"ブラ歩き・静安"の記事一覧

静安 上海駅北口 2017年

2017年12月、静安区の上海駅北口周辺を訪れた時の様子を書く。 最初に来たのは2003年4月、それから13年後の2016年12月に訪れて以来1年ぶりの訪問。 今回は地下鉄上海火車駅北口から中興路→恒豊北路→沪太路→芷江西路を歩いた様子を記事にする。 2003年4月に訪れた時の様子は静安 13年ぶりに上海駅(上海火车站)北口を…

続きを読むread more

静安 呉淞江を遡る 6 普済路橋 2017年

静安 呉淞江を遡る 5 新橋路橋 2017年 の続き。 時は2017年12月6日。 普済路橋周辺の地図。 下流から数えて13番目の橋・普済路橋に近づく。 歩道橋のような普済路橋。上に登ってプレートを眺める。 このまま光復路を先に進もうと思うのだが、右手は巨大な建設現場、そして光復路上にはプレハブの…

続きを読むread more

静安 呉淞江を遡る 5 新橋路橋 2017年

静安 呉淞江を遡る 4 西蔵中路橋 2017年 の続き。 時は2017年12月6日。 外白渡橋から出発し、呉淞江の北岸、北蘇州路、光復路を歩き、新橋路橋(通りの北側の名は大統路)まで辿り着いたのが前回。今回はここからよりスタートする。 光復路 南北高架路附近の地図。 新橋路橋を越えた辺りで呉淞江の対岸、南蘇州路…

続きを読むread more

静安 呉淞江を遡る 4 西蔵中路橋 2017年

歩いて呉淞江を遡る 静安 呉淞江を遡る 3 福建北路橋 2017年 の続き。呉淞江に沿ってテクテク歩いて遡るという事。河の上は歩けないので、通りが続く限り歩こうという暇な企画。前回、静安区の北蘇州路を西に向かって進み西蔵中路橋の手前までやって来たので、今回はそこからスタート。時は2017年12月18日。 西蔵中路橋の周辺の地…

続きを読むread more

静安 呉淞江を遡る 3 福建北路橋 2017年

歩いて呉淞江を遡る 虹口 呉淞江を遡る 2 四川路橋 2017年 の続き。 外白渡橋からスタートし、静安区にある福建北路橋まで辿り着いたのが前回。今回は福建北路橋からスタートする。時は2017年12月18日。 福建北路橋周辺の地図。 もう一度、福建北路橋から北西方向を望む。塀で囲まれたエリアはかつて泰安里などごち…

続きを読むread more

静安 曲阜路駅周辺と七浦路・服装批発市場 2013年

2013年6月、西蔵北路、海寧路、浙江北路、曲阜路で囲まれた地区と七浦路・服装批発市場を訪れた時の様子。地下鉄8号線、12号線「曲阜路」駅の北東側に位置する。 2003年5月に訪れた 甘粛路 開封路 熱河路 2002年8月に訪れた静安 七浦路 服装批発市場 1 2002年 の続編。 「曲阜路」駅周辺の地図。 …

続きを読むread more

静安 上海駅北口 大幅加筆

昨日のことだが、約1年前、このブログの初期の記事(2016年11月30日、12月2日)で取り上げた 13年ぶりに上海駅(上海火车站)北口を歩く 13年ぶりに上海駅(上海火车站)北口を歩く Part 2 を大幅に加筆した。場所が特定できなかったため掲載しなかった十数枚の写真を、もう一度地図や航空写真とにらめっこし、ある程度場所が特…

続きを読むread more

静安 威海路 2003年

2003年7月 静安区にある威海路を散策した時の様子。威海路の東端は人民広場に接し、暫く延安中路に並行して東西を走るが、延安中路に合流する。かつては、上海を代表する中洋折衷型建築様式である「石門庫里弄」が多く見られたが、徐々に再開発が進み、ごく一部に残っている状況である。そんな様子を記事にする。 まず、Google Mapで場所を…

続きを読むread more

静安 甘粛路・ 開封路・ 熱河路 2003年

先日取り上げた 静安 七浦路 服装批発市場 1 2002年 の西側、2007年開通した地下鉄8号線、2013年開通した12号線の交差する曲阜路駅の東側に位置するエリアを取り上げる。このエリアも劇的に変貌を遂げた場所である。 まずは、Google Mapで位置を確認する。 甘粛路、開封路、熱河路を見てみる。 次にGoog…

続きを読むread more

静安 静安寺 2003年

地下鉄2号線の駅名でもある静安寺を取り上げる。 静安寺は、境内にある「赤烏碑」の記録によると、247年呉の孫権の命により建立されたと言い伝えられる、歴史ある寺院。元はの名前を滬瀆重元寺といい、呉淞江の北岸にあった。 のちに取り上げる徐汇 夕暮れ迫る龍華寺 2002年もそうだが、呉の孫権の時代に建立されている。 まずは、Goog…

続きを読むread more