浦東 新場古鎮

2014年10月 浦東・新場古鎮に出掛けた時の様子。地下鉄16号線「新場」駅から徒歩約15分。ここを知ったのはTV広告。古くは“石笋里”と呼ばれた、浦東にある水郷の古鎮。 新場古鎮の位置。 新場古鎮周辺の地図。 申江南路(新環東路)と沪南公路の交差点にデンと構える新場鎮の門。ビル6階くらいの高さはある。これはでかい。 門をくぐり新環東路をしばらく歩いて牌楼東路を右に曲がり、西に向かう。しばらく進むとようやく新場古鎮の道路案内表示を見つける。ちなみに左側の交通標識だが、ここでトランペットの練習を禁ずるではなく、クラクション禁止である。(そんな間違いするわけないと自分に突っ込む) 橋を渡ると見えてくる大きな防火壁(うだつ)の商店。見栄えをよくするため統一されている。 しばらく歩くと新場大街に出る。左側の様子。こちらには地元の人向けと思われる商店が並ぶ。 右手には新場古鎮のかなり立派な牌坊。この先が新場古鎮。 牌坊をくぐって北に向かう。しばらくは商店が続く。この日は平日だったので、人もまばら。 100年の歴史のある老舗レストラン「新和醤園」。伝統的な手法による醤油製造が有名。料理にその醤油が使われているのでしょう。 細い路地を覗くと由緒ありそうな民家。 木造3階建ての「第一楼茶園」。お茶を飲みながら民間芸能(评弹など)を楽しむ場所、現在風に言えば喫茶ライブハウス。1920年に始まり、30年代に「第一楼茶園」と名付けたらしい。 …

続きを読む