浦明路から 陆家嘴、第一八佰伴前

2005年7月、黄浦江沿いの浦明路周辺や陆家嘴、第一八佰伴(ヤオハン)を見学しに行ったときの様子。陆家嘴の南側リバーサイドエリアは上海でも屈指の超高級エリアで、1平方メートル(m2)=300万円は下らないだろう。100m2なら3億円、いや、もっとするかもしれない。しかも、このクラスのマンションは200m2以上、300m2越えも普通なので、値段は推して知るべし。どうです、買えますか、この値段。庶民とは程遠い超高級住宅エリアである。 第一八佰伴から浦明路まで歩く。まずは浦明路と启新路の交差点辺りから南向きで撮影。左は「江臨天下」、右は建設中の「财富海景花园」。その奥に張楊路に建つ湯臣商務中心大廈(トムソンサービスアパートメント)、さらに奥が「世茂滨江花园」。 「江臨天下」の様子。 商城路と浦城路の交差点まで歩き、北向き・陆家嘴方向を撮影。右は「仁恒滨江园」、中央奥は建設中の「财富海景花园」。金茂大厦が顔を覗かせている。 商城路と浦明路の交差点付近から「江臨天下」を望む。 少し西に向けると建設中の「财富海景花园」。 東に向けると左に「仁恒滨江园」。 浦明路の北側を望む。「仁恒滨江园」とその間から金茂大厦、半分だけ東方明珠。 東昌路周辺の地図。 浦明路の左側、黄浦江側は建設中の「财富金融広場」。 その「财富金融広場」の様子。 この辺りは「申迪集团」の低層階の事務所棟オフィスのようだ。 浦明路の北側には建設中の「中粮·海…

続きを読む

第一八佰伴周辺 10

第一八佰伴周辺 9の続き。 2005年4月 第一八佰伴の隣、新梅聯合広場(ツインタワー)。だいぶ出来上がってきた。 浦東南路より华润時代広場を撮影。奥は建設中の中融恒瑞国際大廈。 2005年5月 浦東南路の北方向、右は第一八佰伴、左は中融大廈。 浦東南路を北に進む。 中融大廈ほぼ出来上がる。 張楊路から東方向をみる。右は华润時代広場、左は第一八佰伴、奥の円柱形のビルは生命人寿大廈。 中融恒瑞国際大廈が見えてきた。 張楊路を東に進み、中融恒瑞国際大廈を見る。 さらに進んでショッピングモール部分を見る。 第一八佰伴から。 張楊路から新梅聯合広場(ツインタワー)方向をみる。この角度から見えるのは1棟だけ。手前は第一八佰伴。奥に世界広場。 張楊路から北西方向を見る。中融大廈と菊園。手前は、基礎工事中の鄂爾多斯国際大廈と上海湾。 歩道橋に上がり、同じ角度から鄂爾多斯国際大廈と上海湾の基礎工事の様子見る。 浦東南路の歩道橋より鄂爾多斯国際大廈の工事の様子を見る。奥は世茂滨江花园。 同じ場所、2005年1月の頃はこんな具合。 2005年5月に戻って、少し南に向きを変える。 鄂爾多斯国際大廈の手前にはまだ2階建ての建屋は健在。 浦東南路に架かる歩道橋より2階建の建屋をみる。 第一八佰伴前の広場より西をみる。中央は菊園、奥は江臨天下。 …

