呉淞江を遡る 11

歩いて呉淞江を遡るという暇な企画の続き。 前回、呉淞江を遡る 10 にて、17番目の橋・鎮坪路橋まで来たのでその続き。時は2017年12月。 これまで歩いたルートののおさらい。 鎮坪路橋周辺の地図。 鎮坪路橋の下を潜り、光復西路を進む。左手が呉淞江。 しばらく歩いて振り返る。通りに面して建つマンション「芙蓉花苑」。 さらに進んで振り返る。 …

続きを読む

呉淞江を遡る 10

テクテク歩いて 呉淞江を遡る 9 の続き。 これまで歩いた道のりのおさらい。随分歩いたつもりだが、まだ内環高架路の内側である。 前回、下流から数えて16番目の江宁路橋まで来たので、今回はそこからスタート。時は、2017年12月7日。 江宁路駅周辺の地図。 さて、この日は地下鉄13号線に乗って江宁路駅で降車し、江宁路を北に向かい、江宁路橋を目指す。Googleマップ…

続きを読む

呉淞江を遡る 9

呉淞江を遡る 8の続き。今回は、昌化路橋からスタートし、上流に向かう。ここから先が、手のひらのような、くねくね曲がる、呉淞江きっての高層マンションが林立するエリアである。時は2018年5月。 現在地。 昌化路橋周辺の地図。 最近、Google Earthを確認していなかったので、2000年と2017年を見比べてみる。 2000年5月 「中遠両湾城」は更地状態。 …

続きを読む

呉淞江を遡る 8

呉淞江を遡る 7 の続き。 前回2017年12月6日、莫干山路から昌化路に出たところで、左折し帰宅したので、今回はその続き、昌化路を右に曲がるところから始める。日付は2018年5月8日。この日の最高気温30℃。 現在の場所 (莫干山路と昌化路のT字路にあるレストランを目標地に) 周辺の地図。 ↓ 莫干山路と昌化路の角に建つ、建設中の「天安陽光広場」。前回来たの…

続きを読む

雑感

思い起こせば、初めて中国大陸に足を踏み入れたのは、確か1991年だったと思う。 当時、私は仕事で香港に長期滞在していた。ある日、上司から、広州駅で待つ人に荷物を届け、その足で直ぐさま帰港するように、と言い渡され、香港・九龍駅(ホンハム駅?)から、当時KCRと呼んでいた広九直行列車に乗り込み、広州駅に降り立ったのが、初めての大陸経験である。 現在は、ネットで切符の予約ができるので便利に…

続きを読む

呉淞江を遡る 7

歩いて 呉淞江を遡る 6 の続き。 外灘の北、外白渡橋をスタートし、北蘇州路、光復路、南蘇州路を歩き、長寿路橋(天目西路橋)を超えた地点まで来たので、今回はそこから始める。時は2017年12月6日。 現在地。 外白渡橋からここまでの歩いた距離は多分6kmくらい。大した距離では無い。 長寿路橋(天目西路橋)周辺の地図、 南蘇州路をさらに進むと、煙突のある建屋が見…

続きを読む

呉淞江を遡る 6

呉淞江を遡る 5の続き。 時は2017年12月6日。 普済路橋周辺の地図。 下流から数えて13番目の橋・普済路橋に近づく。 歩道橋のような普済路橋。上に登ってプレートを眺める。 このまま光復路を先に進もうと思うのだが、右手は巨大な建設現場、そして光復路上にはプレハブのようなものが建っている。嫌な予感はするのだが、取り敢えず、進めるところまで進む。 …

続きを読む

呉淞江を遡る 5

呉淞江を遡る 4 の続き。 時は2017年12月6日。 外白渡橋から出発し、呉淞江の北岸、北蘇州路、光復路を歩き、新橋路橋(通りの北側の名は大統路)まで辿り着いたのが前回。今回はここからよりスタートする。 光復路 南北高架路附近の地図。 新橋路橋を越えた辺りで呉淞江の対岸、南蘇州路を見ると古そうな建物が2つ並んでいる。調べて見たら「南苏河创意园」とあり、所謂ベンチャー企業…

続きを読む