楊浦 大連路周辺を歩く 2017年

これまで大連路の西側・虹口区の長治路、東長治路などは随分散策したが、東側・楊浦区は殆ど歩いて無かった。2017年2月に、虹口区側を散策後、楊浦区に入り込んだのでその時の様子を2回に分けて書いてみたい。 ルートは大連路→長陽路→通北路→恵民路→汾州路→榆林路→平凉路。この地区一帯は黄浦江両岸の再開発エリアにあたり、至る所に解体撤去現…

続きを読むread more

虹口 長治路を歩く 2 2017年

2003年6月に散策した様子を書いた記事 虹口 長治路を歩く 2003年 の続編。14年後の2017年2月に東長治路→長治路→天潼路を散策した時の様子。 前回の記事 虹口 東長治路周辺を歩く 2 2017年 にて東長治路から長治路まで歩いたのでその続き。 Google Map 長治路周辺の地図 百度地図 周辺…

続きを読むread more

虹口 東長治路周辺を歩く 2 2017年

前回取り上げた大連路、その南西側に位置する虹口区の東長治路を2003年6月に散策した様子は、虹口 東長治路周辺を歩く 2003年 という記事にて書いたが、14年後の2017年2月に同地区を訪れたので続編として書いてみたい。 散策したこの地は外灘の北側に位置し、近年北外灘と呼ばれ、元々海運関連施設が多かったことより、国際フェリータ…

続きを読むread more

虹口 大連路周辺を歩く 3 2017年

今から16年前の2003年6月に訪れた様子を、虹口 大連路周辺を歩く 2 2003年 という記事にて書いたが、2017年1月に同地区を散策したので続編として書いてみたい。 2003年当時はまだ地下鉄4号線が開通していないため、浦東よりフェリーに乗って来たが、今回は地下鉄に乗って楊樹浦路駅までやって来た。 ちなみに、地下鉄4号線の…

続きを読むread more

南市 塘橋から黄浦江を渡る 董家渡路 2 2017年

2003年、塘橋渡口から董家渡路渡口までフェリーに乗船した様子 南市 塘橋から黄浦江を渡る 董家渡 2003年 という記事を書いたが、14年後の2017年に同じルートを散策したので、その時の様子を書いてみたい。 先日、浦東・前灘の開発が凄まじいという記事を書いたが、董家渡路付近、老碼頭エリア、さらに北側の十六铺エリア、つまり黄浦…

続きを読むread more

浦東 塘橋 5 2017年

2017年1月のとある日、11年ぶりに浦東・塘橋の写真撮影のため訪れた時の様子。前回2006年に訪れた時の様子 浦東 塘橋 4 2006年 。写真撮影は11年ぶりだが、実際には買い物、食事などでそれなりに訪れてはいた。 なお、このエリアの記事で必ず取り上げる松下電工が運営する日本人駐在員向け住居「東桜花苑」は、2002年に竣工し…

続きを読むread more

前灘New Bundを調べてみた 2019年

先日、前灘地区がエライことになっているという記事、 前滩地区がえらい事になっている 2019年 を書いたが、その後気になったので少し調べてみた。 前灘地区を最初に取り上げた記事は 黄浦江ウォターフロント 前滩 2017年。 さて、以下の写真8枚は 2018年6月11日付けのsohu.comの記事から拝借した。基本的に写真は自…

続きを読むread more

前滩地区がえらい事になっている 2019年

昨年、黄浦江ウォターフロント 前滩 2017年で取り上げた浦東・前滩地区だがえらい事になっている。当時、地下鉄東方体育中心駅の周りには商店一つなく、スポーツセンターがあるだけでやっとビル建設が始まったなくらいの感覚しかなかったが、2年経って見てみると、50階を有に超えるシンボルチックな高層ビルを筆頭に商業ビル、ホテル、高級マンション群が…

続きを読むread more

第一八佰伴周辺 16 浦城路・取り壊し中 2003年

2003年7月に第一八佰伴周辺を撮影した未使用の写真第2弾、第一八佰伴周辺 15 トンネル・立体交差の工事中 2003年の続き。 撮影は2003年7月。 周辺の地図。 地図上の赤矢印ポイントから建設中の高層マンション・世茂浜江花園に沿って張楊路まで歩いた時の様子。まずは、赤矢印ポイントである浦電路と浦城路のT字路の様子…

続きを読むread more

第一八佰伴周辺 15 トンネル・立体交差の工事中 2003年

古い写真を整理していたら、2003年7月頃に撮影した浦東・第一八佰伴(ヤオハン)周辺のものが結構見つかったので2回に分けて書いてみたい。実はこの時期、第一八佰伴近くに住んでいたので、自然とこの辺りの写真が多くなってしまう。今から16年前の姿、実に懐かしい、懐かし過ぎて涙がちょちょ切れてしまいそうだ。至る所で古い民家が取り壊されガンガンと…

続きを読むread more