邪馬台国と纒向遺跡

ここ数年の纒向遺跡に関するニュースを見ていると、この地が邪馬台国の最有力候補であり、箸墓古墳が卑弥呼の墓であるかのごとき見出し、前置きで語られ、これだけを読めばそうなのかなと思う人も少なくないだろう。どのメディアもほぼ同一な内容で書き立てている。 例えば、、これは2017年11月6日の産経WESTのWebニュース記事。 2018年5月13日の朝日新聞のWebニュース記事。 …

続きを読む

宮崎平野の古墳群1 西都原古墳

先日、邪馬台国はやはり宮崎平野にあったろう という記事を書いた。中田力氏の著作「日本古代史を科学する」(PHP新書 2012年発行)の前半部分のクライマックスである。後半はもっとぶっ飛んでいる。学界のタブーどころか、これまでの古代史をひっくり返す内容である。渡来人とか弥生人という表現でぼやかしていた日本古代史を恐らく塗り替えてしまうだろう。いずれそのことを書きたいと思うが、私なりにもっと肉付けし…

続きを読む

生活圏の困ったちゃん その後

先日、生活圏の困ったちゃんという愚痴みたいなものを書いた。 その後の状況なのだが、一昨日の6月15日、とうとう事故が起きてしまった。わが住居エリア内で、散歩させていた3頭連れの犬の内、リードなしの犬が子供を噛んで救急車?で病院に運ばれたとのこと。勿論、運ばれたのは子供だよ〜ん。命に別状なしとのことだが、何針か縫う大怪我らしい。 我が住居エリアで大体トラブルが起きるのは、 ・車の駐車…

続きを読む

邪馬台国はやはり宮崎平野にあったろう

前回、中国・春秋戦国時代の斉の国の都・淄博(しはく)に出掛けた時の様子を書いたが、正しくは淄博(しはく)市内の一区画・臨淄 (りんし)が首都である。 写真を引っ張り出して眺めていたら何故か古代日本に関する歴史本が読みたくなり、Amazonでキンドル本を探していたら、中田力氏の著作「日本古代史を科学する」(PHP新書 2012年発行)という本を見つけた。邪馬台国の場所の推察や、大和王朝建国に…

続きを読む