"ブラ歩き・浦東"の記事一覧

浦東 瀘南路から成山路まで 2017年 

本日、2020年2月21日。中国政府によるかなり強引とも思える封じ込め策が功を奏し、新たな感染者、死亡者は出るものの各種医学的事実・データが蓄積・公開されることで、過度な不安を抱くことなく生活でき、なんとか光が見えてきた感がする。これに対し、日本政府、特に厚労省の対策はなんなんだろう。国民の生命を守る、不安を取り除くことを第一に考えてい…

続きを読むread more

世紀大道、第一八佰伴、陸家嘴 5 2016年

2016年の12月、久しぶりに地下鉄世紀大道駅から第一八佰伴(ヤオハン)まで歩いた時の様子を書いてみる。 夕刻、だいぶ日が落ちてきたので画像はいくらか暗いがご了承を。 もう一つ、久しぶりにPENTAXのデジタル一眼を使用したがメンテが良く無いのかレンズ内にダストが付いてしまっている。情けなし。 地下鉄世紀大道駅周辺は、駅直結の…

続きを読むread more

浦東 前灘の南側 ただ今解体中 2017年

黄浦江沿岸の地下鉄6号線/8号線/11号線が交差する東方体育中心駅のあるエリア・前灘New Bund地区がえらい事になっているという以下3本の記事を書いたが、その南側の広大なエリアも解体撤去が始まっている。すぐに再開発が始まるかどうか分からないが、現在の姿を残しておきたいと思い撮影したので記事にしたい。 黄浦江ウォターフロント 前…

続きを読むread more

浦東 塘橋 5 2017年

2017年1月のとある日、11年ぶりに浦東・塘橋の写真撮影のため訪れた時の様子。前回2006年に訪れた時の様子 浦東 塘橋 4 2006年 。写真撮影は11年ぶりだが、実際には買い物、食事などでそれなりに訪れてはいた。 なお、このエリアの記事で必ず取り上げる松下電工が運営する日本人駐在員向け住居「東桜花苑」は、2002年に竣工し…

続きを読むread more

浦東 前灘New Bundを調べてみた 2019年

先日、前灘地区がエライことになっているという記事、 前滩地区がえらい事になっている 2019年 を書いたが、その後気になったので少し調べてみた。 前灘地区を最初に取り上げた記事は 黄浦江ウォターフロント 前滩 2017年。 さて、以下の写真8枚は 2018年6月11日付けのsohu.comの記事から拝借した。基本的に写真は自…

続きを読むread more

浦東 前滩地区がえらい事になっている 2019年

昨年、黄浦江ウォターフロント 前滩 2017年で取り上げた浦東・前滩地区だがえらい事になっている。当時、地下鉄東方体育中心駅の周りには商店一つなく、スポーツセンターがあるだけでやっとビル建設が始まったなくらいの感覚しかなかったが、2年経って見てみると、50階を有に超えるシンボルチックな高層ビルを筆頭に商業ビル、ホテル、高級マンション群が…

続きを読むread more

浦東 第一八佰伴周辺 16 浦城路・取り壊し中 2003年

2003年7月に第一八佰伴周辺を撮影した未使用の写真第2弾、第一八佰伴周辺 15 トンネル・立体交差の工事中 2003年の続き。 撮影は2003年7月。 周辺の地図。 地図上の赤矢印ポイントから建設中の高層マンション・世茂浜江花園に沿って張楊路まで歩いた時の様子。まずは、赤矢印ポイントである浦電路と浦城路のT字路の様子…

続きを読むread more

浦東 第一八佰伴周辺 15 トンネル・立体交差の工事中 2003年

古い写真を整理していたら、2003年7月頃に撮影した浦東・第一八佰伴(ヤオハン)周辺のものが結構見つかったので2回に分けて書いてみたい。実はこの時期、第一八佰伴近くに住んでいたので、自然とこの辺りの写真が多くなってしまう。今から16年前の姿、実に懐かしい、懐かし過ぎて涙がちょちょ切れてしまいそうだ。至る所で古い民家が取り壊されガンガンと…

続きを読むread more

浦東 川沙 2017年

浦東空港から市内に車で戻る場合、華夏高架路から中環路を走ることが多いのだが、空港を出て華夏高架路をしばらく走ると左手に結構立派な楼閣が見える。その存在に気付いてから十数年経過していたのだが、なかなか行く機会がなく、2017年1月、ようやく時間が取れたので行って来た。 ちなみに、中国三大楼閣と言えば黄鶴楼(湖北省武漢市)、滕王閣(江…

続きを読むread more

浦東 黄浦江ウォターフロント 前滩 2017年

現在進められている黄浦江両岸の開発事業の中で、前滩地区と言われている浦東新区の東方スポーツセンター(東方体育中心)周辺エリアを取り上げる。このエリアには地下鉄6/8/11号線が交差する東方体育中心駅があり、上海世博会会場の南西側に当たる。 ここは全く気にかけていなかったエリアで、昨年2017年に訪れ、ようやく開発が進んでいる状況に気づ…

続きを読むread more