四川旅行 楽山大仏・峨眉山

2011年5月 四川旅行 黄龍・九寨溝の続き。「峨眉山と楽山大仏」として世界遺産に登録された四川省楽山市にある楽山大仏と峨眉山市の峨眉山を訪れた時の様子。

楽山大仏の位置。成都から約100kmの距離。

楽山大仏の周辺


楽山大仏は長江の支流である岷江(びんこう)、大渡河が合流する地点の岸壁に彫られた弥勒菩薩を象った巨大な磨崖仏(石仏)。石窟寺院の一種でもある。その大きさは高さ71mあり、奈良東大寺の大仏の5倍と言うから如何に大きいかが分かる。古文書の言い伝えによると713年より彫り始められ803年に完成したという。当時は13層の木造の建造物に覆われていたということだが、明代末期に建物は焼失し、現在の姿になったという。

楽山大仏の入門口。樹木に覆われている。
IMGP3715
楽山大仏景区の案内板。
IMGP3716

龍の口から流れ落ちる湧き水。右にあるのは龍の手?足?
IMGP3718
兜率宮。兜率天(とそつてん)は仏教用語で三つある天界のうちの六欲天の一つで第4番目の天である。お釈迦さまの前世が兜率天であったということらしい。随分と膨よかな天人様だ。
IMGP3719
さらに門を潜って中に入る。
IMGP3720
中に入って少し歩くと見えてくる凌雲寺。中は天王殿、大雄殿、蔵経楼の3重式四合院により構成されている。この寺院の隣に大仏様が座っておられる。
IMGP3721
出たぁ〜。でかい! 横から見ると視線がなんかユーモラスだ。左上に写っている人と比べると、如何に大きいかお分かりでしょう。
IMGP3729
上半身。繊細さはないが、デカさに圧倒される。
IMGP3731
下から見上げる。大分雑草が生えてきている。大仏様に生えるとはバチあたりなやつなのか、幸せなやつなのか? もう少し生えてきたら、緑のチョッキを羽織ることになるな。
IMGP3735
大き過ぎて全体がフレームに収まらない。全体を眺めるには川の対岸からがベストのようだ。
IMGP3734
正面に回り撮影したが、妙なアングルになってしまった。
IMGP3739
岷江(びんこう)、大渡河の流れ。
IMGP3740

次に峨眉山移動する。

峨眉山の位置。

万年寺の位置。


峨眉山は道教や中国仏教で言うところの聖地で、中国三大霊山(五台山、天台山、峨眉山)、あるいは中国四大仏教名山(五台山、九華山、普陀山、峨眉山)の一つと言われている。山中には26の寺院がある。

バスを降りると立派なチケット販売所がお出迎え。
IMGP3798
峨眉山全景の案内板。
IMGP3800
中に入ると、山門が見えてくる。
IMGP3801
山門をくぐり、しばらく歩くと見えてくる萬年寺。
IMGP3802

IMGP3803

次に白龍洞に向かう。写真は白龍洞の碑。中国の四大民間説話のひとつ『白蛇伝』の主人公・白蛇の化身である白娘子(白夫人)が修行したのがこの白龍洞という戯曲がある。
IMGP3812
白龍洞はまたの名を白龍寺というので寺院でもある。
IMGP3813
説明書きには上下二つの洞があると書かれている。
IMGP3814

この先に観光スポット「雙橋清音」がある。2つの川が合流し、2つの清流がやがて丸く一つになる様子が見られる。ううん、写真がない。
IMGP3815

ここを最後に下山する。
これにて四川旅行は終わり。

この記事へのコメント