四川旅行 楽山大仏・峨眉山

2011年5月 四川旅行 黄龍・九寨溝の続き。「峨眉山と楽山大仏」として世界遺産に登録された四川省楽山市にある楽山大仏と峨眉山市の峨眉山を訪れた時の様子。 楽山大仏の位置。成都から約100kmの距離。 楽山大仏の周辺 楽山大仏は長江の支流である岷江(びんこう)、大渡河が合流する地点の岸壁に彫られた弥勒菩薩を象った巨大な磨崖仏(石仏)。石窟寺院の一種でもある。その大きさは高さ71mあり、奈良東大寺の大仏の5倍と言うから如何に大きいかが分かる。古文書の言い伝えによると713年より彫り始められ803年に完成したという。当時は13層の木造の建造物に覆われていたということだが、明代末期に建物は焼失し、現在の姿になったという。 楽山大仏の入門口。樹木に覆われている。 楽山大仏景区の案内板。 龍の口から流れ落ちる湧き水。右にあるのは龍の手?足? 兜率宮。兜率天(とそつてん)は仏教用語で三つある天界のうちの六欲天の一つで第4番目の天である。お釈迦さまの前世が兜率天であったということらしい。随分と膨よかな天人様だ。 さらに門を潜って中に入る。 中に入って少し歩くと見えてくる凌雲寺。中は天王殿、大雄殿、蔵経楼の3重式四合院により構成されている。この寺院の隣に大仏様が座っておられる。 出たぁ〜。でかい! 横から見ると視線がなんかユーモラスだ。左上に写っている人と比べると、如何に大きいかお分かりでしょう。 上半身。繊細さはないが、デカさに圧倒され…

続きを読む

四川旅行 黄龍・九寨溝

2011年4月 四川省黄龍・九寨溝を観光した時の様子。 以前、この地へのアクセスは、成都から450kmの距離をひたすら10時間近く、バス・車で揺られるしか交通手段はなかったが、2003年に九寨黄龍空港ができたお陰で概ね2時間以内で行けるようになった。中国屈指の観光地であるが、今年8月の大地震で、「火花海」、「諾日朗の滝」、「箭竹海」などの観光名所が大きな被害を受けたと聞く。あれから3ヶ月以上経ってはいるが、被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。また、早く復興されることを願います。 まずは黄龍風景名勝区の位置。 黄龍風景名勝区周辺。 拡大地図。 ロープウェイで一気に3200mの高さまで登る。そこから五彩池まで約2kmくらい山道を歩くことになる。振り返ると雪を抱いた山並みが見える。 黄龍風景名勝区全景の案内板。少し見辛いが、地図上の上側にある赤い丸点が現在地。最も高いところにある五彩池の近くまで来た。 黄龍古寺。皆さんここで記念撮影。 山の麓に何か工事中のようなものが見える。そう、あれがチベットの五色の祈祷旗であるタルチョーです。 いよいよ棚田のようなプールが見えてきた。五彩池だ。 溶けた石灰が堆積して形成された大小のプールが棚田状に連なり、エメラルドグリーンの水が美しい。 ここを起点に約3,400個、約7kmにも渡ってこのプールが連なっている。 右に見える場所が写真撮影の絶景のポイントらしい。 その絶景…

続きを読む

四川省への道 6 最終章 成都編

四川省への道の最終章 成都編。時は2003年11月。 前回のブログ 四川省への道 1 広元 四川省への道 2 阆中古城 四川省への道 3 南充、成都、そして黄龍渓鎮 四川省への道 4 宝光寺と孝泉村 四川省への道 5 洛帯古鎮 成都市内の地図。 洛帯古鎮から成都市内に戻る。市の中心にある天府文化广场の夜景。中央は白く輝く毛沢東像。 広場の様子。 天府文化广场の裏の露天商が多く出ている通り。 天府文化广场近くの大業路の様子。 幌付き自転車が多い。これに乗ってホテルまで帰るとする。 大業路から北を見る。建設中の中環広場のツインタワーが見える。この辺りは天府文化广场から東に200mくらい、市の中心に位置する。 四川省の旅の最終日。まずは文殊院を目指す。文殊院は隋の時代に建造された园林が基で、その後仏教寺院と一体化したとのこと(by ウキィペディア)。寺院なのでカラーは勿論イエローである。  境内の様子。 文殊院千佛和平塔。 文殊院を後にする。 文殊院近くの陳麻婆豆腐。調べて見ると、成都市内にあと2店舗ある。ちなみに日本にも出店しており赤坂など6店舗ある。 天府文化广场内にある成都市体育中心。TV中継か何かイベントが行われている。 朝の天府文化广场の様子。 昨晩遠くから眺めたが、最近滅多にお目にかからない毛沢東の像。 天府文化广场の西に位置する通恵門路に面した琴台…