続きを読む

浦東 塘橋 3

浦東 塘橋 2の続き。 まずはGoogle Mapで塘橋の場所を確認。 2004年8月のGoogle Earth。上海浦东喜来登由由酒店、由由国际广场の建設予定地が整理され、間も無く工事が始まる。 2005年1月 浦東南路と浦建路の交差点に架かる歩道橋から浦建路の東側を撮影。左は建設中の新塘橋生活広場、その手前の用地の下に地下鉄4号戦の塘橋駅ができる。 浦建路の真上から。東桜花苑の看板は健在。 中央の煉瓦色したビルが東源大廈。 浦建路の反対側、塘橋新路をみる。左はすでに開業している上尚商廈。開業当初1階に徳克士(Dicos)が入居していたが、現在はマクドナルドに変わっている。上島珈琲店は現在も健在。 浦東南路の北側。 建設中の中錦広場は進捗なし。その右隣が新塘橋生活広場。遅れて建設が始まったが、先に完成しそう。 ちょっと傾いてます。ご容赦を。 歩道橋から降りて地上より浦東南路の北側を撮影。 2005年7月 浦東南路と浦建路の交差点に架かる歩道橋から浦建路の東側を見る。上海浦东喜来登由由酒店、由由国际广场の工事が始まった模様。重機が見える。 浦建路の真上から。東桜花苑の看板は健在。 地下鉄工事はまだ続く。 建設中の新塘橋生活広場はだいぶ出来上がってきた。 浦東南路の北側。相変わらず中錦広場の建設は止まったまま。 つづく

続きを読む

第一八佰伴周辺 9

第一八佰伴周辺 8の続き。 時は2005年1月。まずは、Google Mapで場所を確認。 Google Mapで場所の確認。 2004年8月のGoogle Earth。 2005年1月 第一八佰伴の正面、中融大廈の横の鄂爾多斯国際大廈の基礎工事が始まっていた。右は菊園、奥は世茂滨江花园。 同じポイント 8ヶ月前の2004年5月頃の様子。 時代は2005年1月に戻り、基礎工事の様子を南側より見る。後方は菊園。 西にカメラを向ける。鄂爾多斯国際大廈(Erdos International Mansion)に隣接する、張楊路に沿って建設中のショッピングモール「上海湾」。 「上海湾」建設用地を歩道橋から地上に降りて撮影。右手が菊園。張楊路沿いにあった商店は完全に撤去され壁が出来上がっている。歩道橋も新設されていた。 同じ場所 2年前の2003年1月の様子。こんな感じで商店が連なっていた。 時代は2005年1月に戻り、第一八佰伴前から建設中の新梅聯合広場(ツインタワー)を望む。第一八佰伴のオフィス棟より高くなってきた。 お待たせしました「復興東路隧道」開通です。 8ヶ月前 2004年5月はこんなんでした。 張楊路にかかる橋より東側を見る。右は华润時代広場、左は第一八佰伴。 8ヶ月前 2004年5月はこんなんでした。何かのんびりやってるようで、意外に進捗は早い。 浦東南路に架かる歩道…

続きを読む

世紀大道駅 六叉路交差点 5

世紀大道駅 六叉路交差点 4の続き。 前回も取り上げた2004年2月のGoogle Earth。 一連の地下鉄、地下立体交差の工事が終息していることが見て取れる。 さて、撮影は2004年5月。 张杨路の西側(第一八佰伴側)より六叉路交差点を撮影。右に曲がると東方路。 東方路北側より交差点をみる。右は湯臣金融大廈、中央2棟目が上海红塔豪华精选酒店(セントレジスホテル)、左は爵士大厦。 张杨路と東方路の角より南方向を見る。 東方路を北に向かって歩いてから交差点方向を振り返る。地下立体交差への出入り口の様子。中央は湯臣金融大廈。 それから1年後の2005年5月の様子。写真に日付が出力されてしまい、見辛く恐縮です。 张杨路より東方路へ抜ける右折専用線。 東方路北側のマンション群。 東方路南側。 工事が終わり、なんてことのない普通の交通量の多い交差点に戻ってしまったため、この場所への興味は失せてきてしまった。大型工事が始まるのは今より約10年後ということになる。 さて、ここで写真撮影から半年後の2005年11月のGoogle Earthを見てみる。 世紀大道の一部で工事が始まり、迂回している様子が分かる。恐らく地下鉄6号線、9号線の工事と思われるが、さほど大規模なものではない。青い屋根が目印のホームセンター「好美家」とお隣のスーパーはこの時期でもまだ健在のようである。 つづく

続きを読む

もっと見る