人民公園周辺

2006年8月に訪れた南京西路の通り一つ北側を走る鳳陽路(凤阳路)の様子。新世界商務楼や锦江国际饭店の裏側、北京西路側になる。 2006年8月 黄河路にほど近い鳳陽路の様子。南京西路から通り一つ入っただけだが下町溢れる感じがする。 南京東路歩行街方向を眺める。2本の触覚が伸びる百聯世茂国際広場が見える。 この右手に新世界商務楼や上海新世界麗笙大酒店がある。 中央は金甌万国大廈(南門)。左の建屋は間も無く解体撤去となるのだが、解体後ほぼ10年放置される。 右は華盛大公館, 中央は中華保険華盛大廈 新昌路を曲がる。 南京西路にでる。左の時計台のある建物は上海美术馆旧址。 建設中の創興金融中心。奥は南京東路歩行街方向、百聯世茂国際広場、来福士広場が見える。 南京西路から百聯世茂国際広場を眺める。 左に新世界商務楼が見える。 振り返ると明天広場がお出迎え。 本日はここまで。 つづく

続きを読む

第一八佰伴周辺 12

2006年5月 第一八佰伴周辺を訪れた時の様子。 周辺の地図。 張楊路から建設中の中融恒瑞国際大廈を見る。 その左奥は华润時代広場、右は第一八佰伴。その奥に建設中の鄂爾多斯国際大廈。 張楊路から建設中の中融恒瑞国際大廈を振り返る。ツインのオフィス棟、6階までのショッピングモール部分もほぼ完成している。 第一八佰伴前から鄂爾多斯国際大廈と上海湾。鄂爾多斯国際大廈は英語名ベイオードスビルディングというらしい。 張楊路から西方向 復興東路隧道を見る。右は上海湾。 横の歩道橋を登って撮影。左奥は湯臣商務中心大廈。 浦東南路より鄂爾多斯国際大廈と上海湾を撮影。その奥は中融大廈。 第一八佰伴前の歩道橋より鄂爾多斯国際大廈を見る。ビル手前の2階建店舗はこの時点でもまだ残っているが、1階部分は一部立ち退きが始まっているようだ。 張楊路から東側を見る。华润時代広場と中融恒瑞国際大廈。 左は第一八佰伴、奥に円柱形の生命人寿大廈。 浦東南路から北側を見る。世界広場。右隅は新梅聯合広場(ツインタワー)。 右 第一八佰伴、その隣 新梅聯合広場(ツインタワー)。 2006年8月 再び第一八佰伴周辺を訪れた時の様子。 張楊路と南泉北路との交差点より建設中の鄂爾多斯国際大廈と上海湾を見る。右は第一八佰伴周辺。 第一八佰伴より上海湾を見る。 屋根が特徴的。 張楊路に架かる歩道橋から眺め…

続きを読む

金融の中心 陆家嘴 6

金融の中心 陆家嘴 5の続き。 2006年1月 正月明け、陆家嘴を訪れた時の様子。 浦東南路から見た金茂大厦と手前が建設中の上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)。元々は2001年完成を目指し、1997年10月に基礎工事が始まったが諸事情で中断、建築計画をパワーアップし2004年11月より工事再開。 浦城路から見た金茂大厦と手前が建設中の上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)。 浦城路から建設中の盛大金磐を見る。 2006年8月 建設中の上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)を見上げる。 建設中の盛大金磐を見る。右端は金茂大厦、左の重機は建設中の上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)。 世紀大道から見た建設中の上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)、奥は金茂大厦。中央は中銀大厦と東方明珠、右は浦发大厦、上海信息大楼。 2007年1月 正月明け、陆家嘴を訪れた時の様子。 曇りがちの1日で上空は霞んでいる。建設中の上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)の工事の様子。 浦城路から金茂大厦と仁恒滨江园と一緒に。 2007年8月 雨が降ったり止んだりの1日。上海环球金融中心(上海ワールド・フィナンシャル・センター)はずいぶん高くなってきたが、上部は霧に霞んで見えない。 なんとか上…

