浦東 召稼楼古镇

※ 2017年12月26日に一度アップしたのだが、手違いにより削除してしまったので新規で書き起こし再掲。 2016年5月 浦東にある水郷の街・召稼楼古镇を訪れた時の様子。浦東の水郷ということで、先日、浦東 新場古鎮をご紹介したが、浦東には他にもあるということで教えて頂いた場所。最寄りの駅は地下鉄8号線のターミナル駅「沈杜公路」駅。そこから、3kmくらい距離があるので、タクシーかバスで移動が望ましい。 召稼楼古镇の場所。住所を見ると、閔行区とある。黄浦江が逆L字に曲がる地点より東は浦東だとばかり思っていたが、どうやらそれは誤りだったようである。 ちなみに、閔行区。北は虹橋空港の半分まで含まれるので、ずいぶん縦長である。ちなみに面積371km2、人口243万人。 浦東新区。面積1210km2、人口504万人。ちなみに東京23区全体では、面積619km2、人口947万人。 ということなので、タイトルの浦東・召稼楼古镇というのは正しくないのだが、地理的には浦東(黄浦江の東)とも言えるので、そのままとする。 周辺の拡大地図。 さて、前置きが長くなったが、召稼楼古镇に到着。入り口には「召稼楼」と書かれた牌楼がお出迎え。 東側の入り口より中に入る。 連休中なので賑わっている。この辺りには土産物屋、雑貨店などが軒を連ねる。 奥まった通りに入る。TVでも紹介された「江阿姨油墩子」。野菜などを小麦粉で和えて油で揚げた軽食をテイクアウト…

続きを読む

浦東 新場古鎮

2014年10月 浦東・新場古鎮に出掛けた時の様子。地下鉄16号線「新場」駅から徒歩約15分。ここを知ったのはTV広告。古くは“石笋里”と呼ばれた、浦東にある水郷の古鎮。 新場古鎮の位置。 新場古鎮周辺の地図。 申江南路(新環東路)と沪南公路の交差点にデンと構える新場鎮の門。ビル6階くらいの高さはある。これはでかい。 門をくぐり新環東路をしばらく歩いて牌楼東路を右に曲がり、西に向かう。しばらく進むとようやく新場古鎮の道路案内表示を見つける。ちなみに左側の交通標識だが、ここでトランペットの練習を禁ずるではなく、クラクション禁止である。(そんな間違いするわけないと自分に突っ込む) 橋を渡ると見えてくる大きな防火壁(うだつ)の商店。見栄えをよくするため統一されている。 しばらく歩くと新場大街に出る。左側の様子。こちらには地元の人向けと思われる商店が並ぶ。 右手には新場古鎮のかなり立派な牌坊。この先が新場古鎮。 牌坊をくぐって北に向かう。しばらくは商店が続く。この日は平日だったので、人もまばら。 100年の歴史のある老舗レストラン「新和醤園」。伝統的な手法による醤油製造が有名。料理にその醤油が使われているのでしょう。 細い路地を覗くと由緒ありそうな民家。 木造3階建ての「第一楼茶園」。お茶を飲みながら民間芸能(评弹など)を楽しむ場所、現在風に言えば喫茶ライブハウス。1920年に始まり、30年代に「第一楼茶園」と名付けたらしい。 …

続きを読む

朱家角

2002年7月に上海市の郊外にある水郷の古鎮「朱家角」を訪れた時の様子。朱家角は上海に幾つかある水郷の中でも「上海第一大鎮」と称される著名な観光スポットである。近くには淀山湖や上海国际高尔夫球乡村俱乐部(ゴルフ場)がある。淀山湖の北西にある「周荘」、浙江省嘉興市 にある「西塘」、「烏鎮」と合わせて江南4大水郷とも称される。 実は「朱家角」を訪れた記憶が全くなく、かつ写真を格納していたフォルダには違う名前を使っていた、写真そのものに「朱家角」の地名を表すものが写っていなかったため、最近まで気づかなかった。 朱家角の地図。 まずは、観光船が行き交う運河の風景。 北大街を進むとなにかわからぬが石造りの門をくぐる。 その先の北大街の様子。 運河にかかる定番の石造りのアーチ型の橋。 さらに進む。 狭い通りに出る。この辺りから土産物、地元特産物を売る店が増えてくる。太湖の真珠も売っている。 船に乗って清華閣?を見る。 運河沿いの白い壁、黒い瓦屋根の民家が連なる。 古民家の様子。 続く

続きを読む

七宝古鎮 2009

2009年8月 上海市内にある水郷の古鎮 七宝鎮を訪れた時の様子。七宝鎮は上海市の西側、虹橋空港にほど近く、恐らく市内から最も近い水郷風景が見られる古鎮。こじんまりとはしているが、市内からの交通アクセスも良く、お薦めである。過去何度か訪れていたが、今回改めてご紹介したい。 地下鉄9号線「七宝」駅で下車し、徒歩10分くらいの距離。 入り口にある立派な牌楼。「七宝老街」書かれている。 入り口の広場の様子。 古鎮内に入ると商店がびっしり立ち並ぶ通りを進むことになる。 土産物屋さんやテイクアウトの食べ物屋さんが多く並ぶ。 一段と狭くなる。 さらに進むと広い通りになり十字路にぶつかる。そのまま真っ直ぐ進むと浦汇塘(水路)を渡って南側のエリアに出る。右へ行けば西北街、左は北東街。 橋の上から北東側を見る。アーチ型の橋、水面に映る様子が、いかにも水郷風景を醸し出している。 橋を渡りそのまま進む。特産品を扱う販売店、土産物屋が続く。 そのまま進むと富強街、横沥路にぶつかるので、横沥路を引き返す。 横沥路にかかる橋より西北側を見ると、先程渡った橋が見える。奥のマンション群が少し残念。 橋を渡って浦汇塘沿いに北東街、西北街を歩くと蒲渓坊というゲートにでる。 そのまま歩行街を歩いて帰路につく。 つづく

続きを読む

西塘鎮

浙江省嘉興市嘉善県にある西塘鎮。平坦な地形に川が縦横に流れ、明・清時代の建物群が良好に保存された閑静な古鎮。映画「ミッション・インポッシブル3」のロケ地の一つ。 2003年2月に訪れたので写真を見てみる。 まずは、Google Mapで場所を確認。 案内板。 白壁の狭い通り。人力車が来た ! すれ違えるかな ? こっちはもっと狭いぞ ! 石畳の通り。 これぞ定番 ! 石の丸橋。 長閑な水郷風景。 これも定番 ! 白い壁と黒い屋根瓦。 つづく

続きを読む

周庄镇

周庄镇は江蘇省昆山市にある江南地区を代表する水郷の名所で、“中国第一の水郷”と謳われている。 淀山湖の西に位置し、上海市内から車で1時間くらいの場所にある。 2002年に2度訪れたので、その際の写真をアップする。 まずはGoogle Map,。 案内板 食べ物屋、土産物屋などが連なる目抜き通り 白い壁、黒い屋根。これぞ定番。 石作りの丸橋。 おまけ おまけ2

続きを読む

もっと見る