むと左側に見えてくる上海新国際博覧中心。浦東最大の展覧会・博覧会会場。建物は2009年頃には完成していたようだが、実際の杮落としは2013年とのこと。 通りの名は龍陽…

続きを読む

浦東 高科西路

2007年12月 浦東・高科西路を訪れた。 世博会会場に隣接し、ちょうど地下鉄7号線の工事が進められている。また、地下鉄6号線の試運転が開始されたので併せて見学しに行った。 高科西路については、世博会会場 浦東 1でも取り上げた。 周辺の地図。 2006年11月の様子。東明路にはまだ橋が架かっていない。 2017年3月の様子。東明路には立派な橋が架かった。また、高科西路は片側1車線の通りだったが、片側5車線もある立派な大通りになっている。西へ向かうと西蔵南路隧道に直結する。 2007年12月 浦東南路と高科西路の交差点付近でバスを降りる。交差点付近、浦東南路の地下鉄工事の様子。 浦東南路から高科西路を曲がり東方向にずんずん進む。東明路の手前で地下鉄7号線の工事現場に遭遇。車両は通れそうにない。ご覧の通り、片側1車線の通りである。 来た道を振り返る。 北側の様子。 掘削現場に近づく。 南側を撮影。右の三棟は東明路沿いに建つ紫竹華庭。手前のスペースには、後に、如家快捷酒店、上海市実験学校剣橋教育中心が建設される。剣橋って何かと思ったら、ケンブリッジのこと。そのまんまだ。 右奥はすでに建設されている上海实验学校の校舎。 レンガの向こうが東明路。その向こうの住宅群は博爱家园。 東明路との交差点にでる。東明路の南側の様子。 交差点の角にある地下鉄6号線「高科西路」駅。奥は博爱家园。 交差点の北西の方角。 …

続きを読む

世博会会場 浦東 3 地下鉄8号線

世博会会場 浦東 2 上南路の続き。時期は2007年8月。上海世博会まであと3年というタイミング。 世博会会場周辺の地図。 Google Earth 2006年11月の様子。撮影した時期の半年前の様子。2つの赤い星印の間を移動した。 2010年11月 世博会開催中の様子 2017年2月 最近の様子 さて、世博会会場 浦東 2 上南路の続き。上南路と博成路の交差する辺りから南の方角を撮影。右は耀華路沿いに建つ上南花城。 東南の方向で上南花城の全景が見える。手前にあるのは世博源の基礎工事と思われる。前回より世博源と書いていたが、世博会の開催時はちょうど中心に位置する建物「世博軸」(英語名 Expo Axis)であった。2014年、ショッピングモール「世博源」として生まれ変わった。上海市観光局のオフィシャルサイトによれば、「世博源」の公共スペースは、「水」をテーマに南北に貫いてデザインされている。メイン建築物は、北から南にグルメ、トレンド、ファッション、快適生活の4つの主題エリアに分かれ、訪れる人々にショッピング、飲食、レクリエーション、レジャー、文化、展示を一体とした全天候、ワンストップ式の消費サービスを提供する。」とある。今、目にしているのは、生まれる前の姿である。 この先はさすがに進めないようなので、引き返すことにする。 上南路を振り返る。 上南路を戻る。 来た道を振り返える。 上南路をずんずん戻る。 地下…

続きを読む

世博会会場 浦東 2 上南路

世博会会場 浦東 1 世博会会場 浦東から浦西へ の続き。時期は2007年8月。 周辺の地図。 連チャンで世博会会場の工事の様子を見に行った。昨日は雲台路を攻めたので、本日は通り一本西側を走る洪山路からメイン通りである上南路を攻める予定でいる。工事中なのでどこまで入れるか疑問ではあるが。 さて、写真は浦東南路と洪山路の交差点から、洪山路の西側を撮影。車両は通行止め、歩行者のみ先に進める。 洪山路の南側(写真左手)には郵便局。 浦東南路の南側。この先が上南路。ロダンの考える人かと思いきや、バイクに乗る人だった。 浦東南路の北側。昨日歩いた雲台路はこの先。 さあ、洪山路を西(会場側)に進むとする。青いフェンスで囲われた部分を上から覗く。何かを隠しているわけではない。 歩いたてきた道を振り返る。中央に見える赤い屋根の低層住宅群は上南一村。右隅は郵便局の建屋。 先に進む。フェンスの設置が随分甘い。これでは不届きものが中に入れてしまう。 そこで、フェンスの中に入って、侵入してくる輩を注意することにした。不届きものは私かも知れないと一瞬頭をよぎる。そんなことは気にしないで浦東南路を振り返る。取り残された赤い消火栓が存在をアピールしてくる。 先を進む。右手は雪野二村の住宅群。世博会会場に隣接するここの住人は毎日ロハで会場が見れることになる。 さらに進む。何の建物も見えない、だだただだだっ広い敷地が広がる。 微かに奥の方に建屋が見え…

続きを読む

世博会会場 浦東から浦西へ

世博会会場 浦東 1の続き。時期は2007年8月。 周辺の地図。 Google Earth 2006年11月 世博会会場の解体撤去が終わり、これよりまさに各国パビリオンの建設が始まる。 Google Earth 2017年2月 上海世博会から7年経過した現在の様子。各国パビリオンは一部は再利用されてはいるが、大方は撤去されている。 前回の続き。一旦、浦東南路に戻り、雲台路との交差点から北側をみる。地下鉄7号線の工事真っ最中。この辺りが「雲台路」駅。 右は浦東新区外地労動力管理所。 反対側を見る。左のマンション群は雲台苑。 雲台路を西向きに撮影。左は雪野家園。この先は行き止まり。 バスに乗って南浦大橋を渡り、世博会会場の様子を撮影することにした。ガラス越しのため、見難い点はご容赦を。 この辺りが後に上海世博展览馆が建設される。右の高層マンション群は上南花城。 本当に何もまだ建っていない。 区画整理がまだ進んでいないが、左の通りが世博大道と思われる。 左手に世博中心が建設される用地が見えてくる。 黄浦江に差し掛かる。 橋の中間点あたり。 浦西に入る。 浦西側はまだ倉庫などが残っている。その先、クレーンが連なる地点は江南造船所か。 つづく

続きを読む

もっと見る