松江 観光の旅

しばらくブラ歩き・風景写真を取り上げていなかったので、松江のことを書いてみる。松江といっても島根県ではなく、上海の根っこの方である。松江に関しては、上海 松江・泗涇鎮で一部取り上げたが、今回は昨年2018年5月に訪れた松江区の中心にある観光スポットをご紹介する。 書き始めて直ぐに保存した際、「公開・非公開」の設定を公開のままにしていたため途中の文章がアップされてしまった。お恥ずかしい、これ…

続きを読む

中国古代史 その1

暑かった夏も終わり、ようやくブログの続きでも書いてみようという気になってきた。 今回はしばらく続けていた邪馬台国関連はひとまずお休みし、日本の生い立ちを知る上でも欠かせない中国古代史を改めて掘り起こしてみたい。 世界四大文明の一つに挙げられている黄河文明、私たちの世代はこう学校で習ったが、それを凌駕するレベルの文明が長江下流域に存在していたことは長江文明のシリーズで書いてみた。 最…

続きを読む

邪馬台国と纒向遺跡

ここ数年の纒向遺跡に関するニュースを見ていると、この地が邪馬台国の最有力候補であり、箸墓古墳が卑弥呼の墓であるかのごとき見出し、前置きで語られ、これだけを読めばそうなのかなと思う人も少なくないだろう。どのメディアもほぼ同一な内容で書き立てている。 例えば、、これは2017年11月6日の産経WESTのWebニュース記事。 2018年5月13日の朝日新聞のWebニュース記事。 …

続きを読む

宮崎平野の古墳群1 西都原古墳

先日、邪馬台国はやはり宮崎平野にあったろう という記事を書いた。中田力氏の著作「日本古代史を科学する」(PHP新書 2012年発行)の前半部分のクライマックスである。後半はもっとぶっ飛んでいる。学界のタブーどころか、これまでの古代史をひっくり返す内容である。渡来人とか弥生人という表現でぼやかしていた日本古代史を恐らく塗り替えてしまうだろう。いずれそのことを書きたいと思うが、私なりにもっと肉付けし…

続きを読む

生活圏の困ったちゃん その後

先日、生活圏の困ったちゃんという愚痴みたいなものを書いた。 その後の状況なのだが、一昨日の6月15日、とうとう事故が起きてしまった。わが住居エリア内で、散歩させていた3頭連れの犬の内、リードなしの犬が子供を噛んで救急車?で病院に運ばれたとのこと。勿論、運ばれたのは子供だよ〜ん。命に別状なしとのことだが、何針か縫う大怪我らしい。 我が住居エリアで大体トラブルが起きるのは、 ・車の駐車…

続きを読む

邪馬台国はやはり宮崎平野にあったろう

前回、中国・春秋戦国時代の斉の国の都・淄博(しはく)に出掛けた時の様子を書いたが、正しくは淄博(しはく)市内の一区画・臨淄 (りんし)が首都である。 写真を引っ張り出して眺めていたら何故か古代日本に関する歴史本が読みたくなり、Amazonでキンドル本を探していたら、中田力氏の著作「日本古代史を科学する」(PHP新書 2012年発行)という本を見つけた。邪馬台国の場所の推察や、大和王朝建国に…

続きを読む

山東省淄博市周村 清代の古商城

2017年4月、山東省へ旅行に出かけた時の様子。欲張って済南、青島、泰山などを訪れたが、淄博市(シハク市)に清代に繁栄した古い街並みが残っていると聞き付けたので、雨が降りしきる中、夕方にも拘わらず無理を承知で出かけた。 淄博市は山東省のほぼ中央に位置し、山東省の省都済南に隣接。春秋戦国時代(紀元前11世紀から紀元前3世紀)に繁栄を誇った国家「斉」の首都があった場所。司馬遷が書いた「史記」に…

続きを読む

浦西 光復里・合徳里 2019年

一昨年の2017年12月に書いた記事 浦西 光復里・合徳里 の続編。 立ち退き交渉が頓挫し、一部は解体が始まり、一部は残存という上海一劣悪な環境で今尚多くの人が住むと言われていた「光復里、合徳里」に最初に訪れたのは2015年1月。 あれから約4年、その後の様子を確認するために先日訪れた。 結論から言うと、立ち退き交渉が進展した模様で、残存していた建物の撤去もほぼ終え、すでに一部エリアではマン…

続きを読む

生活圏の困ったちゃん

まあ、自分勝手でルール無視、激昂すると何をしでかすか分からない困ったちゃん、要するにキチガイはどこの国、社会、コミュ二ティにも一定数いるものだ。最近日本では、煽り運転による被害が増えていると聞く。昔からいたにはいたが、最近よく耳にする。いわば、「通りすがりの困ったちゃん」被害である。通りすがりに出くわしてしまったら不運なのだが、避けて避けて避けまくるしかない手はないだろう。事故で人が亡くなってい…

続きを読む

生存確認

長らくご無沙汰していたので、死んだ、夜逃げ、病気などなどネガティブな情報が世界を駆けまわるようなことは全くないだが、色々面白いことが多くなり、そちらに時間を割いていたのでここまで更新が遅れてしまった。すみませんでした。 ところで、下の表は昨年のある日の本ブログへの時間別アクセス数、訪問者数を表したものである。深夜帯0時から1時間毎に数字がまとめられているのだが、深夜帯含め毎時間定期的に訪問者が…

続きを読む