呉淞江を遡る 8

呉淞江を遡る 7 の続き。 前回2017年12月6日、莫干山路から昌化路に出たところで、左折し帰宅したので、今回はその続き、昌化路を右に曲がるところから始める。日付は2018年5月8日。この日の最高気温30℃。 現在の場所 (莫干山路と昌化路のT字路にあるレストランを目標地に) 周辺の地図。 ↓ 莫干山路と昌化路の角に建つ、建設中の「天安陽光広場」。前回来たのが昨年2017年の暮れ、約半年前なので、その時と比べても随分建設が進んでいる。 昌化路を右折し、呉淞江を目指す。 通りの反対側から「天安陽光広場」を眺める。 中潭路駅周辺の地図。 下流から数えて15番目の昌化路橋が見えて来た。後ろは高層マンション「中遠両湾城」。昌化路橋を渡ると通りの名は中潭路となる。このまま進むと中潭路駅にでる。15年前の2003年4月、この地を訪れているのだが、その時の様子 軌道交通3号線 中潭路駅 。「中遠両湾城」はまだ建設中であった。 2003年4月に訪れた時の写真から1枚だけご紹介したい。中潭路駅から南側、「中遠両湾城」の建設の様子を写した写真。右手に呉淞江が見える。 さて、橋の近くから「天安陽光広場」を眺める。まさに城のような佇まい。 昌化路橋を眺める。 橋の上から東側の高層マンション「中遠両湾城」を眺める。 「天安陽光広場」を一望する。デザインが斬新。 「中遠両湾城」の敷地に入…

続きを読む

上海駅北口 大幅加筆

昨日のことだが、約1年前、このブログの初期の記事(2016年11月30日、12月2日)で取り上げた 13年ぶりに上海駅(上海火车站)北口を歩く 13年ぶりに上海駅(上海火车站)北口を歩く Part 2 を大幅に加筆した。場所が特定できなかったため掲載しなかった十数枚の写真を、もう一度地図や航空写真とにらめっこし、ある程度場所が特定できたので追記した。 すでに読まれた方も、良かったら一読ください。 今見ても、よくもまあこんな写真を撮ったものだと、我ながらその物好きさ加減に呆れるのだが、当時の様子を伝える写真はそう多くは残っていないだろう。 現在の上海駅北口の姿だけを見ていると、とても10数年前の寂れた姿を想像できないかもしれないが、確かにそこに存在していたのである。 時間が経つのは早い。街の外観だけでなく、人の考えも急速に変わっていく様子をこれからも取り上げていきたい。 上海駅北口の様子をGoogle MapとGoogle Earthの航空写真で見て見たい。 2012年12月 駅北口の西部エリア(第1期)の再開発が進む。 2009年4月 駅北口の東部エリア(第2期)の再開発が進む。 2017年4月 ほぼ現在の姿。北口の中興路以北の西部エリア(第3期)の再開発が進められている。 注) 第1期〜第3期は私が勝手に名付けたもの。 つづく

続きを読む

13年ぶりに上海駅(上海火车站)北口を歩く まとめ

新旧の写真比較のため、もう一度上海駅北口を散策。過去ログは以下をご参照ください。 13年ぶりに上海駅(上海火车站)北口を歩く1 13年ぶりに上海駅(上海火车站)北口を歩く2 当時の目印を頼りに、できるだけ同じアングルで撮影を試みるも、結果はもうひとつか。 雰囲気だけでも感じとって下さい。 まず、Google Mapで周辺を見てみる。 2003年5月1日 地下鉄上海駅の看板。 2016年12月5日 もうすこし近くから撮影しないと。13年前のこの通りは今はもう無い。 2003年5月1日 遠くに見える地下鉄上海駅の看板。下を通る大统路(地下化)を跨ぐ橋なか? 2016年12月5日 大统路(地下化)はこの後ろ。手前にあった住居はすべて撤収されたという事。駅前スペースは広くなったが、無駄に広くないかい! 2003年5月1日 中央に見える電波塔のあるビル(交通警察ビル?)が目印。 通りは长兴路 2016年12月5日 電波塔のあるビルをほぼ同じ角度、距離で撮影。そうです、古い商店、民家はすべて撤去され無くなりますただ。 2003年5月1日 線路反対側(南口)にある庐峰饭店が目印。 2016年12月5日 目印は13年経過しても健在。昔あった通りはもう無い。 2003年5月1日 高架橋から見た上海駅方向 2016年12月5日 これは比較的分かりやすいか。高層マンション「中海·万錦城二期」が出現。 2003…

