延安高架路 延福緑地

延安高架路を陸家嘴方向へ走っていると新世界を越えた辺りの右手に緑地が広がる。 Google Mapで場所を確認すると延福緑地とある。福建南路と浙江南路で挟まれた区域である。 上海市は長らく中国全土の大中都市の中で1人当たり公共緑地面積が最下位にランクされるという不名誉な記録があり、このため、緑地を増やすというのが政策の重点課題であった。 Google Earthで2002年12月を見てみる。 赤く囲んだ所が、後の延福緑地である。こう見ると確かに緑が少ない。 2016年12月を見てみる。立派に緑地化されている。 さて、2003年7月、この緑地化された延福地区の最後の様子を写真に収めたのでご覧頂きたい。 延安東路に架かる歩道橋から延安東路に面したエリアを撮影。撤去用ネットで被われている。 近寄って撮影する。 反対側から撮影。 すでに取り壊し作業が始まっている。ここは歩道のような気がするが。 エリア内の小道を入る。撤去作業がぼちぼち始まっている。洗濯物がまだあるので住人はいる様子。 福建南路側。 寧海東路の様子。東向きで。 寧海東路と浙江南路の交差点。 浙江南路を延安高架路方向に見る。中央は海洋大廈。 寧海東路を西に進み撮影。左は申鑫大廈の敷地。 当時、ネットで被われているのは改修か何かのためであり、まさか緑地化のためこの地区全体が解体されるとは露ほども思っておらず、地区…

続きを読む

もっと見る