真如古鎮から西康路へ

2004年5月、地図を見ていたら上海市内の北西部に「真如古鎮」というのを見つけた。どんな古鎮なのか気になったので、下調べはせず、とりあえず出掛けた時の様子。現在なら、地下鉄11号線「真如」駅がほど近い。当時は勿論地下鉄は開通していないのでバスに乗って出掛けた。 真如古鎮の地図。 真如古鎮の周辺の地図。 真如古鎮近くの武寧路でバスを降り、蘭渓路を曲がるとすぐ見えてくる「真如古鎮」の牌坊。 赤い提灯の飾り付けと古そうな商店が連なってはいるが、その先は普通のアパートが並んでいる。これ古鎮? しばらく歩くと白い塔が見えてきた。恐らく、この塔のあるお寺の門前町なんだろうと想像する。 お寺の周辺は結構賑やかだ。 桃浦という名の川(運河)を渡って全体が見える場所を探す。これが「真如寺」。調べたら、1200年頃の宋の時代に別の場所に建造されたそうだが、1320年元の時代にこの地に移った歴史ある寺院のようだ。白い塔は「真如塔」といい、10層からなる。日本軍による占領、文革により破壊され、現在のものはそれ以降に修復されたという。故に、この地は「真如古鎮」ということ。今回は中に入らず、散策を続ける。 北石路を進む。 大渡河路だと思う。 しばらく歩くと北石路の真西新村にでる。 次に吴淞江(苏州河)を見ようとバスに乗る。 吴淞江周辺の地図。 2004年5月のGoogle Earthの航空写真。 地下鉄3号線「…

続きを読む

徐家汇(車窓から)

2004年 5月、七宝老鎮からバスで帰宅途中の車窓からの風景。 漕渓北路の気象大厦周辺の地図。 七宝鎮からバスに乗るとしばらく漕宝路を走り、やがて漕渓北路を左折し、徐家汇を目指すことになる。 写真は漕渓北路北上中の徐家汇の手前、南丹東路を越えた気象大厦がある辺りの様子。 窓からカメラを突き出して撮影したので傾いてしまった。写真を見ていると右肩が上がってくるかも知れないが、気のせいである。 中央に気象大厦が見えてきた。その横に見えるのは虹橋路沿いに建つ上海实业大厦。その間に建設中の港汇恒隆广场のツインタワー部(もう一棟は隠れている)が見える。 気象大厦を過ぎると見えてくる徐家汇天主教堂。その横は図書館。後ろは高級高層マンションである东方曼哈顿。マンハッタンと読ませる。 徐家汇の中心部周辺。 徐家汇はかつて地下鉄1号線しか走っていなかったが、その後9号線、11号線が開通し、主要ターミナル駅に変貌した。 2003年の様子は徐家汇から魯班路までを参照ください。 中央の上海实业大厦とその左は港汇恒隆广场のツインタワー部一棟、右の低い建屋が太平洋百貨(そごう)と隣接する建匯大廈。 傾きは気にせず貼り付ける。数珠繋ぎ状態でバスが停車している様子。 さらに進むと、上海实业大厦の手前あたりで地下立体化している。地下を進むと漕渓北路をそのまま進み、通りの名は衡山路に変わる。地上を進み、右折すると肇嘉浜路、左折すると虹橋路に出る。中央は太平…

続きを読む

七宝古鎮 2004

2004年5月 上海市内にある水郷の古鎮 七宝鎮を訪れた時の様子。先に2009年に訪れた時の様子をご紹介したが、2004年に最初に出掛けていた、その時の様子。当時はまだ地下鉄9号線が開通していないのでバスを利用。 どうでも良いことなのだが、前回の「七宝古鎮」を「七宝古鎮 2009」に改め、今回は「七宝古鎮 2004」とした。 七宝鎮の周辺の地図。 今回ご紹介する写真は前回2009年とあまり変化がなく面白くないので、Google Earth先生で2002年と2017年を比較してみたい。 航空写真の中央下側、民家が密集しているエリアが七宝鎮。15年経過しても周辺はほとんど変わりない。違いと言えば、左上側スペースにショッピングモール(七宝万科广场)が建設中くらいか。 2002年12月 2017年6月 さて、2004年5月。漕宝路でバスを降り、民主路を曲がり七宝鎮に向かうところ。左側が空港写真で見た、後にショッピングモールが建設される用地側。 正面入り口の牌楼。この時は赤い提灯の飾り付けがされていた。時期がちょうど黄金節(中国版ゴールデンウィーク)なのでその飾り付けなのか。 遊歩道を進む。中も赤い提灯の飾り付け。 橋の上から東側を望む。5年後に撮影した写真と見比べると、無意志のうちにほぼ同じアングルになっている。その場所のベストアングルというのもあるので…。 西側。 橋の上から南側を見る。連休なのでなかなか賑わっ…