続きを読む

13年ぶりに上海駅(上海火车站)北口を歩く Part 2

先日の11月30日と12月5日に上海駅北口を訪れたのでその時の様子。12月5日分は後付けで追記している。 13年ぶりに上海駅(上海火车站)北口を歩くの続き。 【2016年12月6日 追記】 【2017年12月10日 大幅追記】 上海駅周辺の地図。 2016年11月30日 南口方向から地下道を抜け、北口側地上に出た所の地下鉄上海駅の案内看板。この看板は13年前と変わらない。 北口地下鉄出口周辺は空きスペースになっている。この先に隣接する上海(火车)站が見える。13年前に比べ、広くなったのはいいが、無駄に広くないかい?。13年前、ここは交通路になっていて、オープンキッチンな香ばしい民家が密集していた場所であるが、全て撤されてしまった。いずれ何かの施設ができるとは思うのだが…。 上海(火车)站の様子。右に「上海新視界中興眼科医院」のビルが見える。 北に視点を移すと、路線バスターミナルになっており、その後ろに右から「上海鉄路公寓」、「新理想大廈」、「中祥戴斯大酒店」、左は先程見た「上海新視界中興眼科医院」。 さらに東に向きを移すと、路線バスターミナルが続き、その背後には「太陽山広場」や高層マンション「中海·万錦城」が建つ。この辺りは、太陽山路、長興路、永興路が走る、民家が密集していたエリア。 さらに東に向くと、右手に「中海·万錦城二期」も見えてくる。この辺りは太陽山路と交通路に挟まれたやはり民家が密集していたエリアである。 大統路と太…

続きを読む

13年ぶりに上海駅(上海火车站)北口を歩く

最初に上海駅(上海火车站)北口を取り上げる。 【2017年12月9日 大幅追記】 何故、上海駅北口なのか? 十年一昔。 13年ぶりに訪れた下町風情溢れる旧い街並みはすっかり変わってしまった。 豫園周辺なども、随分再開発が進んだが、それでもまだまだ下町風情は残っている。 しかし、ここ上海駅北口はこの10年で大きな変貌を遂げた代表的な地域ではないだろうか? そうしたことより、最初に取り上げた。 東京で言うならば、東京丸の内駅。大阪なら大阪梅田駅 (こらぁ、当たり前!)  大都市上海の鉄道の玄関口である上海駅。但し、こちらの鉄道利用は通勤・通学ではなく、帰省などの移動の手段、そうした意味からすると、東京でいえば、上野駅に近い感じがする。その玄関口の裏手はどこも多少寂れているとは言え、駅裏一等地が10年ちょっと前までは、本当に超下町だった。トタン屋根が連なり、ベニヤの家すらあるようなエリアであった。今回、大きく変貌した再開発の姿を目の当たりに、感慨ひとしおである。 どれくらい変わったか、GoogleEarth先生で見てみよう。 2002年7月の上海駅周辺 中央の青い屋根が上海駅の駅舎。表玄関である南口(写真下側)はすでに整備完了しており、現在とあまり変わりがない。北側(北口)はと言うと、駅前に広場らしきロータリースペースはあるものの、それ以外は赤茶色した屋根の民家が駅近くまでも密集している様子が見て取れる 「地図データ: Google、DigitalG…

続きを読む

もっと見る