静安寺

地下鉄2号線の駅名でもある静安寺を取り上げる。 静安寺は、境内にある「赤烏碑」の記録によると、247年呉の孫権の命により建立されたと言い伝えられる、歴史ある寺院。元はの名前を滬瀆重元寺といい、呉淞江の北岸にあった。 のちに取り上げる龍華寺もそうだが、呉の孫権の時代に建立されている。 まずは、Google Mapで位置を確認。 次に2002年12月のGoogle Earthを見てみる。静安寺東側周辺にはまだまだ広大なスペースがあることが分かる。 後に静安香格里拉大酒店(シャングリラ)が建設される上海展覧中心の西側エリアや久光百货の対面。蛇足だが、当時展覧会などのイベントはほとんどこの上海展覧中心で行われていた。 「地図データ: Google、DigitalGlobe」 次に2016年7月を見てみる。ご覧の通りの様子である。 静安寺は金ピカに輝き、周辺は高層ビルが建ち並ぶ様子が見て取れる。 「地図データ: Google、DigitalGlobe」 撮影は2003年5月。 静安寺も増築中。この頃はまだこじんまりしていた。 後ろは建設中の久光百货。 向きを変えて。 東に移動して。 更に東側に移動、歩道橋?から。久光の大きさが良く分かる。 2016年の最終日。来る年は、心静かに、そして安まるように「静安寺」で締めさせて頂きました。 それでは、良いお年を。 つづく

続きを読む

もっと見る