世紀大道、第一八佰伴,陸家嘴

2008年9月 地下鉄世紀大道駅から第一八佰伴まで歩いた時の様子。時は2008年9月16日。その1週間前の9月8日に上海环球金融中心(上海ワールドフィナンシャルセンター)が開業した。当初の開業予定2001年から7年遅れのオープンである。2010年の上海世博会まで2年を切った時期でもある。 周辺の地図。 地下鉄世紀大道駅周辺の様子。張陽路の東側より六叉路交差点を写す。左に上海红塔豪华精选酒店(セントレジスホテル)が見える。中央部にいよいよ重機が投入された模様。ここは、世紀大道駅と東方路に挟まれたエリア。世紀汇広場が建設される。 世紀大道の南側。右に爵士大厦が見える。 世紀大道と張陽路に挟まれたエリアには後に浦東世紀大都会が建設される。重機が見えるのですでに着工されている。 世紀大道から陸家嘴を眺める。上海環球金融中心(ワールドフィナンシャルセンター)は1週間前に開業。その手前の建設中のビルは二十一世紀大廈。 後ろに金茂大厦が少しだけ見える。 世紀大道から真っ直ぐ陸家嘴方向を眺める。 建設中の二十一世紀大廈。 世紀大道を陸家嘴方向に進む。 浦東南路との交差点から。 第一八佰伴前。浦東南路と張陽路の交差点より西側、黄浦江方向を眺める。右は第一八佰伴前の広場と上海灘。 先に進むと復興東路隧道。 浦東南路と張陽路の交差点から北側を撮影。 浦東南路と張陽路の交差点から南側をみ…

続きを読む

ロンドン

さて、2017年7月、パリ北駅よりユーロスターに乗ってロンドンに移動。乗車時間は2時間20分。到着はキングスクロス セント パンクラス駅。2007年まではロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)がターミナル駅だった。面白いのは、ウォータールーをフランス語読みするとワーテルロー。この地名はナポレオンが戦いに敗れた「ワーテルローの戦い」(ベルギーの同地名)という因縁めいた名前。それが理由ではないが、ユーロスターのターミナル駅はセント パンクラス駅に移設された。 写真はパリ北駅に停車中のユーロスター、これから乗り込むとする。 ロンドン市内の地図。 ロンドンでの宿は、ウィンブルドン郊外に知人が住んでおり、6泊ほどさせて頂くことにした。丁度、7月は全英テニス(ウィンブルドン)開催時期に重なり、ウォータールー駅からの列車サウスウェスト・トレインズが市内からの足なので、混んでしょうがなかった。ウォータールー駅からウィンブルドン駅までは20分ちょっとの距離。 ウィンブルドン駅は下図の下側、左寄りにある。 ウォータールー駅コンコースの様子。 ウォータールー駅からサウスウェスト・トレインズに乗り、次のヴォクソール駅を過ぎると見えてくるバターシー発電所。4本の煙突が特徴的である。(列車からの撮影なので不鮮明ご容赦を) 何故ここを撮影したかというと、ロックファンならご存知だと思うが、ピンク・フロイドが1977年にリリースしたアルバム「アニマ…

続きを読む

パリ

2017年6月下旬、一旦東京に立ち寄り、数日滞在後、パリに移動。オペラ座にほど近いパリ中心部に1週間ほど滞在し、次の訪問地ロンドンに移った。夏の観光シーズン、パリのホテルは料金が高く、部屋は狭いというのが定番なので、部屋代は多少高くついてもいいから、ホテルの外観や各種サービスの充実よりも、兎に角部屋が広いことを最優先に選択。ということで、宿泊はホテルではなく、サービスアパートメントを利用した。寝室とダイニングが分かれており、ミニキッチンもついているので、長期滞在向き。ただし、トラブった時には、ホテルのようにマネージャーが常駐して入るわけではないので、少し面倒臭い。トラブルさえなければ快適である。 パリ市内のGoogle Map。 宿泊施設に程近い、ラ・ファイエット通り。パリ市内は建物の高さが決まって入るので、はっきり言って、どこの通りも似たような建物が建っている。 黄色のMのマークはマクドナルドではなく、メトロ(地下鉄)の入り口。アーチや門があるわけでなく、ただ地下への階段があるのみ(勿論、駅により違うが)。 案内板やそれなりの入り口を予想していたので、地下鉄入口が分からず、最初はだいぶ迷った。 1週間、兎に角時間を掛けて観光地を回った。エッフェル塔とルーブル美術館は優先チケットを事前に購入し、並ばなくて済むようにした。移動は地下鉄、バス、RER(電車)を利用、事前に調べておけば全く問題ない。 ご存知エトワール凱旋門。12の通りが連なるエトワール広場に建つ…

続きを読む