人民広場 7 南京東路

2009年5月 南京東路、人民広場を散策した時の様子。この日は5月1日の労働節(メーデー)を含む黄金節(中国版ゴールデンウィーク)の週、国旗の飾り付けをあちこちで目にする。 南京東路の地図。 南京東路歩行街をぶらつこうと、地下鉄2号線に乗って「南京東路」駅で下車。上海置地広場あたりから人民広場方向を眺めると見えてくる百联世茂国際広場。触覚を持つ昆虫にしか見えない。右に「亨得利(Hengdeli)钟表」、「吴良材眼镜」の看板が見える。前者は腕時計、後者は眼鏡の専門店、どちらも100年を超える老舗である。 人民広場方向に進んでから振り返る。左は先程見た老舗2店舗。右には牛丼の「吉野家」が見える。「吉野家」だって負けていない、創業100年を超える。 さらに進んで世紀広場あたりから撮影。中央はUFOが降り立ったような上海新世界丽笙大酒店(ラディソン・ブル・ホテル 上海 ニューワールド) 。 もう少し進むと、右サイドに無添加化粧品「FANCL(ファンケル)」の看板を掲げる上海时装商店(先施大厦)が見えてくる。古代ローマ風建築が人の目を惹きつける。ここも100年近い歴史がある。 右手はその上海时装商店だが、上海世博会の公式マスコット「海宝(ハイバオ)」君が半分に裂けてしまった。左は永安百貨、現在は百联集团系列。こちらも創業100年を超える。 振り返って世紀広場方向を見る。 联世茂国際広場の前から振り返る。左サイドの看板の中で1914年創業の「亨达利(Heng…

続きを読む

人民公園周辺

2006年8月に訪れた南京西路の通り一つ北側を走る鳳陽路(凤阳路)の様子。新世界商務楼や锦江国际饭店の裏側、北京西路側になる。 2006年8月 黄河路にほど近い鳳陽路の様子。南京西路から通り一つ入っただけだが下町溢れる感じがする。 南京東路歩行街方向を眺める。2本の触覚が伸びる百聯世茂国際広場が見える。 この右手に新世界商務楼や上海新世界麗笙大酒店がある。 中央は金甌万国大廈(南門)。左の建屋は間も無く解体撤去となるのだが、解体後ほぼ10年放置される。 右は華盛大公館, 中央は中華保険華盛大廈 新昌路を曲がる。 南京西路にでる。左の時計台のある建物は上海美术馆旧址。 建設中の創興金融中心。奥は南京東路歩行街方向、百聯世茂国際広場、来福士広場が見える。 南京西路から百聯世茂国際広場を眺める。 左に新世界商務楼が見える。 振り返ると明天広場がお出迎え。 本日はここまで。 つづく

続きを読む

人民広場 6

前回、人民広場 5の続き。2006年1月に撮影した人民広場周辺の様子。 人民広場周辺の地図。 2005年11月 2016年7月 2006年1月 西蔵南路と金陵東路の交差点から北西の向きで撮影。中央は上海音楽庁。 西蔵南路を北向きで撮影。延安高架路越し、右に頭がUFOの上海新世界丽笙大酒店(ラディソンブル ・上海ニューワールドホテル)、左に万年筆の筆先のような明天広場。 延安高架路付近の歩道橋から南西の方角を見る。手前は西蔵南路と上海音楽庁、淮海中路沿いの金鐘広場、大上海時代広場、上海広場などの高層ビルが見える。 南に目をやる。金色に輝く蘭生大廈と右の金鐘広場。 2004年5月はまだ地下鉄工事中であった。 延安高架路付近の歩道橋から北を見る。右は都市总部大楼、その奥は来福士広場、中央は新世界商務楼、その左は上海新世界丽笙大酒店。 西に目を移す。 福州路から来福士広場を見る。 九江路から西をみる。左は明天広場、右に1934年に完成した国際飯店(パークホテル)が見える。スロヴァキアの建築家が設計したアール・デコ調の建築物、外灘の和平飯店に対抗して建築された。22階建て(84m)で1952年まではアジアで最も高いビルであった。中国では1966年、上海では1983年まで最も高いビルであった。 南京路歩行街。百聯世茂国際広場前。 百聯世茂国際広場前の様子。 いつ来ても人が多い。 …

