浦明路から 陆家嘴、第一八佰伴前

2005年7月、黄浦江沿いの浦明路周辺や陆家嘴、第一八佰伴(ヤオハン)を見学しに行ったときの様子。陆家嘴の南側リバーサイドエリアは上海でも屈指の超高級エリアで、1平方メートル(m2)=300万円は下らないだろう。100m2なら3億円、いや、もっとするかもしれない。しかも、このクラスのマンションは200m2以上、300m2越えも普通なので、値段は推して知るべし。どうです、買えますか、この値段。庶民とは程遠い超高級住宅エリアである。 第一八佰伴から浦明路まで歩く。まずは浦明路と启新路の交差点辺りから南向きで撮影。左は「江臨天下」、右は建設中の「财富海景花园」。その奥に張楊路に建つ湯臣商務中心大廈(トムソンサービスアパートメント)、さらに奥が「世茂滨江花园」。 「江臨天下」の様子。 商城路と浦城路の交差点まで歩き、北向き・陆家嘴方向を撮影。右は「仁恒滨江园」、中央奥は建設中の「财富海景花园」。金茂大厦が顔を覗かせている。 商城路と浦明路の交差点付近から「江臨天下」を望む。 少し西に向けると建設中の「财富海景花园」。 東に向けると左に「仁恒滨江园」。 浦明路の北側を望む。「仁恒滨江园」とその間から金茂大厦、半分だけ東方明珠。 東昌路周辺の地図。 浦明路の左側、黄浦江側は建設中の「财富金融広場」。 その「财富金融広場」の様子。 この辺りは「申迪集团」の低層階の事務所棟オフィスのようだ。 浦明路の北側には建設中の「中粮·海…

続きを読む