パリ その3

2017年7月のパリ旅行の続き。 前回のブログは以下をご覧ください。 パリ パリ その2 オペラ・ガルニエ(オペラ座)周辺の地図。 オペラ・ガルニエ(オペラ座)。 パリ9区の中心にあるオペラ・ガルニエ(オペラ座)を正面から撮影。ここはシャルル・ド・ゴール空港と市内を結ぶシャトルバスのターミナル駅でもあるため、兎に角、観光客が多い。右に曲がるとジャック・ルシェ広場通…

続きを読む

パリ その2

2017年7月にパリ旅行した様子をご紹介した前回のパリの続き。 エトワール凱旋門周辺。 まずはエトワール凱旋門とシャンゼリゼ通りの様子。朝出かけるときは雨が降っていたが、着いた頃にはすでに雨が上がっていた。この日はイベントのため車両通行止め。車道を歩けるのは年に何度あるかわからぬが、旅行のタイミングで歩けるのは貴重な体験。この後すぐにイベンド準備のため、歩行禁止となったので、なお…

続きを読む

ロンドン その3

ロンドン、ロンドン その2 の続き。時は2017年7月。 シティ、サザーク地区の地図。 テムズ川北岸ミレニアム・ブリッジから見たザ・シャード。ピラミッドを縦に引っ張ったような八面錐のビル。場所はテムズ川南岸サザーク地区のロンドン・ブリッジ駅の南西。地上87階建て、EUで最も高いビルでもある。 ミレニアム・ブリッジの真ん中あたりから撮影。手前はサウスワーク・ブリッジ。そ…

続きを読む

ロンドン その2

2017年7月初旬に訪れたロンドンの続き。 前回は駆け足だったので、今回はじっくり写真を見てみる。 まずは、ウォータールー駅周辺の地図。 ウォータールー駅はサウスウェスト・トレインズのターミナル駅の一つ。駅舎正面の様子。 停車しているサウスウェスト・トレインズの車両。滞在期間ほぼ毎日、この列車に乗ってウィンブルドン駅とウォータールー駅を往復した。 ウォ…

続きを読む

雲南旅行 2 麗江周辺

雲南旅行 大理の続き。 大理に宿泊し、早朝麗江に向かう。麗江はナシ族の政治・経済・文化の中心地、 麗江古城と束河古鎮の一部は1997年にユネスコの世界遺産に登録された。 麗江の地図。大理から約150kmの距離。 麗江に向かう前に、麗江観音峡に向かう。 麗江観音峡の位置。 麗江観音峡の周辺の様子。山の麓には綺麗に整備された棚田が見える。4月だが、まだ田植え…

続きを読む

雲南旅行 大理

2009年4月 雲南省に旅行に行った時の様子。まずは、大理。大理はミャンマーにほど近い県レベルの都市で人口65万人。かつては大理王国があった場所。白族と呼ばれる少数民族が多く暮らす。ご存知、大理石の産地でもある。 雲南省の位置。 大理市の位置。 大理古城の位置 大理市の大理古城を散策。大理古城は洱海という名の湖の西側にあり、市の中心から車で10分くらいにある。入り…

続きを読む

ロンドン

さて、2017年7月、パリ北駅よりユーロスターに乗ってロンドンに移動。乗車時間は2時間20分。到着はキングスクロス セント パンクラス駅。2007年まではロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)がターミナル駅だった。面白いのは、ウォータールーをフランス語読みするとワーテルロー。この地名はナポレオンが戦いに敗れた「ワーテルローの戦い」(ベルギーの同地名)という因…

続きを読む

パリ

2017年6月下旬、一旦東京に立ち寄り、数日滞在後、パリに移動。オペラ座にほど近いパリ中心部に1週間ほど滞在し、次の訪問地ロンドンに移った。夏の観光シーズン、パリのホテルは料金が高く、部屋は狭いというのが定番なので、部屋代は多少高くついてもいいから、ホテルの外観や各種サービスの充実よりも、兎に角部屋が広いことを最優先に選択。ということで、宿泊はホテルではなく、サービスアパートメントを利用した。寝…

続きを読む

四川省への道 6 最終章 成都編

四川省への道の最終章 成都編。時は2003年11月。 前回のブログ 四川省への道 1 広元 四川省への道 2 阆中古城 四川省への道 3 南充、成都、そして黄龍渓鎮 四川省への道 4 宝光寺と孝泉村 四川省への道 5 洛帯古鎮 成都市内の地図。 洛帯古鎮から成都市内に戻る。市の中心にある天府文化广场の夜景。中央は白く輝く毛沢東像。 広場の様子。 天府文化广…

続きを読む

四川省への道 5 洛帯古鎮

四川省への道 4 宝光寺と孝泉村 の続き。 時は2003年11月。 徳陽に宿泊し、早朝成都に戻り、洛帯古鎮を目指す。成都から約20kmの距離。Google Mapで場所を確認。 市内の地図。 洛帯鎮は三国志の時代、劉備の息子劉禅が帯を落としたことからその名がついたと言われている。また、明末期から清の時代にかけて、湖南省や広東省からの多くの人が移り住んだ、所謂客家の住む古鎮で…

続きを読む