続きを読む

四川省への道 5 洛帯古鎮

四川省への道 4 宝光寺と孝泉村 の続き。 時は2003年11月。 徳陽に宿泊し、早朝成都に戻り、洛帯古鎮を目指す。成都から約20kmの距離。Google Mapで場所を確認。 市内の地図。 洛帯鎮は三国志の時代、劉備の息子劉禅が帯を落としたことからその名がついたと言われている。また、明末期から清の時代にかけて、湖南省や広東省から多くの人が移り住んだ、所謂客家の住む古鎮であり、独特な雰囲気のある建築物が特徴的。 さて、洛帯鎮に到着。下街の入り口にある案内板。 下街を進む。化粧品屋さん、スナックなどの軽食店、普通の下町といった感じ。 右はケーキ屋さん、その横は靴下など足回りの雑貨屋さんなどなど。 さらに進むも雑貨屋さんや普通の民家が続く。 右に緩やかに曲がっている。 全然観光地化していない普通の古い街並み。 あまりにも普通、地元の人向けのお店ばかりだったので少し不安になったが、ようやくそれらしい建物が見えてきた。湖広会館である。1746年湖西省・広東省からの移り住んだ人達が建造した集会所のような建物。広さ2771m2。「禹王宮」とも言われている。独特な色彩が目を見張る。 さらに近付く。この辺りの商店はさすがに小綺麗だ。正門の右隣はお医者さん、そして洋服屋さん。 正面からのアップ。車が邪魔でした。 中の様子。なにやらおばあちゃん達が並んでいる。体操でもするのか? 湖広会館を後にして下街を先に進む。観光用の三輪車かな。道…

続きを読む

四川省への道 4 宝光寺と孝泉村

四川省への道 3 南充、成都、そして黄龍渓鎮の続き。時は2003年11月。 黄龍渓鎮から戻り成都に宿泊。早朝の市内の様子。 小学生の登校の様子。 出勤の様子。 朝の体操、いや太極拳? おばさん達はいつも元気だ。 さて、徳陽市に向かう途中に宝光寺があることに気付いた。折角なのでここに寄ってから徳陽経由孝泉村に向かうこととした。宝光寺は全国重点文物保護单位の一つ。唐の時代に建造されたが、明の時代に焼き討ちにあったようで、現在のものは清の時代に再建された。その場所を地図で確認。 宝光寺の正面入り口。 境内に入る。 舍利塔。歪んで見えるのはカメラの性能問題です。 七佛殿。 大雄殿。 念佛堂。 罗漢堂の入り口。 中の様子。 宝光寺近くのバス乗り場の様子。 徳陽駅行きのバスに乗り込む。 孝泉村の場所を確認。 村の地図。マーキングは姜孝祠。 徳陽駅より孝泉鎮に向かう。 孝泉村は『二十四孝』( 中国において後世の範として、孝行が特に優れた人物24人を取り上げた書物)に登場する姜詩の故郷。姜詩の母は、いつも綺麗な川の水を飲みたい、魚を食べたいと言っていた。姜詩と妻は、いつも長い距離を歩き、母に水と魚を与えてよく仕えた。するとある時、姜詩の家のすぐ傍に綺麗な川の水が湧き出て、毎朝その水の中に鯉がいたという儒教的な話。これにより孝泉という名がついたとのこと。(ウキィペディア『二十四孝』より)…

続きを読む

四川省への道 3 南充、成都、そして黄龍渓鎮

四川省への道 2 阆中古城の続き。 時は2003年11月。 南充市の位置を確認。阆中市から138km。 市内の地図。市の中心を長江の支流である嘉陵江が流れる。 阆中より南充に向かうバスに乗り込む。車窓から見た嘉陵江の風景。 18時40分 約3時間で南充バスターミナルに到着。 市内の様子。市の中心にあるロータリー。 夜景。 露天商。 繁華街の様子。 この周辺に宿泊。翌朝の様子。 早朝、バスに乗り込み南充を出発。12時半 成都に到着。 市内の様子。 宿泊した成都飯店の様子。何気なく撮影したが、2012年に爆破解体されたとのこと。在りし日の勇姿。 市内を流れる錦江に架かる橋の様子。 どこを歩いたか覚えていないが、なかなか香ばしい住宅街に出る。 樹木に隠れているが、後ろの高層ビルとの対比が一層寂れた感を醸し出す。 広い通りに出る。 双流県东升に移動。 周辺の様子。 东升より黄龍渓鎮に移動。成都から42kmの距離。黄龍渓鎮は中国歴史文化名镇の一つで、2100年の歴史があると言われている。古鎮全体は七つの街(比較的大きな通り)と九つの巷(狭い通り)からなる。清の時代の建築物が数多く現存している。入り口にあるゲート。 ゲートを抜けると観光用の幌付き三輪車群がお出迎え。 ズンズン歩いていく。石畳の通りに出る。 お揃いの青い垂れ幕が連なる。地元…

続きを読む

もっと見る