張家界 その2

2003年9月の張家界旅行の続き。 武陵源風景名勝区の地図。 索渓峪自然保護区にある黄龍洞。なんでも10万平米もある巨大なカルストの鍾乳洞らしいが、なんかサクッと回っただけだった。 中は特段、何かライトアップされているわけではなく、フラッシュの具合が良くないのか、ちゃんと写っているものが少ない。お見せできるのはlこれくらい。 張家界国家森林公園入口。ここは武陵源風景名勝区の南西部にある。 周辺の様子。向こうに昨日山頂から眺めた奇岩が連なる。 今回は下から奇岩を見上げることになる。 清流に沿って散策道が作られている。 上から眺める景色と違い、下から奇岩を眺めた様子。 次から次へと現れる奇岩。 かなり尖った奇岩もある。 けったいな形。 ズンズン歩く。 このような散策道をひたすら歩く。 間近にそびえる奇岩。 だんだんお腹いっぱいになる。 それでもひたすら歩き、写真を撮る。 広場に出る。ここには「張家界」と刻まれた岩が置かれている。名前が掘られているが、この人は至る所に自分の名を刻んでいるな。左は水車かな。 ここが絶景ポイントなのだろう。 これで散策は終了。張家界市内に戻る。遠くにシルエットのように奇岩の山々が映り込む。 張家界はこれにて終わり。

続きを読む

張家界

2003年9月 湖南省張家界市武陵山脈にある険しい峰が連なるカルスト地形の奇観で知られる「張家界」を訪れた時の様子。1992年、「武陵源自然風景区」として世界遺産登録されている。 張家界の地図。 麓に到着。下から見上げるだけでも奇怪な岩山の様子が眺められる。 武陵源自然風景区入り口。このゲートを越えたあと、電気バスに乗せられ山頂に向かうロープウェイ乗り場まで移動したと記憶する。 ロープウェイを待っているところ。 やっとロープウェイに乗船。間近に見える奇岩。 次から次へと現れる切り立った奇岩の数々。 頂上に到着。 遠くに連なる武陵源の山々を眺める。 奇岩を上から眺める。 まさに切り立った石柱とでも表現したら良いのだろうか。 乗って来たロープウェイの様子。 しかしよくもまあ、こんな険しい地形のところにロープウェイを作ったもんだと感心する。切り立った岩肌と松などの樹木の色合いが良い。 上からの眺めで一番かな?! 世界でも稀な石英質砂岩が熱による変成を受けた変成岩で構成された峰林峡谷地形とカルスト地形が織りなす絶景。どのくらいの高さがあるのだろう。調べると200mを越え、最も高いもので300mにも達するとのこと。 広角レンズで撮影したい風景。 楼閣の形をした中華風見晴台。 これまた鋭く切り立った奇岩の数々。なんだこれはと呟きそうになる。 手前の奇岩の天辺…

続きを読む

もっと見る