今週末から

今週末からしばらく 日本、パリ、ロンドンを周遊する。 日本は周遊のうちには入らないか。

続きを読む

世紀大道駅 六叉路交差点 6

世紀大道駅 六叉路交差点 5の続き。前回2005年から、ずいぶん時間が経過してしまった。時期は2008年1月。 周辺の地図。 Google Earth 2008年4月の様子。 地下鉄4号線「浦東大道」駅で降車し、福山路を歩く。福山路は東方路の通り一つ東側の住宅街にある通り。北側に上海海神诺富特大酒店(ノボテルホテル)が見える。 福山路を南に歩く。この先が張陽路。 …

続きを読む

霍山路・舟山路の歴史建造物群

虹口区の東端、歴史保存建造物が多く集まる霍山路、舟山路エリアを散策。この辺りはかつて日本軍が国籍の無い難民の居留地区に指定したため、ユダヤ人難民などが多く居留していた。周辺にはその名残のある建物が多く残っている。地下鉄12号線「提籃橋」にほど近い。散策したのは2008年1月。 周辺の地図 霍山路に到着。 1910年代に建てられた赤煉瓦作りの歴史保存建築物。ここにアメリカ…

続きを読む

長江文明 6 長江・黄河そして日本

長江文明 5 長江文明の衰退の続き。 3章 「長江・黄河そして日本」。この章は梅原氏と京都大学名誉教授であり考古学者の樋口隆康氏との対談がベース。この対談では各方面の話題が出て大変興味深いのだが、いくつかピックアップしてみる。 ・やはり何と言っても、文字の存在。北(殷:黄河文明)では見つかっているが、南(長江文明)では現時点で前段階の符号のようなものは出ているが、文字は見つかっていな…

続きを読む

長江文明 5 長江文明の衰退

長江文明 4 都市文明の成立の続き。 前回、「紀元前2000年頃(今から4000年前)頃を境にして、長江流域全体が停滞期を迎える。これが、中国歴史最大の謎である」で終わった。その続き。 ここで、もう一度石家河文化圏の三苗民族と良渚文化圏の古代越人について触れておく。 三苗民族は長江中流域で紀元前3000年前半から末期にかけての複合民族共同体。 ウィキペディアによると、『山海経…

続きを読む

長江文明 4 都市文明の成立

長江文明 3 土器の起源の続き。 第2章 都市文明の曙光 (問)都市文明はどこで発生したのか? (答)城壁を作っての城壁都市は長江中流域の城頭山遺跡が一番古い。紀元前3500年、今から5500年前から5000年前に巨大な城壁を作るようになった。但し、考古学上の証拠としては、今から5000年前から4000年前の間、とりわけ長江の中流域と上流域、それから黄河流域にたくさんあらわれる…

続きを読む

海寧路から宝山路駅まで

河南中路から海寧路までの続き。 周辺の地図。 前回、河南中路から海寧路まで歩いた続き。 海寧路と河南北路の交差点を東に進み、江西北路を曲がり北上する。突き出た洗濯物の干し竿が見事である。 天気が良いわりには洗濯物がちらほら。洗濯日和でっせ。そう、大きなお世話である。 程なく進むと安慶東路にでる。 安慶東路を右に曲がる。道幅が狭くなる。 かなりの密…

続きを読む