続きを読む

新昌路、曲阜西路、蒙古路

2004年5月 人民広場の北側、北京西路と呉淞江に囲まれたエリア、呉淞江を渡った周辺を散策。 まずは、Google Mapで場所を確認。 北京西路と黄河路の交差点。3階建て集合住宅の曲線が特徴的。 北京西路を西に進み、新昌路との交差点。 新昌路を曲がる。 新昌路の様子。 石庫門作りの民家の補修? 足場はやはり竹。 新昌路と山海関路の交差点。右は後の上海滩·新昌城の建設用地。 山海関路の様子。 上海滩·新昌城の建設用地、かなりでかい。西を向くと奥に南北高架路が見える。 南を向くと人民広場方向。明天広場が見える。 建設工事が始まったばかりのようだ。 新昌路を北に向けさらに進み、烏鎮路に出る。呉淞江に架かる烏鎮路橋から、新橋路に架かる橋を見る。 烏鎮路から凱旋門の形を模した凱旋門大廈が見える。 曲阜西路を曲がる。タイムスリップしたような通りの雰囲気。 勿論、車など通れない狭さ。 国慶路から見える凱旋門大廈の様子。 蒙古路を曲がる。 蒙古路を振り返る。 蒙古路をさらに進む。 蒙古路と普元路の交差点。 蒙古路を先に進み西蔵中路に出る。 つづく

続きを読む

人民広場 5

人民広場 4の続き。 時は2004年5月 人民広場周辺の様子。 毎度の事ながらGoogle Map で場所を確認。 延安東路に架かる歩道橋より西蔵中路を北向きで撮影。右手前から建設中の都市总部大楼、来福士広場、建設中の百联世茂国际广场、その左隣に新世界商務楼と頭がUFOの上海新世界丽笙大酒店。 この辺りの工事はほぼ完了している。 西に少しずらして見る。中央は上海城市规划展示馆。 道路脇から撮影。 南側を見る。こちらはまだ地下鉄工事中。 西南側を見る。右に見える緑色のネットで覆われたいるのが上海音楽庁で、現在移設中。間も無く工事完了見込み。淮海中路沿いの金鐘広場、大上海時代広場、上海広場などが見える。 金色に輝く蘭生大廈と右の金鐘広場。 西蔵中路の寧海東路側より北向きで撮影。この辺りはまだまだ地面を掘ってます。奥に延安高架路が見える。 蘭生大廈前の道路整備の様子。 西蔵中路と金陵東路の交差点。 西蔵中路を北に歩き反対側より、建設中の都市总部大楼の全体を見る。 ビル手前より見上げる。 来福士広場と建設中の百联世茂国际广场。 来福士広場前。すでに開業。 南京歩行街から西側を見る。右が新世界商務楼。 西蔵中路の第一百货商店の横から北を見る。建設中の雅居楽国際広場が見える。左隅は新世界商務楼。 さらに北に進む。 西蔵中路と凤阳路の交差点から。右側のブルーのトタンで囲まれた用…

続きを読む

人民広場 4

人民広場 3の続き。 Google Mapで場所を確認。 2003年11月 来福士広場、ほぼ出来上がる。間も無く開業。その奥は建設中の百联世茂国际广场。手前は西蔵中路。 同じポイントから北にカメラを向ける。中央は新世界商務楼。 東にカメラを向けると海通证券大厦。手前は建設中の都市总部大楼。 南を見る。中央は港陸広場。その奥に延安高架路が見える。 延安高架路の歩道橋より南をみる。ここはまだ地下鉄工事真っ最中。中央は蘭生大廈、その右に金鐘広場。 北を見る。こちらの工事はほぼ完了している。 つづく

続きを読む

もっと見る