徐家汇(車窓から)

2004年 5月、七宝老鎮からバスで帰宅途中の車窓からの風景。 漕渓北路の気象大厦周辺の地図。 七宝鎮からバスに乗るとしばらく漕宝路を走り、やがて漕渓北路を左折し、徐家汇を目指すことになる。 写真は漕渓北路北上中の徐家汇の手前、南丹東路を越えた気象大厦がある辺りの様子。 窓からカメラを突き出して撮影したので傾いてしまった。写真を見ていると右肩が上がってくるかも知れないが、気のせいである。 中央に気象大厦が見えてきた。その横に見えるのは虹橋路沿いに建つ上海实业大厦。その間に建設中の港汇恒隆广场のツインタワー部(もう一棟は隠れている)が見える。 気象大厦を過ぎると見えてくる徐家汇天主教堂。その横は図書館。後ろは高級高層マンションである东方曼哈顿。マンハッタンと読ませる。 徐家汇の中心部周辺。 徐家汇はかつて地下鉄1号線しか走っていなかったが、その後9号線、11号線が開通し、主要ターミナル駅に変貌した。 2003年の様子は徐家汇から魯班路までを参照ください。 中央の上海实业大厦とその左は港汇恒隆广场のツインタワー部一棟、右の低い建屋が太平洋百貨(そごう)と隣接する建匯大廈。 傾きは気にせず貼り付ける。数珠繋ぎ状態でバスが停車している様子。 さらに進むと、上海实业大厦の手前あたりで地下立体化している。地下を進むと漕渓北路をそのまま進み、通りの名は衡山路に変わる。地上を進み、右折すると肇嘉浜路、左折すると虹橋路に出る。中央は太平…

続きを読む

徐家汇から魯班路まで

2003年8月、徐家汇から宛平南路を抜け、地下鉄4号線の工事現場である零陵路、瞿渓路に沿って歩き鲁班路まで散策した時の様子。 まずGoogle Mapで場所を確認する。 まずは徐家汇附近。1999年に開業した港汇广场のツインタワーの建設が始まっていた。 肇嘉浜路に架かる歩道橋から。 歩道橋から東方商厦方向を見る。TOTOの看板が目立つ。 肇嘉浜路の反対側 東方向を見る。左は匯金百貨。 肇嘉浜路沿いに高層マンション建設中。 その対面に徐家汇公园がある。これはその中にある「纪念烟囱」。この地が「大中华橡胶厂(ゴム製造工場)」跡地で、その時代の煙突を保存しているものと思われる。また、園内には百代公司旧址というのがあり、こちらは後の中国唱片厂、レコード会社だった旧跡。 公園脇の天平路。 肇嘉浜路をさらに進んで宛平南路を曲がる。 宛平南路より徐家匯を振り返る。 宛平南路から零陵路に入り、東に進路を取り東安路に出た所。この交差点に東安路駅が出来る。 道路封鎖中。 零陵路を更に進むと中国科学院上海有机化学研究所に出る。 零陵路を更に進み楓林路との交差点。 楓林路の様子。 零陵路を更に進む。 小木橋路附近は地下鉄工事のため車両通行止め。 大木橋路附近の工事の様子。ここに大木橋路駅が出来る。 工事の様子。 零陵路を更に進むと茶陵路にぶつかり零陵路はここで終了。 茶陵路の様子。 茶陵…

続きを読む

2001年 番外編

1つのテーマにまとめきれなかった2001年撮影の写真をアップします。 まずは、陆家嘴のシンボルである東方明珠。こうして見ると対岸の浦西にはまだ超高層ビルはほどんど見あたらない。撮影は2001年7月。 北西に向きを変えて。 西蔵中路と南京東路の交差点に架かる円形歩道橋より南京東路を撮影。左は上海第一百貨、右は百聯世茂国際広場が出来る前の商店。1年後の2002年8月にはすでに撤去されている。 撮影は2001年9月。 夕暮れの外灘。撮影は2001年9月。 対岸からの夜景。撮影は2001年9月。 サイドからの夜景。中央に緑の帽子の和平飯店北楼が見える。撮影は2001年11月。 徐家汇。写真中央の球体のショッピングモール美羅城のほか、1991年開業の汇联百货、1992年開業のの東方商厦,1999年の港汇广场(ツインタワーは未建設)、太平洋百货、六百货など当時から商業施設が充実していた。撮影は2001年9月。 右が東方商厦。奥へ向かう通りは漕溪北路。 つづく

続きを読む

もっと見る