"旅行"の記事一覧

山東省淄博市周村 清代の古商城

2017年4月、山東省へ旅行に出かけた時の様子。欲張って済南、青島、泰山などを訪れたが、淄博市(シハク市)に清代に繁栄した古い街並みが残っていると聞き付けたので、雨が降りしきる中、夕方にも拘わらず無理を承知で出かけた。 淄博市は山東省のほぼ中央に位置し、山東省の省都済南に隣接。春秋戦国時代(紀元前11世紀から紀元前3世紀)に繁栄を…

続きを読むread more

広州

2016年8月 広州に旅行した時の様子。香港に用事があり出向いたのだが、折角なら広州に寄ってから帰ろうということで立ち寄った次第。香港から列車で深圳に移動し、広州駅まで高速鉄道を利用。広州は以前、何度か訪れてはいたが、観光らしい観光をしていなかった。今回、あまり目的地を決めずに市内をブラつくことにした。 広州市の位置。 …

続きを読むread more

四川旅行 楽山大仏・峨眉山

2011年5月 四川旅行 黄龍・九寨溝の続き。「峨眉山と楽山大仏」として世界遺産に登録された四川省楽山市にある楽山大仏と峨眉山市の峨眉山を訪れた時の様子。 楽山大仏の位置。成都から約100kmの距離。 楽山大仏の周辺 楽山大仏は長江の支流である岷江(びんこう)、大渡河が合流する地点の岸壁に彫られた弥勒菩薩を象った巨…

続きを読むread more

四川旅行 黄龍・九寨溝

2011年4月 四川省黄龍・九寨溝を観光した時の様子。 以前、この地へのアクセスは、成都から450kmの距離をひたすら10時間近く、バス・車で揺られるしか交通手段はなかったが、2003年に九寨黄龍空港ができたお陰で概ね2時間以内で行けるようになった。中国屈指の観光地であるが、今年8月の大地震で、「火花海」、「諾日朗の滝」、「箭竹海」な…

続きを読むread more

安徽省の旅 5 渔梁村

2003年10月、安徽省黄山周辺の旅の最後に訪れた渔梁村の様子。渔梁村の始まりは唐の時代に遡る歴史ある古鎮。新安江の支流・练江に作られた渔梁坝(堰、ダム)が観光の見所。この堰は隋の時代から建造が始まり、明の時代に現在の形になったということらしい。隋の時代ということは、西暦600年前後ということだから、悠に1400年以上経過しているという…

続きを読むread more

西安

昨日11月25日夕方、急な用事のため陝西省西安市(かつての名は長安)を訪れ、ホテルに1泊し先程上海に戻ってきた。今回、観光の時間が取れず、せめて夜にでも市内を散策したいと思い、少しばかり写真撮影したのでご紹介したい。 西安市の位置 西安市内「鐘楼」周辺の地図。 Google Mapでは赤いラインの地下鉄2号線し…

続きを読むread more

安徽省の旅 4 屯渓老街

2003年10月、黄山旅行の続き。黄山市内屯渓区の新安江北岸にある屯渓老街を訪れた時の様子。 黄山市屯渓区の地図。 屯渓老街は明・清の時代の徽州式建築の古い商店が立ち並ぶ観光スポット。今回は西側(裏側)にある門より老街に入る。 石畳の狭い通りに土産物屋さんやお茶屋さんなどが軒を連ねる。この辺りは西の外れになるので、…

続きを読むread more

張家界 その2

2003年9月の張家界旅行の続き。 武陵源風景名勝区の地図。 索渓峪自然保護区にある黄龍洞。なんでも10万平米もある巨大なカルストの鍾乳洞らしいが、なんかサクッと回っただけだった。 中は特段、何かライトアップされているわけではなく、フラッシュの具合が良くないのか、ちゃんと写っているものが少ない。お見せできる…

続きを読むread more

安徽省の旅 3 西逓・宏村

2003年10月、黄山の南麓にある西逓・宏村を訪れた。この二つの村は「安徽南部の古村落」として2000年に世界遺産に登録された。1000年の歴史があり、明・清の時代の建築物が多く保存されている古鎮。西逓は「桃花源裡人家」(桃源郷)、宏村は「中国画里郷村」(水墨画のような美しい村)とそれぞれ呼ばれている。黄山市内から西逓まで約50km、宏…

続きを読むread more

安徽省の旅 2 棠樾牌坊群

2003年10月、安徽省の旅 1 黄山 の続き。次に歙県郑村镇棠樾村にある棠樾牌坊群を訪れた。 明・清の時代、徽州の商人(新安商人ともいう)たちによって建てられた家族の記念碑の一つであり、「忠誠、孝行、正義、親孝行」に従って7つの牌坊が配置されている。安徽省は今でこそ中国一貧しい地域などと言われているが、この時代、この地区は塩業で大変…

続きを読むread more