浦東 召稼楼古镇

※ 2017年12月26日に一度アップしたのだが、手違いにより削除してしまったので新規で書き起こし再掲。

2016年5月 浦東にある水郷の街・召稼楼古镇を訪れた時の様子。浦東の水郷ということで、先日、浦東 新場古鎮をご紹介したが、浦東には他にもあるということで教えて頂いた場所。最寄りの駅は地下鉄8号線のターミナル駅「沈杜公路」駅。そこから、3kmくらい距離があるので、タクシーかバスで移動が望ましい。

召稼楼古镇の場所。住所を見ると、閔行区とある。黄浦江が逆L字に曲がる地点より東は浦東だとばかり思っていたが、どうやらそれは誤りだったようである。


ちなみに、閔行区。北は虹橋空港の半分まで含まれるので、ずいぶん縦長である。ちなみに面積371km2、人口243万人。


浦東新区。面積1210km2、人口504万人。ちなみに東京23区全体では、面積619km2、人口947万人。


ということなので、タイトルの浦東・召稼楼古镇というのは正しくないのだが、地理的には浦東(黄浦江の東)とも言えるので、そのままとする。

周辺の拡大地図。


さて、前置きが長くなったが、召稼楼古镇に到着。入り口には「召稼楼」と書かれた牌楼がお出迎え。
IMG_2308
東側の入り口より中に入る。
IMG_2304

連休中なので賑わっている。この辺りには土産物屋、雑貨店などが軒を連ねる。
IMG_2306

奥まった通りに入る。TVでも紹介された「江阿姨油墩子」。野菜などを小麦粉で和えて油で揚げた軽食をテイクアウトで売る専門店。1個3元という安さも人気の秘訣か? 確かに列に並ぶ人が大勢。
IMG_2312

メイン通りである興東街の様子。ここには老舗レストランが多い。
IMG_2313
その一つ「火紅年代老八様」。
IMG_2315
その並びにある総菜屋さん。地元の特産物を売っている。
IMG_2318
水郷の景色が眺められる休息ポイント「観風亭」。
IMG_2319
そこからの景色。
IMG_2320
白い壁と黒い屋根瓦の江南風水郷風景、こじんまりしているが一通り味わえられる。
IMG_2323
アーチ型の石橋。
IMG_2331

終わり

この記事へのコメント