浦東 召稼楼古镇

※ 2017年12月26日に一度アップしたのだが、手違いにより削除してしまったので新規で書き起こし再掲。 2016年5月 浦東にある水郷の街・召稼楼古镇を訪れた時の様子。浦東の水郷ということで、先日、浦東 新場古鎮をご紹介したが、浦東には他にもあるということで教えて頂いた場所。最寄りの駅は地下鉄8号線のターミナル駅「沈杜公路」駅。そこから、3kmくらい距離があるので、タクシーかバスで移動が望ましい。 召稼楼古镇の場所。住所を見ると、閔行区とある。黄浦江が逆L字に曲がる地点より東は浦東だとばかり思っていたが、どうやらそれは誤りだったようである。 ちなみに、閔行区。北は虹橋空港の半分まで含まれるので、ずいぶん縦長である。ちなみに面積371km2、人口243万人。 浦東新区。面積1210km2、人口504万人。ちなみに東京23区全体では、面積619km2、人口947万人。 ということなので、タイトルの浦東・召稼楼古镇というのは正しくないのだが、地理的には浦東(黄浦江の東)とも言えるので、そのままとする。 周辺の拡大地図。 さて、前置きが長くなったが、召稼楼古镇に到着。入り口には「召稼楼」と書かれた牌楼がお出迎え。 東側の入り口より中に入る。 連休中なので賑わっている。この辺りには土産物屋、雑貨店などが軒を連ねる。 奥まった通りに入る。TVでも紹介された「江阿姨油墩子」。野菜などを小麦粉で和えて油で揚げた軽食をテイクアウト…

続きを読む