浦東 三林塘老街

2013年7月 三林塘に出掛けた時の様子。時は、4世紀の東晋の時代、浦東がまだ浅瀬の海岸だった頃、船の発着に手頃な場所に港ができ、その周りに人が移り住み、やがて村落が出来上がって来たわけだが、そのような村落の一つがこの三林塘。東晋の時代からというので、上海では古い部類に入る。 名が知れた観光スポットではないが、最近整備されたとの噂を聞き、気温38度を超える暑い中、カメラ片手に出掛けた。水郷の街ではないが、新しい観光スポット・老街誕生かな。 以前、浦東 三林路でご紹介した三林路の近く。地下鉄なら11号線「三林」駅から徒歩約10分。 三林塘の地図。 周辺の拡大図。 三林路から見える「三林塘」牌坊。今回訪問の4年前の2009年にここを歩いたのだが、当時この牌坊は無かったのではなかろうか? もしあれば気付いたと思うのだが、見落としたのか? 当時の写真を見てもそのような物はなさそうなのだけれど。 通りの名は三新路。ここを曲がる。 ゲートくぐると見えてくる江南風建築群。黒い瓦屋根と白い壁、そして立派な防火壁(日本風にいうとうだつ)。しかし、新しいですな。 人が住んでいるようには見えないので、後には商店になるのか? 特徴的な瓦屋根。 右に曲がると東林街、三林塘のメイン通りである。ここにも牌坊がある。 ゲートをくぐる。観光客は誰一人としていない。炎天下の2時過ぎ、そりゃ〜誰も出歩かないでしょう。と思っていたら、地元の人を見かけた。 少…

続きを読む

浦東 三林路

上海世博会まで残り1年を切った2009年5月の浦東・三林路周辺の様子。 世博会会場から少し距離はあるが、この周辺も急ピッチで道路インフラ整備が進んでいる。 現在の地下鉄11号線「三林」駅周辺である。 上南路と三林路の交差点からスタートする。交差点より北東の方角を見る。 東南の方角を見る。この辺りが11号線「三林」駅。 三林路を曲がった辺りの様子。 三林路は片側1車線の通り。 道路拡張工事が行われている。 さらに進む。 さらに進むと三林中学が見えてくる。 さらに進むと、工場の煙突が見えてくる。 灵岩南路を右に折れそのまま進むと、上海市内を一周する環状道路「中环路(中環路)」の工事現場に出る。この下が华夏南路。 「中环路(中環路)」の高架を潜りそのまま灵岩南路を進むと楊南路と交差する所に道教の寺院がある。「崇福道院」というらしい。建造は1120年、上海で現存する主要道院の一つ。 院内に入れるようなのでお邪魔する。 仏教系寺院のカラーは黄色だが、道教はまさにこのカラー。 周辺の様子。 つづく

続きを読む

もっと見る