巨鹿路から成都南路

2003年7月、巨鹿路から成都南路まで散策したので写真をご紹介したい。 南北高架と延安高路が交差するポイント、人民広場ジャンクション附近は2003年時点で大分緑地化が進み、巨鹿路周辺は一部民家を残す状況であった。 Google Mapで場所を確認。 南北高架と延安高路の交差ポイントより巨鹿路を西向きで撮影。 この辺りはすでに緑地化されており、これら残った民家もいずれ解体される。 成都南路を左に見ながら、巨鹿路をさらに進むとこの辺りは民家がけっこう残っている。2017年現在、このエリアはすべて解体され緑地化されているが、一カ所だけ慧公館(巨鹿路店)として緑地公園内に現存している。 時代を感じさせる建家が連なる。 この辺りから南西の方角に新錦江ホテルが望める。 お手伝いさんの紹介所などが連なる。 小道を覗いてみる。上海の中洋折衷型の伝統的建築様式、所謂「石庫門」作りの住宅群。 成都南路まで戻り、成都南路と長楽路との交差点を東南の方向で撮影。淮海中路沿いの高層ビル群が見える。 成都南路の巨鹿路から長楽路までのエリアはすでに緑地化されている。 長楽路より成都南路を東向きで撮影。 成都南路沿いの住宅群の様子。 長楽路を越えて成都南路を撮影。奥は淮海中路 成都南路沿いの住宅群の様子。 左側の住宅の立派な門。 来た道を振り返る。長楽路方向。 淮海中路に出て左に折れる。現在のGoogle Mapを見てみると…

続きを読む

もっと見る