上海 松江・泗涇鎮

上海市の西南に位置する松江区。唐の時代には华亭県と呼ばれ、現上海中心部が栄える以前、この地が上海一帯の政治・経済・文化の中心であった。2012年12月、地下鉄9号線が全線開通し、区の中心部である松江新城駅、松江南駅まで繋がり、一気に上海中心部への通勤圏になった。区北東部には泗涇鎮という古鎮があり、あまり知られた場所ではないが、今から約1000年前の北宋の時代、「上海の根っ子」と呼ばれ、農業・漁業が栄えた場所である。最寄りの駅は泗涇駅。近くに宝塔があるということで、2017年2月出掛けてきた。 松江区の地図。 泗涇駅周辺の地図。 拡大地図。 地下鉄9号線泗涇駅の様子。 駅前の商業施設の様子。 歩き始めて約15分、ようやく宝塔が見えてきた。帰路にバスやタクシーなどを使うこともあるが、往路はだいたい遠くても歩くことにしている。街の様子を知るには、自分の足で歩くのが一番だと思っている。 開江中路の入り口に鎮座する牌楼。古鎮泗涇と刻んである。柱の太さに比べ上部がデカすぎるように思えるが、このバランスが特徴的なのでしょう。 牌楼を潜った先、開江中路の様子。 通りから宝塔を眺める。思ったよりも高く感じる。手前には立派な防火壁(うだつ)がある商店。 入り口附近から見上げる。ここまで来たのだから、入場料3元払って入園する。 宝塔は「安方塔」。高さ35mの七階八角の楼閣式宝塔。何度か修復され現在のものは1986年…

続きを読む

金山からソンジャン(松江 )まで ♪

上田正樹とSouth to Southの名曲「梅田からナンバまで」にちなんで。 今回、上海の郊外 金山、松江を取り上げる。 金山区は上海市の南部に位置し、上海石油化工股份有限公司などの大型企業がある化学工业区である。近年、人口砂浜の施設、金山城市沙滩(シティビーチ)が注目を浴びている。2012年に金山铁路が開通し市内からアクセスし易くなったため、今後注目のエリアかもしれない。 Google Mapで位置を確認。 ソンジャン(松江)は勿論鳥取県ではなく上海市松江区。2007年に地下鉄9号線が開通、格段に交通の便が良くなったエリア。松江唐經幢や興聖教寺塔(方塔)などの歴史的建造物や余山森林公園など見所が多い。 さて、訪問したのは2002年10月。 当時の交通手段はバス。 ターミナルに到着。 海だ! ビーチはどこだ?  勿論、ビーチはまだ有りません。 街の風景。 上海石化兴文実業公司。(ほぼ街の中心?) イベント開催中。 さて、松江に移動中。 黄浦江を跨ぐ松浦三桥を渡る。 松江ローカルTV局のTV塔と思うが、撮影場所が特定できず、汗... つづく

続きを読む

もっと見る