張家界 その2

2003年9月の張家界旅行の続き。

武陵源風景名勝区の地図。


索渓峪自然保護区にある黄龍洞。なんでも10万平米もある巨大なカルストの鍾乳洞らしいが、なんかサクッと回っただけだった。
DSCN0510

DSCN0511
中は特段、何かライトアップされているわけではなく、フラッシュの具合が良くないのか、ちゃんと写っているものが少ない。お見せできるのはlこれくらい。
DSCN0521

張家界国家森林公園入口。ここは武陵源風景名勝区の南西部にある。
PICT0097
周辺の様子。向こうに昨日山頂から眺めた奇岩が連なる。
PICT0101

今回は下から奇岩を見上げることになる。
DSCF0136
清流に沿って散策道が作られている。
DSCF0137

上から眺める景色と違い、下から奇岩を眺めた様子。
DSCF0139
次から次へと現れる奇岩。
DSCF0140
かなり尖った奇岩もある。
DSCF0142

DSCN0565

DSCF0145
けったいな形。
DSCF0147
ズンズン歩く。
DSCF0148
このような散策道をひたすら歩く。
DSCF0161
間近にそびえる奇岩。
DSCF0162
だんだんお腹いっぱいになる。
DSCN0572
それでもひたすら歩き、写真を撮る。
PICT0106

PICT0107

広場に出る。ここには「張家界」と刻まれた岩が置かれている。名前が掘られているが、この人は至る所に自分の名を刻んでいるな。左は水車かな。
PICT0108

ここが絶景ポイントなのだろう。
DSCF0172

これで散策は終了。張家界市内に戻る。遠くにシルエットのように奇岩の山々が映り込む。
PICT0114

PICT0115

張家界はこれにて終わり。

この記事へのコメント