田子坊

今回は少し洒落たエリアをご紹介したい。
時は2013年5月、地下鉄9号線の「打浦橋」駅からほど近い場所にある「田子坊」を訪れた。最近、話題になっているスポットということでカメラ片手に出掛けた。迷路のような狭い路地にアートショップやレストラン、ブティックや小物雑貨店などが密集している。とにかく観光客が多い場所なのだが、労働節の休暇中だったため、身動きできないほど混み合っていた。

「田子坊」の名の由来だが、画家の黄永玉さんが中国古代の画家「田子方」に因んでそう名付けたとのこと。1998年9月頃より整備が始まり、その年、著名な画家である陈逸飞さん、尔冬强さん、王劼音さん、王家俊さん、李守白さんなどの芸術家や工芸品を扱う店舗が入居し、その後順次開業する商店が増え、現在のような姿になったとのこと。内部は古い建屋をそのまま使用しており、古いもので1933年建造というものもある。

田子坊の場所。


周辺の拡大地図。


「打浦橋」駅で下車すると、巨大ショッピングモール・日月光中心が真上に建設されており、そのままモール内に出ることになる。商業部分は2010年開業、その後オフィス棟、住宅棟を順次開業させた巨大な複合商業施設である。特に、飲食店が充実しており、日本料理店も何軒も入居している。

さて、そのモールの北口側、泰康路側を出ると、すぐに「田子坊」と書かれたゲートが見えてくる。狭い路地が入り組んでいるので、入口は一つではないが、「田子坊」と書かれた石造りのが門があるので、ここが正門に当たる。
IMG_0783
これでも人が少なくなった方なので、もう一度撮影。
IMG_0784
案内図。狭いエリアに密集している様子がよくわかる。
IMG_0780
「田子坊」と書かれた門からではなく、一つ手前にある「天成里」から足を踏み入ると、すぐに2階が連結された下を潜るるかたちになる。両サイド店舗である。左はお洒落なカフェ。
IMG_0759
先に進むとこんな感じで狭い通りに人、人、人。
IMG_0760
ちょっとは広くなったのかな。
IMG_0761
振り返る。通りにオープン・カフェのテーブルと椅子が置いてあるので、狭い通りが一層狭くなる。
IMG_0762
ここは通りから入ったところにある落ち着いた感じのカフェ。
IMG_0765
通りに戻る。この辺りはイタリアンかフレンチのレストランが多い。
IMG_0766
うわぁ、逆光だ。写真が少ないので、ご勘弁ください。
IMG_0767
日本料理もある。炭火焼肉店。
IMG_0768
さてさて、お値段は? ランチメニュー 生姜焼き定食、牛丼セット、いずれも38元、700円弱。観光地の割には普通ですね、この値段。
IMG_0774
手前は「陶笛公社」、陶器製オカリナ店。実はここで贈り物用の土産を購入。
IMG_0771
あっちこっち歩き回る。
IMG_0775
この辺りもカフェ、レストランが多い。
IMG_0776
どこかで見たようなのぼり、かき氷かな?。
IMG_0777
西洋人はこうした雰囲気好きだよね。アジア人も好きだけど。
IMG_0778
ここは少し広くなっている。
IMG_0779
「田子坊」の門のある通りを出口に向かって歩く。ここは、アートショップ、小物雑貨店が立ち並ぶ。
IMG_0781
門が見えて来た。これにて散策は終了。エリアとしては狭いので、見るだけなら小1時間もあれば回れてしまう。やはり、何処かのお店で腰を下ろして、飲食がオススメでしょう。
IMG_0782

そう、自分でオススメと言ったからには、レストラン街に戻り、ドイツ産ビールで燃料補給。この日30度近くまで気温が上がったので、エルディンガーがなんとうまかったことか。
(因みに、書いている今日現在、朝は氷点下4度であった)

つづく

この記事へのコメント