浦西 石泉村

2014年12月 地下鉄3、4、7号線「镇坪路」、若しくは地下鉄7号「岚皋路」駅から徒歩約10分の場所にある石泉村地区、通りで言うと寧強路、漢陰路(汉阴路)を訪れた時の様子。この一角で住宅の解体撤去が行われているとの情報を聞きつけたので、早速出かけた次第。天気は良かったが、寒い一日、こんな日にわざわざ出かけるのは、物好きといえば物好きなのだが、古いものが壊され、新しく生まれ変わる過程をこの目で見ておきたいという衝動が成せるわざ。5年後、10年後、再び訪れた時の風景の変わりように驚くのが、堪らなく心地よい。

石泉村の場所。


石泉村の周辺。


次にGoogle Earthの衛星写真を見てみる。中央右寄りのエリア、光新路と漢陰路(汉阴路)に挟まれた場所がまさに解体撤去作業中。

2014年12月 解体作業中
1412寧強路.jpg

2017年4月 高層マンション建設中
1704寧強路.jpg

ここは、2003年4月に訪れた 軌道交通3号線 中潭路駅 で取り上げた三角地帯の隣になる。

さて、この石泉村だが、この地区は石泉一村から三村、五村、六村がある。その地区の中を走る寧強路の様子。歩いている人もまばらで、寂れているかと思いきや……。
IMG_1975
反対側には市場があるので、買い物客で賑っている。
IMG_1974
さて、漢陰路(汉阴路)に目をやる。そこは、まさに解体撤去中の別世界。人は住んでいない模様。
IMG_1964
奥に見えるのは高層マンション群「上海香溢花城」。
IMG_1967
今はもう存在しない通りに入り込む。奥の方は人がまだ住んでいる。
IMG_1966
東に向きを変える。手前はすでに撤去され、瓦礫の山。後ろには石泉路沿いのビルが見える。
IMG_1968
細い路地に入る。ワンコさんが何かを見つめている。
IMG_1970
人が住んでいる生活感があるような無いような。
IMG_1971
この辺りは現役だ。生活感がまだある。
IMG_1972

これにて見学終了、引き返す。

つづく

この記事へのコメント