上海 松江・泗涇鎮

上海市の西南に位置する松江区。唐の時代には华亭県と呼ばれ、現上海中心部が栄える以前、この地が上海一帯の政治・経済・文化の中心であった。2012年12月、地下鉄9号線が全線開通し、区の中心部である松江新城駅、松江南駅まで繋がり、一気に上海中心部への通勤圏になった。区北東部には泗涇鎮という古鎮があり、あまり知られた場所ではないが、今から約1000年前の北宋の時代、「上海の根っ子」と呼ばれ、農業・漁業…

続きを読む

浦東 川沙

浦東空港から市内に車で戻る場合、華夏高架路から中環路を走ることが多いのだが、空港を出て華夏高架路をしばらく走ると左手に結構立派な楼閣が見える。その存在に気付いてから十数年経過していたのだが、なかなか行く機会がなく、2017年1月、ようやく時間が取れたので行って来た。 ちなみに、中国三大楼閣と言えば黄鶴楼(湖北省武漢市)、滕王閣(江西省南昌市)、岳陽楼(湖南省岳陽市)。前者2つは行ったことが…

続きを読む

呉淞江を遡る 13

呉淞江、別名蘇州河を歩いて遡ろうと思い、北外灘より歩き始めたのが発端。今回ですでに13回目。白玉路まで辿り着いた呉淞江を遡る 12 の続き。時は2018年5月。 これまで歩いたルートのおさらい。 白玉路附近の地図。 前回、下流から数えて20番目の橋・曹杨路橋を越え、光復西路を南西の方角に進み、白玉路を右折したので、今回はここより始める。白玉路とのT字路辺りから光復西路の…

続きを読む

黄浦江ウォターフロント 前滩

現在進められている黄浦江両岸の開発事業の中で、前滩地区と言われている浦東新区の東方スポーツセンター(東方体育中心)周辺エリアを取り上げる。このエリアには地下鉄6/8/11号線が交差する東方体育中心駅があり、上海世博会会場の南西側に当たる。 ここは全く気にかけていなかったエリアで、昨年2017年に訪れ、ようやく開発が進んでいる状況に気づいた次第。 黄浦江両岸の開発計画は国家5ヶ年計画「13…

続きを読む

呉淞江を遡る 12

北外灘にある外白渡橋から出発して呉淞江(蘇州河)を遡る続き。前回、呉淞江を遡る 11 にて、下流から数えて19番目の橋・武寧路橋まで来たのでその続き。時は2017年12月。 これまでのおさらい。 武寧路橋周辺の地図。 さて、武寧路橋を潜って光復西路を進み、武寧路橋を振り返る。 遊歩道から前方を眺める。左側は高層マンション群「上海知音苑」。地下鉄13号線武寧路駅…

続きを読む