静安 上海駅北口 2017年

2017年12月、静安区の上海駅北口周辺を訪れた時の様子を書く。
最初に来たのは2003年4月、それから13年後の2016年12月に訪れて以来1年ぶりの訪問。
今回は地下鉄上海火車駅北口から中興路→恒豊北路→沪太路→芷江西路を歩いた様子を記事にする。

2003年4月に訪れた時の様子は静安 13年ぶりに上海駅(上海火车站)北口を歩く 2002年
2016年12月に訪れた時の様子は静安 13年ぶりに上海駅(上海火车站)北口を歩く Part 2 2016年

Google Map 地図
上海駅.png

百度地図 歩いたルート
上海駅ルート.jpg

Google Earth 2004年の航空写真
上海駅北口204年.png

Google Earth 2019年の航空写真 これを見ると広大な敷地にビル建設がすでに始まっている。
上海駅北口2019年.png

地下鉄上海火車駅北口を出たところの広場の様子を東向きで撮影。バスターミナルとの境は緑の仮柵で仕切られており、1年前とほぼ変わりはない。当分このままなのか。ちなみに鉄道の上海駅北口はここより後方の西側になる。
CIMG1723

14年前の2003年5月に撮影した同じ場所の様子。駅前には広場がなく、通りの脇すぐのところに民家が密集していた。
IMGP1627

カメラを少し北に向ける。中央に見えるのは高層マンション群の中海·万锦城。
CIMG1721

バスターミナルの様子。
CIMG1724

西に向かう。ここが鉄道の上海駅北口。随分立派になった。スターバックスコーヒーもある。
CIMG1725

正面から撮影。
CIMG1727

上海駅北口北広場の様子を西向きで撮影。その奥には長距離用バスターミナル(上海長途汽車客運総駅)。隣接した建屋は国際眼鏡城(メガネ市場)。左奥のビルは智選假日酒店。右隅に上海新視界中興眼科医院ビルが見える。
CIMG1730

2003年5月撮影した北口北広場の同じ場所の様子。上海三葉眼鏡批発市場の看板が見える。奥には上海新視界中興眼科医院と思われるビルが既に建っている。
IMGP1629

北広場から長距離用バスターミナルへ進む。奥の建屋がそれ。
CIMG1731

中興路に出たところを東向きで撮影。右は先ほど見た上海新視界中興眼科医院。
CIMG1733

北側を眺める。中央は展望大厦ビル。中興路の北側一帯はまさに再開発によるビル建設ラッシュ。ここ数年でこの景色は一変するだろう。
CIMG1734

西向きにカメラを移動させる。分かりにくいがフェンスの向こうは更地。
CIMG1735

さらに西に移動させる。中央の高層マンションは合興小区と言われる高層マンション。
CIMG1736

国際眼鏡城(メガネ市場)の建屋の入り口の様子。
CIMG1739

その建屋の北側の様子。奥は先ほど見た智選假日酒店。
CIMG1738

中興路の西側の様子。左、恒豊北路西側に金融街融府という高層マンションが2棟建設中。
CIMG1740

中興路から北側を望む。中央の高層マンションは先ほど見た合興小区に建つ高層マンション。
CIMG1741

中興路を西に進み国際眼鏡城の建屋を振り返る。
CIMG1742

振り返り中興路の様子を眺める。
CIMG1743

北西側を眺める。高層マンション群・金融街融府ただいま建設中。2棟ではなく3棟のようだ。その手前は恒豊北路の陸橋。
CIMG1744

中興路を再度振り返る。
CIMG1745

恒豊北路との交差点より北側を望む。中央は建設中の高層マンション群・金融街融府と手前が恒豊北路の陸橋。
CIMG1749

もう一枚。
CIMG1746

中興路を三度振り返り智選假日酒店を望む。
CIMG1748

恒豊北路を右に曲がり北に向かう。東側は塀で囲われた広大な更地。さて、何ができるのであろうか。
CIMG1750

さらに進むと沪太路との交差ポイントに出る。恒豊北路はこの先芷江西路と名が変わる。
CIMG1751

沪太路を右に折れ東に向かう。中央に長距離用バスターミナル(上海長途汽車客運総駅)が見える。
CIMG1752

沪太路をさらに進む。
CIMG1754

途中で左に曲がり芷江西路を東に進む。
CIMG1755

芷江西路を振り返る。
CIMG1756

普鉄新村という名の住居区。場所柄鉄道関連の人が住んでいるのだろう。
CIMG1757

中の様子。
CIMG1758

普善路との交差点。東北の方角。
CIMG1760

芷江西路の東側の様子。
CIMG1761

普善路の南側の様子。左はショッピングモール・五月花生活広場
CIMG1762

続く

この記事へのコメント