五角場

2011年11月、楊浦区の五角場を訪れた時の様子。五角場は前年2010年に地下鉄10号線が開通している。また、中部環状道路「中環路」は五角場広場の中央を東西にぶち抜いて走っている。 五角場の地図。 写真が少ないのでGoogle Earth先生の手を借りる。 2000年5月の五角場周辺の写真。五差路(五叉路)の様子が良く分かる。この頃、東西を走る(やや斜めだが)翔殷路、邯郸路の北側には民家が密集している。高層ビルといえば広場の北東に位置する「沪東金融大廈 」くらい。 2017年8月の様子。翔殷路、邯郸路に沿って「中環路」(高架道)が走っている。広場中央の防音壁も見える。 五角場はその名の通り、翔殷路、邯郸路、黄兴路、 淞沪路、四平路がサークル状に交差する五差路(五叉路)である。 四平路から五角場広場の中心方向を眺める。右手には「東方商厦」、左手には「苏宁生活广场」。中央奥にド派手な防音壁に囲まれた「中環路」。その奥が 巨大な液晶ディスプレイが見える「百联又一城购物中心」。 「苏宁生活广场」の様子。 五角場広場の方角に進む。 さらに進む。 五角場広場の手前まで来る。「中環路」が走っているところが五角場広場の中央、奥に「百联又一城购物中心」、その右に2000年5月にはすでに建っていた「沪東金融大廈 」が見える。中央に地下街入口がある。 五角場広場にたどり着く。防音壁に囲まれた「中環路」が確かに真ん中をぶち抜いて走ってい…

続きを読む