思南路

20010年8月 浦西・思南路にある周公館周辺を訪れた時の様子。 この辺りは復興公園の南側に位置し、閑静な住宅街である。「周公館」はその名の通り周恩来先生が事務所として使用したことからそう呼ばれているが、元は中国共産党代表団駐滬弁事処(上海駐在事務所)であった。 また、思南路はかつて马斯南路と呼ばれていたらしい。フランス租界時代、フランスの著名音楽家Massenet・Rueが亡くなったことから、故人を偲びその名が付けられたそうである。 まずは、周公館の様子。建築様式はスペイン風花园楼房。入り口には「中国共产党代表团驻沪办事处纪念馆」との案内が置かれている。 建屋の壁は赤色をしているのだが、だいぶ蔦に覆われている。 この近辺には歴史がありそうな建屋があるにはあるが、この建屋は廃墟化している。 廃材、ゴミが散乱している。 それでも人が住んでいるようである。折角の歴史ある建造物、ちょっと残念である。 思南路の様子。フランス青桐(梧桐)、英語風に言えばプラタナスが美しい。思南路に限らず上海の街路樹ではこのフランス青桐(梧桐)をよく見かける。 周公館側を振り返る。 復興中路と交差する広さ5万m2の敷地は、思南公館としてフランス租界時代の古い建築物を保存した再開エリアになっている。なんでも51棟保存されているほか、ホテルや商業施設もあるとのことで、時間があればじっくり見学してみたいものである。今回はさらっと周回しただけ。 (図面は百度よ…

続きを読む

建国東路から新天地まで

复兴中路から建国東路周辺を歩くの続き。日時は2003年7月。 建国東路と順昌路の交差点に出る。 順昌路を曲がって北に向かう。 合肥路が見えて来た。 合肥路との交差点。左は凹凸大廈。右側に足場が組まれている。ここも解体されるのかと思いきや、Google Earthで確認すると、2013年頃から撤去が始まった模様。 合肥路の様子。 順昌路を更に進む。 順昌路の一画の住居。 复兴中路に出る。順昌路から北西の方向を撮影。 順昌路を北向きで撮影。右は翠湖天地。 順昌路を振り返る。 复兴中路を西向きで撮影。 复兴中路から淮海中路を望む。 复兴中路を西に進み、黄陂南路に出たところの住居。 复兴中路をさらに進み、淡水路に出る。淡水路の様子。 淡水路沿いの住居。 自忠路に出る。ネットで覆われてこの辺りは、この後すぐに解体され、华府天地公寓が建設される。 淡水路の様子。 淡水路と興業路の交差点。歩いて来た淡水路を振り返る。 淡水路と興業路の交差点を北向きで撮影。 附近の住宅の様子。この後この地区はすべて撤去される。 一部解体工事が始まっている。 興業路を東に向かい馬当路に出る。ここは新天地の工事中。 馬当路の様子。 馬当路を北向き、淮海中路方向で撮影。 興安路。淮海中路のすぐ裏手でもまだまだ更地があった。 つづく

続きを読む

复兴中路から建国東路周辺を歩く

2003年7月 复兴东路と西蔵中路の交差点、現在の地下鉄8号線と10号線の交差する老西門駅を出発し、建国東路周辺を通って新天地まで歩いた時の様子。复兴东路は西蔵中路を西に越えると复兴中路と名が変わる。 まず、Google Mapで位置を確認。 复兴东路と西蔵南路の交差点、地下鉄工事真っ最中。复兴东路を東方向を見ると中华路沿いにある华夏银行が見える。左は建設中の上海格瀾国際大酒店。 西蔵南路の北側、人民公園方向。 西蔵南路の南側。 复兴中路を西に向かい、東台路を曲がる。 何か不都合があるのか東台路の案内板の「路」を隠す。という訳は無く、モップ干しと化す。 肇周路に出る。建設中の老西门新苑。 建設中の老西门新苑の一画に寺院のようなものが見える。 西林后街から覗く。確かに寺院のよう。但し、仏教系であれば黄色が定番であるのだが。 これが1882年に建造された道教の寺院である「白雲観」。現在は豫園近くの大境路に移設されたが、当時はここにあった。我ながらこれは貴重な写真と思われる。 内部の様子。 裏に回る。 周辺の様子。再開発のため、移設を余儀なくされたようである。 建国東路に出る。白雲館(白云观)の案内がしゃれている。 建国東路を西向きで。 反対側(東方向)を振り返る。 西向きで先に進むと。唐家湾路に出る。 時代を感じさせる住宅が連なる。 つづく

続きを読む

もっと見る