続きを読む

南市 上海文廟、大境閣

2006年 正月三ヶ日明けに南市を訪れた。中国は旧正月なので、正月を祝うことはないが、それでも新暦の新年を迎え新しい看板に付け替えたフレッシュさと旧暦の正月を迎える慌しさがごっちゃになった感じが心地よい。 まずは、西蔵南路から徽宁路を曲がるところからスタート。 西蔵南路から徽宁路を曲がり北東方向に少し歩いた。恐らくこの辺りは再開発で大きく姿が変わったと思われる。 赤い横断幕があったので、てっきり再開発のことかと思いきや、防犯につとめ、窃盗に注意というような内容。年末に向けて防犯意識を高めようということか。 肉屋のトラック発見。熊さんマークだ。 南車站路を越えてそのまま進む。撮影時通りの名を残していなかったので、正確にはわからないが、迎勋路だと思う。 そのまま北上する。 陸家浜路を越え、江陰路にでる。 大興路と江陰路の交差点付近で見かけた「東海青鰻」と書かれた鰻?を扱う魚屋さん。普段このように店は見かけないので、正月頃(旧正月前)の風物詩なのでしょうか。海の青鰻とあるので鰻なのだろうけどえらくでかい。この大きさで味が鰻なら申し分ないが、何せ海育ちなのでどうなんでしょう。調べて見ると、別名「海鳗鱼」、そのままですがな。加工すると「鳗鱼鲞」、開いて干した鰻の意。塩で漬け込んでいるわけではないが、正月なので日本で言うところの新巻鮭みたいなもの?。 解体作業中。これだけ並べて干しているところは見たことない。 手前には原型が。やはりでかい。 …

続きを読む

浦東 塘橋 4

浦東 塘橋 3の続き。 Google Mapで場所を確認。 2006年8月 浦電路を東向きで。右は建設中の由由国际广场(ショッピングモール 巴黎春天)。奥に見えるのは上海交通大学医学院附属仁済医院。 浦電路を浦東南路まで歩き振り返る。右端は建設中の上海浦东喜来登由由酒店(上海浦东シェラトン)と由由国际广场。高層ビルはの由由国际广场のオフィス棟。 歩道橋に登って同じ方角を見る。 左側に広がるスペースは地下鉄4号線「塘橋」駅。4号線は2005年12月に一部開通(「大木路」駅〜「藍村路」駅間)したが、2003年に起きた黄浦江のトンネル工事中の事故のため、「塘橋」駅含む黄浦江を通過する路線の開通は2007年まで待たなければならない。上から見る限り、用地の穴掘りはすでに終了している。 東桜花苑の看板はまだ健在。 4年前2002年はこんな具合。地下鉄工事真っ最中。 浦電路の南泉路側より西方向を見る。この先が浦東南路との交差点。 建設中の新塘橋生活広場を見る。 浦東南路まで歩き歩道橋より新塘橋生活広場を振り返る。 2005年1月はこんな具合であった。 浦東南路の北方向。 建設中の中錦広場は依然放置状態。 塘橋新路の様子。浦電路は浦東南路より西側は塘橋新路と名が変わる。左は上尚商廈。 つづく

続きを読む

第一八佰伴周辺 11

第一八佰伴周辺 10の続き。 周辺の地図。 2006年1月 張楊路と南泉北路の交差点、右は建設中の中融恒瑞国際大廈。奥は円柱形の生命人寿大廈。 張楊路から建設中の鄂爾多斯国際大廈を見る。右隅は第一八佰伴。 鄂爾多斯国際大廈と右は中融大廈。 浦東南路から北方向を見る。右は第一八佰伴。奥は新梅聯合広場(ツインタワー)。 張楊路から東方向を見る。右は华润時代広場、左は第一八佰伴。 張楊路から反対側の復興東路隧道を見る。右は建設中の上海湾。 張楊路を東に進む。グリーンのネットで囲まれた改装中のビルは、第一食品商店が入る三鑫世界大廈と食品城(飲食店街)が入ることになる華誠大廈。その右隣は福興大廈、福使達大廈、右端は上海锦江汤臣洲际大酒店(インターコンチネンタルホテル)。その間に円柱形の生命人寿大廈がすらっと聳えてる。 建設中の中融恒瑞国際大廈を東側より撮影。 浦東南路の世紀広場前から南を見る。左は新梅聯合広場(ツインタワー)。 浦東南路から建設中の上海湾を見る。 上海湾の右隣の鄂爾多斯国際大廈。 浦城路から上海湾の様子を見る。左は菊園。中央が鄂爾多斯国際大廈。 つづく

続きを読む

もっと見る