続きを読む

南市 方斜路

2004年5月 南市地区、人民路と中華路に囲まれた上海老城厢エリアの一画、大興街から方斜路、中華路を経由して復興東路、後の地下鉄8号線、10号線の「老西門駅」まで歩いたときの様子。 Google Mapで場所を確認。 Google Earth 2004年5月 中央斜めに走るのは西蔵南路。 Google Earth 2016年7月 陸家浜路から大興街を曲がる。 江陰街との交差点。露天が多い。 大興路をさらに進む。ここも露天商が多い。 黄家阙路に出る。正面は蓬莱大廈。 黄家阙路を北に進み、安澜路に出る。 安澜路の包子屋さん。 安澜路を西に進む。正面は西蔵南路沿いの安基大廈 。 安澜路の様子。 方斜路に出る。 この先、Y字路のようだ。 Y字路にでる。左に沿って進めばそのまま方斜路、しかしながら現在はもうない。後に老西門中華新城が建設されることになる。右へ折れる通りは現在も残っている方斜支路。Google Earth 2016年7月を見ていただくとお分かりの通り、方斜路の北側は全て解体撤去された。 なかなか曲線の具合が良い。 今は無き方斜路を進む。 道路は閉鎖され、一部竹材で解体作業用の足場が組まれている。 来た道を戻り寧安路を曲がる。 安澜路の様子。 中華路にでる。北西の向き。中央は西蔵南路と復興東路の交差点に建つ申能国際大廈、左はツインの国際広場。右は…

続きを読む

金融の中心 陆家嘴 5

金融の中心 陆家嘴 4の続き。 Google Mapで陆家嘴周辺の場所を確認。 2004年5月のGoogle Earth。 2004年2月 東方明珠側より銀行ビル3兄弟のうちの2つ、右が交银金融大厦、その隣が建設中の上海银行大厦。 2004年6月 いよいよ美食城(レストラン街)の撤去が始まった。ガラス越しのため、ご容赦を。 2004年11月 左隅は上海银行大厦。中央は建設中の匯亜大廈、その手前は基礎工事が始まった黄金大厦。 2005年4月 右から未來資產大廈、その隣が震旦国際大楼、花旗集团大厦、そして汤臣一品(Tomson-riviera)3棟。手前は美食城(レストラン街)。 これより日付が表示されてしまうのだが、何卒ご容赦を。 左にカメラを向ける。建設中の上海鹏利辉盛阁公寓が見える。 美食城(レストラン街)をアップで。解体撤去が進んでいるのが見て取れる。 北西に目を移すと正大广场が見えてくる。 2005年5月 東泰路の金茂大厦の下より南を向くと正面に建設中の盛大金磐3棟が見える。その手前は上海中心大廈の用地。 東泰路を南方向、上海中心大廈の用地方面に歩く。左がその用地で飲食店とゴルフ練習場になっている。その後方に震旦国際大楼、花旗集团大厦などが見える。 またまた登場、銀行ビル三兄弟、中銀大厦、交银金融大厦、上海银行大厦。 汤臣一品(Tomson-riviera)3棟とその…

続きを読む

世紀大道駅 六叉路交差点 5

世紀大道駅 六叉路交差点 4の続き。 前回も取り上げた2004年2月のGoogle Earth。 一連の地下鉄、地下立体交差の工事が終息していることが見て取れる。 さて、撮影は2004年5月。 张杨路の西側(第一八佰伴側)より六叉路交差点を撮影。右に曲がると東方路。 東方路北側より交差点をみる。右は湯臣金融大廈、中央2棟目が上海红塔豪华精选酒店(セントレジスホテル)、左は爵士大厦。 张杨路と東方路の角より南方向を見る。 東方路を北に向かって歩いてから交差点方向を振り返る。地下立体交差への出入り口の様子。中央は湯臣金融大廈。 それから1年後の2005年5月の様子。写真に日付が出力されてしまい、見辛く恐縮です。 张杨路より東方路へ抜ける右折専用線。 東方路北側のマンション群。 東方路南側。 工事が終わり、なんてことのない普通の交通量の多い交差点に戻ってしまったため、この場所への興味は失せてきてしまった。大型工事が始まるのは今より約10年後ということになる。 さて、ここで写真撮影から半年後の2005年11月のGoogle Earthを見てみる。 世紀大道の一部で工事が始まり、迂回している様子が分かる。恐らく地下鉄6号線、9号線の工事と思われるが、さほど大規模なものではない。青い屋根が目印のホームセンター「好美家」とお隣のスーパーはこの時期でもまだ健在のようである。 つづく

続きを読む

もっと見る