呉淞江を遡る 2

呉淞江を遡る 1の続き。 呉淞江を歩いて遡ろうということで、黄浦江と合流する外灘の北、外白渡桥(ガーデンブリッジ)、黄浦公園附近からスタートしたのが前回。今回は、呉淞江に沿って北蘇州路を西に向かう続き。時期は2017年12月18日。 乍浦路橋周辺の地図。 前回、乍浦路橋付近にて船舶が停泊できるスペースをお伝えしたが、気になったので調べてみたら、「苏州河旅游码头」とあった。呉淞江(蘇州河)を遡る遊覧船の乗り場らしい。2014年の情報では、夏場のみ(5月31日より)、ここから长风公园までの21km、約1.5時間の観光コース(門票片道160元、往復210元、ちょっとお高い)というのを見つけた。さらに最近の情報を調べてみると、行程が短くなり、昌化路まで40元のコースに変更されている。河の水はお世辞にも綺麗とは言えないが、高層マンション群の間を割ってウネウネ進むのは一景か。 遊覧船の全行程(2014年当時) (画像は新浪上海から借用) さて、北蘇州路を西に進む。乍浦路を越えると見えてくる「苏宁宝丽嘉酒店」。 その前から乍浦路橋を振り返る。 さらに進んでから振り返る。 四川路橋周辺の地図。 先に進み、四川路との交差点に差し掛かると「上海邮政大楼」が見えてくる。1924年竣工の歴史的建築物。当時の上海十大建築物の一つ。現在でも郵便局として機能しているが、一部は「上海邮政博物馆」として開放している。 呉淞江に架か…

続きを読む

海寧路から宝山路駅まで

河南中路から海寧路までの続き。時期は2008年1月。 周辺の地図。 前回、河南中路から海寧路まで歩いた続き。 海寧路と河南北路の交差点を東に進み、江西北路を曲がり北上する。突き出た洗濯物の干し竿が見事である。 天気が良いわりには洗濯物がちらほら。洗濯日和でっせ。そう、大きなお世話である。 程なく進むと安慶東路にでる。 安慶東路を右に曲がる。道幅が狭くなる。 かなりの密集度である。 この先行き止まり。 江西北路に戻り、北上を続ける。 来た道を振り返る。海寧路沿いに建設中の中信広場が見える。 先に進む。 武進路との交差点に出る。角にある中華ファストフード「振鼎鸡」店。 武進路の東側の様子。 西側。 江西北路はこの先、羅浮路と名が変わる。 東民新路とのT字路に出る。 東民新路の西側の様子。 羅浮路から路地に入った様子。 羅浮路はさらに龔家宅路と名が変わる。 かなり入り組んだ路地になる。 地下鉄4号線の高架が見える。 虬江支路に出る。 虬江路に出る。地下鉄4号線の高架が見える。 自家製の看板が目につく。 新広路に出る。左は新虬江电子市场。電器関連の商店が密集する。 西側をみる。金芙世紀公寓が見える。 新広路の北側の様子。右に曲がり虬江路をそのまま先に進むと四川北路にぶつかる。 虬江路を左に曲がり西に進む。中州路にある…

続きを読む

河南中路から海寧路まで

2008年1月 天気は良好だが寒い1日、河南中路から河南北路、江西北路を経由して海寧路まで散策したのでその時の様子。 まずは、河南中路周辺の地図。 河南中路と天津路の交差点付近から南側を見る。中央は南京東路に面した華東電力大楼、その右は建設中のForever21。その手前、左側は間も無く建設が始まる新世界大丸百货の用地。右奥は冠をかぶった外灘中心ビル。 地下鉄10号線の工事のため、河南中路は一部閉鎖されており、左サイドに迂回路が設けられている。 寧波路との交差点辺りから反対側、北方向を見る。この先は北京東路。写真左、北京東路との交差点の西の角は国華大楼。 北京東路との交差点付近。 河南中路を北に進む。呉淞江に架かる河南中路橋の補修工事中。 バスがすれ違う。道幅が狭くなっているので、結構難儀してる。 呉淞江を西向きで眺める。福建北路に架かるアーチ型の橋が見える。右は河浜豪苑、その左隣が華僑城蘇河湾西区。 橋の下側に回り込んで、工事の様子を見る。 正面に何やら古めかしい建物がある。 その建物の前を上から覗く。 後で調べて見ると、上海总商会の旧址と判明。元は、清の時代、政府高官が外国に出発する際に駐留した官邸(出使大臣行辕)。1899年、租界が拡張された際、この場所も租界エリアに含まれたが、ここと天后宫のみ中国政府の官地として飛び地のような形で存続。1995年に取り壊された香港の九龍砦城と同じ。 上海总商会旧址横の…

続きを読む

七浦路 服装批发市场 1

アパレルの卸売・小売り市場である七浦路 服装批发市场を撮影した2002年当時の写真をアップする。 1980年代中後期よりジーンズなどの服飾を扱う個人店舗が増え、90年代後半に大きく発展、同時に交通などの問題も発生したため、政府による規制が入り、大規模再開発を経て周辺の整備が進み、現在に至る。 【2017年12月19日 追記】 まずは、Google Map。 観光名所の南京東路から地下鉄で1駅の近さ。勿論、2002年当時、もよりの地下鉄は2号線なので、南京東路駅(当時は河南中路駅)から徒歩15分くらい。 周辺の拡大図。 続いて、Google Earth先生 2002年7月を見てみる。 この当時、開業していた大型店舗は恐らく「上海興旺国際服飾城」、「上海新七浦服飾市場」など、その他はまだ建設中。七浦路や山西北路に面した小さな店舗が連なる様子が見てとれる。周辺も赤茶色の屋根の民家が密集している下町風情の残る一角 「地図データ: Google、DigitalGlobe」 以下、撮影した写真をアップする。 撮影は2002年8月。 「上海興旺国際服飾城」などの大型店もあるが、ごちゃっとした小さな通りの方が好きなので、そちらメインに撮影。 まずは、河南北路と七浦路の交差するポイントに建つ「上海興旺国際服飾城」ビル。各種衣料品の卸・小売店舗が入居する。この七浦路・服飾市場一帯は、地元の人、観光客だけでなく、地方から仕入れにくる個人店舗・業者も非常に…

続きを読む

もっと見る