黄浦 四川南路をふらりと歩く 2017年/2018年

2017年5月、四川南路の南端から四川北路の北端まで歩こうと思い立ち、四川南路の南端、人民路との交差点よりテクテク歩き始めた。1年後の2018年5月、同じルートを再び歩き写真の無かったポイントを撮影した。そんな様子をご紹介する。 四川路は南路、中路、北路の3段からなり全長約5.3km。南端は豫園に近い人民路に面し、北端は魯迅公園ま…

続きを読むread more

虹口 臨平路から涇東路へ 2017年

2017年12月、提籃橋駅から公平路 、臨平路を歩いた様子を書いた記事、虹口 提籃橋駅周辺 下海廟、公平路 2017年 の続き。写真が多数あるので2回に分けて記事にする。 市内では物凄い勢いでスクラップ&ビルドが進んでいるが、また一つ壮絶な現場に遭遇した。ここは元々住環境としてはよろしくない地区と思われる。単に住宅が古いというだけ…

続きを読むread more

虹口 提籃橋駅周辺 下海廟、公平路 2017年

2017年12月、地下鉄12号線提籃橋駅の北側を散策した時の様子を記事にする。 駅の近くにある下海廟という寺院を参拝してから公平路、途中で名が変わる臨平路を歩いた。 百度百科によると、この辺りにはかつて下海浦と呼ばれる呉淞江(蘇州河)の支流が流れており、黄浦江の下流側に位置するので「下海」と呼ばれていた。近くにある寺院・下海廟の…

続きを読むread more

山東省 済南 2017年

2017年11月、山東省済南(さいなん)を訪れた時の様子を記事にする。 新型コロナウイルスによる災難に掛けた訳ではないが、トニー谷風にサイなんです。中国語読みすればジーナンなのであ〜る。 済南市は山東省の省都で人口883万人、ほぼ大阪府と同じ。「天下第一泉」と呼ばれる趵突泉を始め、湧き水が多いことから別名「泉城」。 近くに…

続きを読むread more

虹口 上海音楽谷 Music Valley 2017年

近隣で感染者がで始めたという伝聞がSNS経由で入って来ている。こういう時は尾ひれがついて話がでかくなる傾向があるので話半分と思った方がよさそうである。と、咳をしながら考える訳である。安心して風邪も引けない今日この頃、困ったものである。ゴホッ、ゴホッ。冗談w。 さて、2017年10月の秋晴れの一日、地下鉄12号線国際客運中心駅の北側…

続きを読むread more

黄浦 黄河路、鳳陽路、大田路を歩く 2017年

2017年11月の秋空のとある一日、人民広場の北西側、黄河路、鳳陽路、大田路を歩いた時の様子を記事にする。 鳳陽路周辺は2006年8月に散策した様子 黄浦 人民広場周辺 鳳陽路 2006年 を書いて以来11年ぶりとなる。 Google Map 周辺の地図 埋め込みタイプ (自動更新) 百度地図 歩いたルート …

続きを読むread more

広西チワン自治区 南寧 2017年

「♪ 武漢発のコロナウイルス懲りた時から 上海駅は咳の中」と石川さゆりの名曲に乗せて口ずさむ。不謹慎だと言わない言わない。 2003年SARS騒動があった時も私は上海にいた。この時は駐在員。当時、喫煙者はSARSに罹らないなどという噂が広まったが、果たして私は罹らなかった。偶々感染者に喫煙者が少なかったということが真相なのだろうが、こ…

続きを読むread more

静安 上海駅北口 2017年

2017年12月、静安区の上海駅北口周辺を訪れた時の様子を書く。 最初に来たのは2003年4月、それから13年後の2016年12月に訪れて以来1年ぶりの訪問。 今回は地下鉄上海火車駅北口から中興路→恒豊北路→沪太路→芷江西路を歩いた様子を記事にする。 2003年4月に訪れた時の様子は静安 13年ぶりに上海駅(上海火车站)北口を…

続きを読むread more

普陀 銅川路水産市場跡地から真如駅へ 2017年

2017年12月に真如寺周辺を散策した様子を書いた記事 普陀 真如寺 2017年 の続き。銅川路水産市場跡地をぐるっと回って地下鉄11号線真如駅まで歩いた様子を記事にする。 2020年1月現在、真如駅を走る地下鉄は11号線だけだが、市内中心部を東西に抜ける最後の路線と言われている14号線の工事が急ピッチで進んでおり、この駅が乗り換…

続きを読むread more

普陀 真如寺 2017年

2017年12月、普陀 呉淞江を遡る 14 凱旋路橋 2017年 という記事を書いたが、帰宅がてら13年ぶりに真如寺を見てみようと思い立ち寄った時の様子を記事にする。 真如寺は普陀区にあるのだが、同区で言うと玉仏禅寺の方が観光場所としては有名。区名の普陀で思い出されるのは、中国四大仏教名山(仏教の聖地)に数えられる観音菩薩を祀る浙…

続きを読むread more