徐家汇(車窓から)

2004年 5月、七宝老鎮からバスで帰宅途中の車窓からの風景。 漕渓北路の気象大厦周辺の地図。 七宝鎮からバスに乗るとしばらく漕宝路を走り、やがて漕渓北路を左折し、徐家汇を目指すことになる。 写真は漕渓北路北上中の徐家汇の手前、南丹東路を越えた気象大厦がある辺りの様子。 窓からカメラを突き出して撮影したので傾いてしまった。写真を見ていると右肩が上がってくるかも知れないが、気のせいである。 中央に気象大厦が見えてきた。その横に見えるのは虹橋路沿いに建つ上海实业大厦。その間に建設中の港汇恒隆广场のツインタワー部(もう一棟は隠れている)が見える。 気象大厦を過ぎると見えてくる徐家汇天主教堂。その横は図書館。後ろは高級高層マンションである东方曼哈顿。マンハッタンと読ませる。 徐家汇の中心部周辺。 徐家汇はかつて地下鉄1号線しか走っていなかったが、その後9号線、11号線が開通し、主要ターミナル駅に変貌した。 2003年の様子は徐家汇から魯班路までを参照ください。 中央の上海实业大厦とその左は港汇恒隆广场のツインタワー部一棟、右の低い建屋が太平洋百貨(そごう)と隣接する建匯大廈。 傾きは気にせず貼り付ける。数珠繋ぎ状態でバスが停車している様子。 さらに進むと、上海实业大厦の手前あたりで地下立体化している。地下を進むと漕渓北路をそのまま進み、通りの名は衡山路に変わる。地上を進み、右折すると肇嘉浜路、左折すると虹橋路に出る。中央は太平…

続きを読む

もっと見る