黄浦 香山路、皋兰路、南昌路 2017年

黄浦 陕西南路、紹興路、瑞金二路を歩く 2017年の続き。瑞金二路から香山路に辿り着いたところからスタート。この辺りは復興公園に近くかつてフランス租界地だったところで閑静な住宅・商業地。上海市優秀歴史建築に指定されている住宅が多いので優秀歴史建築の登録リストを見ながら歩くと一層興味深い。
時は2017年3月。

Google Map 周辺の地図


百度地図 歩いたルート 香山路→思南路→皋蘭路→瑞金二路→南昌路→重慶南路
南昌路ルート.jpg

瑞金二路から香山路を曲がり東にしばらく歩いて振り返る。静かな通りである。右に上海市優秀歴史建築カテゴリー3に指定されている香山路住宅、左に同カテゴリー5の民家があるのだが、えっと写真は…… ということになるので、優秀歴史建築を目当てに出掛ける場合、事前確認が必須。 以降、上海市優秀歴史建築に指定されている建屋はカテゴリーXとだけ表記する。
CIMG8063

そのカテゴリー5の住宅の住所表記。えっ、住宅の写真は何処へ。 適当にぶらっと歩くとこうなるよというお手本。
CIMG8064

そのまま東に進むと思南路との交差点に出る。
CIMG8065

この先に孫文の旧宅。現在は上海孫中山故居紀念館になっている。
CIMG8066

右手に見える建屋がそれ。見学は別の機会としブラ歩きを続ける。
CIMG8067

通りの名を確認。
CIMG8068

思南路を北上すると左手に見える赤煉瓦の民家。庭付きの戸建、謂わゆる花園。
CIMG8069

正面から。この隣が古い住宅を利用したレストラン・古董花園。
CIMG8070

皋蘭路を左に曲がる。
CIMG8071

西に向かい振り返る。中央は優秀歴史建築カテゴリー2に指定されている旧東正教堂である上海圣尼古拉堂。旧正教会系の聖ニコラス教会。現在はカフェとして利用されている。その右隣はカテゴリー5の住宅。
CIMG8072

その向かいもカテゴリー4の花園住宅群。
CIMG8073

振り返って眺める。西日のためこの方向から撮影せざるを得ない。
CIMG8074

西にさらに進んで振り返る。
CIMG8075

瑞金二路との交差点手前。カテゴリー5の古い民家を活用した漢院中国語学校。
CIMG8076

瑞金二路との交差点の東北の角の様子。確かショップがあったと思ったが、板が打ち付けられている。奥の屋根だけ見える建屋が漢院中国語学校。
CIMG8078

瑞金二路を北上し東北の角の様子。
CIMG8079

南昌路を右に曲がる。
CIMG8080

南側にある住居区・孫順里。
CIMG8081

門構え。なんだいTATTOOの看板かい。
CIMG8082

北側。カテゴリー5の住宅。病院として使われている。
CIMG8083

振り返る。
CIMG8085

思南路との交差点、北東の方角。
CIMG8086

思南路の南側。
CIMG8087

南昌路をさらに東に進む。
CIMG8088

思南路との交差点を振り返る。
CIMG8089

南昌路をさらに進み振り返る。
CIMG8090

雁荡路を越えさらに東に進む。大同幼稚園旧址。
CIMG8092

黄浦区の文物保護単位。1930年に開園した幼稚園の旧跡。
CIMG8093

石門庫作りの3階建ての家屋。
CIMG8094

その全景。
CIMG8095

そのまま南昌路を進むと上に南北高架路が走る重慶南路にぶつかる。右に折れ復興中路を越えると見えてくる思南公館エリア。ここへは2010年に訪れている。その時の様子は 黄浦 思南路 2010年
CIMG8096

案内板。
CIMG8097

フランス租界時代の建屋を修復した石門庫造りの建屋。ここ一帯は思南公館エリアとしてショップ、レストラン、ホテル、住宅が一体化した複合施設。
CIMG8098

天主教上海教区圣伯多禄堂。1933年に落成したカトリック教会。
CIMG8100

続く


この記事へのコメント