曲阜路駅周辺と七浦路・服装批发市场

2013年6月、西蔵北路、海寧路、浙江北路、曲阜路で囲まれた地区と七浦路・服装批发市场を訪れた時の様子。地下鉄8号線、12号線「曲阜路」駅の北東側に位置する。

2003年5月に訪れた 甘粛路 開封路 熱河路
2002年8月に訪れた七浦路 服装批发市场 1
の続編。

「曲阜路」駅周辺の地図。


2010年年末、「曲阜路」駅に直結する形でショッピングモール・「大悦城 Joy City」が開業。その後もオフィス棟、住居棟の建築が進み、今年2017年にはフル開業予定とのこと。この「大悦城 Joy City」は中糧集団(COFCO)による開発なのだが、同社は中国最大の食品会社で、不動産デペロッパーではない。しかしながら、上海の数あるデパート、ショッピングモールの中、ここはトップクラスの人気とのこと。顧客ターゲットの絞り込みが成功したことと食品会社だけに飲食店の充実が人気の秘訣か?昨年2016年末には日本食のフードテーマパーク「拉面竞技馆!(ラーメン・アリーナ)」が開業。とんこつラーメンが食べたくなると、なんどもこちらには足を運んだ。

さて、その「大悦城 Joy City」の東側の再開発エリアを見てみたい。

まずは、熱河路(热河路)の様子。七浦路とのT字路附近。建屋は残っているが、住人は誰一人居ない もぬけの殻状態。いずれ取り壊され再開発される。
IMG_0908
通りの反対側も同様。
IMG_0910

ちょうど10年前、2003年5月、熱河路を訪れた時の様子。ほぼ同じ場所、同じアングルで撮影。人の往来が多く、とても賑やかな様子がみて取れる。
開封路03

熱河路を南に進むと開封路(开封路)にぶつかる。開封路の東側の様子。このまま東に進むと甘粛路、さらにその先には服装批发市场(アパレル卸売市場)がある。洗濯物が干してあるので、人が住んでいる模様。
IMG_0911

10年前の開封路の様子。
開封路02

開封路の西側の様子。前方に冒頭説明した「大悦城 Joy City」が見える。手前の民家にはもう人は住んでいないようなので、解体撤去は時間の問題。
IMG_0913
IMG_0915
開封路を東に進み振り返る。
IMG_0918

甘粛路とのT字路に出る。
IMG_0916
T字路の様子。
IMG_0917
細い路地を覗いてみる。
IMG_0920
レンガ造りの中洋折衷型の伝統的建築様式、所謂石庫門。立派な造りをしている建屋だが、残念ではあるがいずれ解体されてしまう。
IMG_0921
歴史を感じる佇まい。
IMG_0922
熱河路と七浦路のT字路に移動する。角の民家は解体が始まった。
IMG_0923
熱河路の北側の様子。
IMG_0924
七浦路を東に進む。服装批发市场(アパレル卸売市場)が見えて来た。左は「上海白馬服装市場」。
IMG_0926
七浦路をさらに進み福建北路を越える。前方右手に「七浦路服装批发市场」ビルが見えてくる。
IMG_0927
さらに進む。左は「超飞捷服装批发市场」ビル、右は「七浦路服装批发市场」の一角革製品を主に扱う店舗が主として入居する建屋。
IMG_0928
ズンズン進む。
IMG_0929
この辺りが七浦路・批发市场の最も賑やかなエリア。左手前方に河南北路沿いに建つ「上海興旺国際服飾城」が見えて来た。
IMG_0930
来た道を振り返る。
IMG_0933

つづく

この記事へのコメント